Hookup,inc.

Universal Audio

DTMや作業配信が捗るセッティングプラン by MK / Shadw

音楽制作や配信作業が捗るセッティングプランを、プロのミュージシャンやクリエイターに提案してもらう本企画。今回は音楽プロデューサーのMK / Shadwさんが、フックアップの取り扱い製品を組み合わせて、「ダンスミュージックの制作環境」を提案してくれました。

2022/06/08 インタビュー

Universal Audio UAD : ボーカルエディターとして使うAMS DMX by Goh Hotoda

80年代を象徴するデジタルディレイ/ピッチシフター AMS DMX 15-80 S が、ついにUADプラグインとして登場しました。実機を所有するエンジニアの Goh Hotoda 氏にとっても待望のプラグイン化ということで、その効果的な使い方を聞きに Goh 氏のスタジオを訪ねました。

2022/04/12 インタビュー

Universal Audio : UAD Spark

伝説的なスタジオ機器と楽器のプラグイン・コレクションを、低価格の月額料金でご利用いただけるサブスクリプション・サービス “UAD Spark” がリリースされました。

2022/04/01 ニュース

ライブ機材導入事例 : King Gnu

King Gnu のメンバーはライブステージにおいて、Universal Audio、sE Electronics、Rupert Neve Designs などの製品を愛用しています。2021年12月15日に国立代々木競技場第一体育館で行われた「King Gnu Live Tour 2021 AW」公演のステージを訪ね、機材撮影を実施しました。

2022/03/08 アーティスト

Universal Audio UAD User File #009 : AssH

ギタリスト/シンガーソングライターであり、YOASOBI のサポートワークでも知られる AssH。彼のプライベートスタジオを訪ね、レコーディングから動画撮影、ライブにまで活用しているという OX など、Universal Audio 製品を使った制作手法について話を聞きました。

2022/02/18 インタビュー

Universal Audio : マイクロフォン・シリーズ

2022年2月15日、Universal Audio より、最高のパフォーマンスを捉えるワールドクラスのマイクロフォン群が発表されました。

2022/02/16 ニュース

感覚ピエロ・横山直弘がイケシブで明かした UAD × Ableton Live 楽曲制作術

2022年1月22日、東京・渋谷の池部楽器店イケシブにて、感覚ピエロの横山直弘(vo, g)によるセミナーが開催された。この日のテーマは、2月16日に発売される彼らの最新アルバム『ピリオドは踊る』の収録曲、「嘲笑」の制作過程を解説するというもの。Universal Audio のUADプラグインや Volt 276、Ableton Live を活用した曲作りの裏側を明かしてくれた。

2022/02/04 アーティスト

Universal Audio UAD User File #008 : オカモトコウキ(OKAMOTO'S)

9月に発売された OKAMOTO'S の最新アルバム『KNO WHERE』は、その楽曲制作の多くがオカモトコウキさん(g)のプライベートスタジオで行われたそうです。自身のスタジオを持つに至った経緯や、Universal Audio Apollo を中心とした制作環境について、コウキさんに聞きました。

2021/12/27 インタビュー

Universal Audio UAD User File #007 : Crystal MintがApolloで実現したリモート制作術

コンポーザーの Tomoki Hirata とシンガーソングライターの Julia Mint からなるノーザンスタイル・ダンスミュージック・グループ、Crystal Mint。彼らとエンジニアの David Brant 氏は、Apollo Twin とUADプラグインを活用して、日英露3ヵ国にまたがるリモートでの楽曲制作を行っています。最新曲「The Code」の制作プロセスについて話を聞きました。

2021/12/17 インタビュー

Universal Audio : より良いボーカルを録音するために不可欠なテクニック

優れたリードボーカルが録れると、楽曲のクオリティは飛躍的に向上します。しかし、現代の音楽制作では多くの楽器パートを重ねるため、ボーカルをうまく録音できなければミックスの中で際立たせることが難しくなります。プロクオリティーのボーカル収録に必要なテクニックと、より洗練されたテイクを得るためのプラグインの使い方をご紹介します。

2021/10/29 使いこなしのコツ

Universal Audio : コンプレッサーの基礎知識

コンプレッサーとリミッターは、最小音量と最大音量の幅(ダイナミックレンジ)を狭めるために使われます。コンプで最大音量を整え、平均音量を高く保つことで、サウンドをより洗練されたものにできるのです。そんなコンプの基礎知識と様々なタイプ、使用時のヒントを紹介します。

2021/10/22 使いこなしのコツ

Universal Audio : ビリー・アイリッシュのヒット曲に携わるエンジニアリング

Billie Eilish と、彼女のプロデューサー/共同コンポーザーである兄 Finneas O'Connell は、Billie がわずか14歳だった2015年に、LAの小さな部屋で録音した楽曲「Ocean Eyes」で世界をひっくり返しました。その4年後、2人のデビューアルバムは、ビルボード1位の大ヒット曲「Bad Guy」を含む、5つのヒットシングルを収めることになるのです。

2021/09/24 インタビュー

Universal Audio : オーディオインターフェイスの選び方

オーディオインターフェイスを選ぶ際には、多くのことを考慮する必要があります。ですが、決して大変な作業ではありません。あなたの目的に合うインターフェイスを見極めるための、3つの質問をご紹介します。

2021/09/03 使いこなしのコツ

Universal Audio : マイクプリアンプが必要な5つの理由

マイクプリアンプほど議論を巻き起こす機材はありません。数多のブランド、モデル、形状、サイズ、バリエーション、構成から選ぶことができるマイクプリアンプですが、オーディオ信号の流れの中で、最も誤解される部分のひとつでもあります。

2021/08/13 使いこなしのコツ

Universal Audio : LUNAが再現するAPIコンソールのサウンドマジック

Apollo ユーザーが無償で利用できるMac専用の LUNA レコーディングシステム。そのミキサー上に API のミキシングコンソールを完全再現する「API Vision Console Emulation Bundle」(有償)が新たに登場しました。パラメトリック/グラフィックを切り替え可能なEQセクションや、コンプ/プリアンプ・モジュールにより、API のコンソールが持つカラフルな“サウンドマジック”を LUNA 上で再現できます。

2021/07/16 使いこなしのコツ

Universal Audio UAFX Pedal Series : プロ・オーディオ界の巨人がストンプボックス市場に進出(インタビュー編)

いつの時代も、プロフェッショナルな音楽制作現場においてユニヴァーサル・オーディオ(以下UA)という巨人のもたらす力はあまりにも偉大だ。「現代レコーディングの父」として語られる伝説のエンジニア、故ビル・パットナム(シニア)。彼の興したそのブランドは、UAD2プラグインや“Apollo”シリーズといった先進のデジタル・ソリューションだけでなく、“1176LN”などのフル・アナログ・ハードウェアのメーカーとしても、その高い技術力で今なお業界を牽引し続ける。そしていま、UAが持つ超一流のサウンド・テクノロジーをギターでも使えたら——そんな誰もが考えそうな夢が、気づけば現実になろうとしている。ロー・テク極まるストンプ・エフェクターの世界に、満を持して“降臨”したUA。彼らがUAFXの高次元なサウンドによって再現したかったものとは何なのか? 最前線のエンジニアたちが紡ぐ音作りの“規範”と、それを支えるアナログ・モデリング技術へのこだわりについて、同社のエンジニアであるジェームス・サンチャゴ氏に話を伺ってみた。

2021/04/16 インタビュー

Universal Audio UAFX Pedal Series : プロ・オーディオ界の巨人がストンプボックス市場に進出(レビュー編)

レコーディング・スタジオになくてはならないプロ・スペックの機器を手がけるハイ・エンド・ブランドが “本気で”練り上げたギター用エフェクト・ペダル。そこには「回路の魔法」までもがモデリングされているのだ。

2021/04/16 レビュー

Universal Audio : Apollo と UAD が使われた Tyler, The Creator のレコーディング

プロデューサー/エンジニアの Vic Wainstein が、Apollo と UAD プラグインを駆使し、Tyler, the Creator のグラミー受賞アルバム『Igor』でジャンルを超えたサウンドをどのように構築していったかをご紹介します。

2021/02/27 インタビュー

Universal Audio : UAD プラグインで60年代の「ソウル」を捉える

プロデューサー/コンポーザーの Steve Levine が、ビンテージハードウェアと UAD プラグインを組み合わせ、60年代にインスパイアされたソウル・パフォーマンスを収録した方法について明かします。

2021/02/25 インタビュー

感覚ピエロ × SOWER : バンドと同期音源を繋げるライブサウンド構築術

ロックバンドの感覚ピエロは、PAチームの SOWER creative crew(以下SOWER)とタッグを組んで、非常に完成度の高いライブサウンドを作り上げています。ボーカル&ギターの横山直弘さんとSOWERの代表を務める内田 猛氏が、リハから本番に至るまでの音作りの秘訣を明かします。

2021/01/15 インタビュー

JUVENILE : UADをフル活用したソロアルバムのレコーディング&ミックステク

OOPARTZのサウンドプロデューサーであるJUVENILEが、初のソロアルバム『INTERWEAVE』を12月23日にリリースしました。☆Taku Takahashi、Teddy Loid、おかもとえみ、May’nら豪華アーティストとの共演となった本作。その制作環境やレコーディング&ミックスの手法などを明かしてくれました。

2020/12/29 インタビュー

Universal Audio UAD User File #006 : 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷/仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校

東京スクールオブミュージック専門学校渋谷/仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校では Universal Audio Apollo シリーズを導入し、様々な授業で活用しています。同校の副校長兼ギターコース講師であるクリス・ジャーガンセン氏と、渋谷校 音楽テクノロジー科・学科長の西片悠人氏に導入の経緯について聞きました。

2020/12/14 インタビュー

Universal Audio UAD User File #005 : 門垣良則

日本有数の名機群を保有する関西のスタジオ MORG の代表であり、エンジニアカンパニー WAVERIDER のプロデューサー/エンジニアでもある門垣良則氏。ビンテージNEVEやマイクの膨大なストックと、高級スタジオ数件分の機材を保有しながら、UAD-2のヘヴィユーザーでもある彼に、ビンテージ機材とUADプラグインの魅力について聞きました。

2020/11/04 インタビュー

sE Electronics : ドラム録音とマイクの知識を培う勉強会

楽器レンタルやテック派遣、楽器販売・修理メンテナンス、保管といった様々な業務を手掛けるオールインワン株式会社。同社のドラム事業部 nash でドラムテックを務める田中邦明氏は、月に一度、ドラマーの安部川"minzoku"右亮氏、エンジニアの柳島幸一氏と共に、ドラム録音に関する勉強会を開いているそうです。nashのオフィスを訪ね、勉強会の模様を見せてもらうと、音作りのヒントが見えてきました。

2020/10/14 インタビュー

Universal Audio : Apollo & UAD とともに制作された、RAC の2020年のアルバム

グラミー受賞プロデューサー RAC が、Apollo と UAD をどう活用してディープかつ広がりのあるローエンドを生み出しているのか、ドラムに対してはどのようにディストーションを使っているのか、そしてアルバム『BOY』でなぜギターを多用するに至ったのかについてご紹介します。

2020/10/01 インタビュー
ページトップへ