Waldorf モジュラーシンセの魅力 Vol.2 : 百々政幸

Waldorf モジュラーシンセの魅力をお伝えする連載インタビュー。第2回は故冨田勲氏の「イーハトーヴ交響曲」や「Dr.コッペリウス」などでのオペレーターとして有名な百々政幸氏にご登場いただきます。様々なシンセサイザーと40年以上に渡って関わられてきた氏ならではのモジュラーシンセへの想いやシンセ観についてお伺いしました。

ヒントと秘訣 - 1176 Classic Limiter Collection

Bluestripe、Blackface、そして AE - UAD 1176 Classic Limiter Plug-In Collection に含まれる各プラグインは、いずれのモデルも実機同様に、ゲイン、スレッショルド、コンプレッション・ニー、歪み方、および「スイート・スポット」等においてそれぞれが個性を持っています。これらのユニークなツールを使い始めるためのヒントをご紹介しましょう。

ヒントと秘訣 - Ocean Way Studios プラグイン

UAD "Ocean Way Studios" プラグインは空間エミュレーションの常識を覆します。ルーム、マイク、ソースモデリングといった複数の要素を組み合わせることで、一般的なインパルスレスポンスを用いたエミュレーションやリバーブを遥かに超え、世界で最も有名なスタジオの一つをデジタルワールド上に見事に再現します。この強力なルームエミュレーションプラグインを使用する際のヒントや秘訣をいくつかご紹介しましょう。

Universal Audio UAD User File #001:ゴンドウトモヒコ

ソロ・アーティストとしてはもちろん、最近では METAFIVE の一員としても活躍するゴンドウトモヒコさんは、UAD プラグインを10年以上愛用している古くからのユーザーの一人です。スタジオでのプロダクションやライブで UAD プラグインをフル活用しているゴンドウさんに、その魅力についてじっくりお話を伺いました。

Nektar アーティスト・ストーリー:Häzel

グラミーにノミネートされることは多くのミュージシャンたちにとっての夢ですが、それを叶えることは容易ではありません。絶賛される気鋭のアーティスト Gallant のトラック “Miyazaki”、その誕生の背景となったビートを生み出した Nektar Impact LX のユーザーであるメルボルンのプロデューサー Häzel は、夢を現実のものとした一人です。

次のページ
ページトップへ