Hookup,inc.

インタビュー

reProducer Audioユーザー対談 : 音楽制作用モニタースピーカーの選び方【ニラジ・カジャンチ×浅田祐介】

一昨年の発売以来、世界中で大ヒットを記録している reProducer Audio のスタジオ・モニタースピーカー、Epic 5。国内販売2周年を記念し、Epic 5 を早くから愛用しているエンジニアのニラジ・カジャンチ氏と音楽プロデューサーの浅田祐介氏に対談していただきました。

2021/05/06 インタビュー

Vital Audio : パワーサプライ開発の裏側

ハイ・クオリティなシールド・ケーブルを作るブランドとしての認知が強かったヴァイタル・オーディオが、 ペダルボード周りをトータルでプロデュースするブランドへと進化するきっかけになったのがパワー・サプライの開発だった。

2021/04/20 インタビュー

Universal Audio UAFX Pedal Series : プロ・オーディオ界の巨人がストンプボックス市場に進出(インタビュー編)

いつの時代も、プロフェッショナルな音楽制作現場においてユニヴァーサル・オーディオ(以下UA)という巨人のもたらす力はあまりにも偉大だ。「現代レコーディングの父」として語られる伝説のエンジニア、故ビル・パットナム(シニア)。彼の興したそのブランドは、UAD2プラグインや“Apollo”シリーズといった先進のデジタル・ソリューションだけでなく、“1176LN”などのフル・アナログ・ハードウェアのメーカーとしても、その高い技術力で今なお業界を牽引し続ける。そしていま、UAが持つ超一流のサウンド・テクノロジーをギターでも使えたら——そんな誰もが考えそうな夢が、気づけば現実になろうとしている。ロー・テク極まるストンプ・エフェクターの世界に、満を持して“降臨”したUA。彼らがUAFXの高次元なサウンドによって再現したかったものとは何なのか? 最前線のエンジニアたちが紡ぐ音作りの“規範”と、それを支えるアナログ・モデリング技術へのこだわりについて、同社のエンジニアであるジェームス・サンチャゴ氏に話を伺ってみた。

2021/04/16 インタビュー

JUVENILE : UADをフル活用したソロアルバムのレコーディング&ミックステク

OOPARTZのサウンドプロデューサーであるJUVENILEが、初のソロアルバム『INTERWEAVE』を12月23日にリリースしました。☆Taku Takahashi、Teddy Loid、おかもとえみ、May’nら豪華アーティストとの共演となった本作。その制作環境やレコーディング&ミックスの手法などを明かしてくれました。

2020/12/29 インタビュー

Universal Audio UAD User File #006 : 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷/仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校

東京スクールオブミュージック専門学校渋谷/仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校では Universal Audio Apollo シリーズを導入し、様々な授業で活用しています。同校の副校長兼ギターコース講師であるクリス・ジャーガンセン氏と、渋谷校 音楽テクノロジー科・学科長の西片悠人氏に導入の経緯について聞きました。

2020/12/14 インタビュー

Udo Roesner Amps : 西山隆行のアコースティックアンプDa Capo 75活用術

フラットピックと指を併用したハイブリッド・ピッキングや、ギャロッピング奏法を得意とするギタリストの西山隆行さん。彼はアコースティックギター用のモニターアンプとして、Udo Roesner Amps の Da Capo 75 を使用しています。自身の音を作るうえで必須アイテムだという同アンプの魅力について聞きました。

2020/12/03 インタビュー

Acoustic Ladyland : 歌とギターのホールレコーディング・テクニック

クラシックギタリスト富川勝智さんとシンガー石塚裕美さんによるデュオ、Acoustic Ladylandが、ニューアルバム『武満 徹SONGSうたうだけ』を11月25日にリリースします。コロナ禍でキャンセルが相次いだライブホールを利用して行われたという、ホールレコーディングのプロセスについてお二人に聞きました。

2020/11/19 インタビュー

松田聖子40周年記念盤のギター・リモートレコーディング術

松田聖子さんのデビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』が、9月30日にリリースされました。故・大滝詠一さんと共に歌ったCD初収録の秘蔵音源から、 財津和夫さんが作曲提供した最新曲まで、セルフカバー曲と新曲で構成された本作。ギタリストとして参加した小川悦司さんに、ギターの音作りと録音手法について、インタビューを実施しました。

2020/11/17 インタビュー

Universal Audio UAD User File #005 : 門垣良則

日本有数の名機群を保有する関西のスタジオ MORG の代表であり、エンジニアカンパニー WAVERIDER のプロデューサー/エンジニアでもある門垣良則氏。ビンテージNEVEやマイクの膨大なストックと、高級スタジオ数件分の機材を保有しながら、UAD-2のヘヴィユーザーでもある彼に、ビンテージ機材とUADプラグインの魅力について聞きました。

2020/11/04 インタビュー

sE Electronics : ドラム録音とマイクの知識を培う勉強会

楽器レンタルやテック派遣、楽器販売・修理メンテナンス、保管といった様々な業務を手掛けるオールインワン株式会社。同社のドラム事業部 nash でドラムテックを務める田中邦明氏は、月に一度、ドラマーの安部川"minzoku"右亮氏、エンジニアの柳島幸一氏と共に、ドラム録音に関する勉強会を開いているそうです。nashのオフィスを訪ね、勉強会の模様を見せてもらうと、音作りのヒントが見えてきました。

2020/10/14 インタビュー

sE Electronics : Project Mに見るジャズレコーディングのマイクセッティング

サックス奏者の米澤美玖率いる若手ジャズグループ Project M が、2ndアルバム『THE MASTERPIECES II』を9月10日にリリースします。本作のアレンジャー/プロデューサーであり、エンジニアリングも手掛けた小川悦司氏にインタビューを実施し、そのレコーディング手法について聞きました。

2020/09/09 インタビュー

氏家克典 : IK Multimediaプラグインをフル活用した音作りの匠の技

音楽プロデューサー/キーボーディスト/作・編曲家であり、JSPA(日本シンセサイザー・プロフェッショナル・アーツ)の代表理事も務める氏家克典氏が、2ndアルバム『MUSIC COLLAGE II " Love & Universe ”』を2020年6月25日にリリースしました。全パートをほぼ1人で作り上げたという本作の制作経緯・制作手法についてたっぷりとお話を聞きます。

2020/08/20 インタビュー

エンジニア石野洋一郎 : メタルレコーディングとスタジオワークのテクニック

メタルからアイドル、ヒップホップまで多彩なジャンルのレコーディング / ミックスに精通し、Jens Bogren や Fredrik Nordstrom ら海外の大物プロデューサーとの現場も数多く知るエンジニアの石野洋一郎氏。現在の活動拠点である東京・品川の Crunch Studio を訪ね、石野氏独自のレコーディング手法と、豊富な機材を宅録ライクに扱えるというスタジオ環境について話を聞きました。

2020/07/21 インタビュー

コライトを駆使する Akira Sunset 流 "J-POP 制作術"

音楽ユニット「Safarii」のメンバーとして活動する一方、乃木坂46などのヒット曲を数多く手掛ける作・編曲家としても活躍中の Akira Sunset(アキラ サンセット)氏。近年は、トラックメイカーとの共同作業による「コライト」を駆使して、次々と曲を生み出しています。その制作手法と自身のプライベートスタジオでの作業について、お話を聞きました。

2020/06/11 インタビュー

ライブデートが作り上げる理想のライブサウンド

アーティストへの楽曲提供から、プロデュース、アレンジ、ミックス、マニピュレートまでを手掛ける青木繁男氏が、2年前に「ライブデート」という自身の会社を立ち上げ、現在は作家とPAを連携させる新たな形のライブサウンド・プロデュースを手掛けています。青木氏と、同社でPAエンジニアを務める内林優樹氏、小田島有太氏のお二人に同席してもらい、目指すライブサウンドの在り方と、お使いのシステムについて話を伺いました。

2020/06/02 インタビュー
ページトップへ