Hookup,inc.

Heritage Audio : マイクプリアンプ & EQの必要性と使い方(1)

Heritage Audio の HA73EQ Elite は、Neve 1073 という非常に有名なビンテージ機材を元に設計されたマイクプリアンプ/EQです。このマイクプリを最大限に活用してレコーディングする方法を、エンジニアでありNeveマスターの門垣良則氏が解説します。

第1回 : HA73 Elite シリーズの特徴と魅力


なぜマイクプリアンプが必要なのか

DTMをやられる方であれば、多くの場合、オーディオインターフェイスを使っていると思います。その多くの機種において、マイク入力にはマイクプリアンプが付いており、信号を増幅したりコンデンサーマイクにファンタム電源を送れるようになっていると思います。

では、なぜわざわざ外部のマイクプリアンプを使う必要があるのかと言うと、ズバリ音色のためです。 例えばアコースティックギターを録音するにあたり、マイクを直接オーディオインターフェイスにつないで録音した場合、ほとんどの製品は「無難な音」で収録されます。

理由としては、変にクセがあると逆に使いにくいことなどがあるからです。

ところが、例えば Neve 系のマイクプリアンプを使うと、基本的にはガッツのある音で録音されるため、「スタジオ録音された作品で聴いたことのある音」で収録できます。

録音芸術とはなかなかに奥が深く、普通に最新技術のクリアなマイクプリアンプで録音することが必ずしも最善とはならないため、トラディショナルな設計の機材や、ビンテージ機材が必要とされています。

トランス式のクラシカルな回路設計

さて、今回取り上げる Heritage Audio の HA73EQ Elite は、マイクプリアンプとEQを備えた1ch仕様のモデルです。本機を含め、HA73 Elite シリーズには下記4製品がラインナップされています。

HA73EQ Elite の元となった Neve 1073 は、元々ミキシングコンソールのチャンネルモジュールとして設計されたもので、カード式の基盤に取り付けた回路をスロットに差し込む方式になっています。これはメンテナンスを行いやすくするためですが、チャンネルモジュールのみを抜き出して使用することも多い昨今では、運搬などに際してカードが抜けてしまったり、カードスロットの接触不良などで音が小さくなったり、音が出なくなってしまう事態につながるなどのデメリットも発生しています。

その点、HA73EQ Elite は 1073 と同様にディスクリート回路で設計されていますが、表面実装パーツなどを使用することで、生産コストを抑えつつ音質を担保し、運搬時の安全性なども向上させています。

HA73EQ Elite に興味を持った方であれば、本機がいわゆる Neve 系プリアンプであり、「トランス」というパーツが使われていることと、トランスが音質の要であることをご存知かもしれません。トランス式は電気回路の歴史においてはクラシカルな回路であり、現代ではトランスを使わない電子バランス方式の回路も広く使われています。それでもこのトランスが使用されるのは、やはり“音楽的”とも言うべきサウンド面での魅力があるということです。

例えるなら、ギターのピックアップやスピーカーなどにおいて、セラミック磁石やネオジム磁石などの新しい技術が生まれても、古き設計のアルニコ磁石が今なお好まれていることに通じます。つまり、トランス式の回路や「Neve系」と称される回路には、長い年月を経て、いわば歴史の一部となったことで獲得した「普遍的なサウンド」としての魅力があるということです。

Neve 1073の特性に近いCarnhill製トランスを採用

ビンテージの 1073 には「Marinair」(マリンエア)という会社のトランスが搭載されており、そのサウンドの素晴らしさから、現在では伝説的なパーツとして高値で取引されています。ビンテージ Neve の購入において、トランスが「Marinair」であるか否かは、買い手側からすると比較的大きな問題であるのが実情です。

では、HA73EQ Elite には、どのようなトランスが使われているのでしょうか?? とても気になりますよね(笑)。

HA73EQ Elite には「Carnhill」(カーンヒル)という会社のトランスが採用されています。Carnhill はいわゆる高級機材全般や、本家と言える AMS NEVE にも採用されているトランスを生産しています。ビンテージの 1073 に使われていたものも含め、僕は色々なトランスを比較試聴しましたが、近年の Carnhill は特に 1073 に近い特性を持つトランスを生産しています。サウンドの要となる入出力トランスにおいて、Carnhill ほど Neve 系回路に最適なトランスは他にありません。つまり、核となるコンポーネントの選択に一切の妥協がないのが HA73EQ Elite の魅力なのです。

HA73EQ EliteのCarnhill製アウトプットトランス
Carnhill製のアウトプットトランス。一般的な高級機に積まれている型番とは異なり、ターミナル端子が省略されているが、サウンドにマイナスの影響はなく、いい意味で効率化がなされている(とはいえ入出力トランスは、少しネットで調べればわかるように、恐ろしく原価が高いパーツだ)

さて、トランス以外の回路についても簡単に触れると、インプットアッテネーター、インプットトランス、アンプ部分、インダクタEQ、ボリュームトリム(1073 ではフェーダー)、アウトプットトランスという構成になっており、この順にシグナルが流れます。シグナルパスに使用されているコンポーネントも、1073 同様のタンタルコンデンサをはじめ、前述したサウンドの核となる Carnhill 製トランスなど、HA73EQ Elite の2倍以上ある価格帯の機材に引けを取りません。

HA73EQ Elite回路
トランス入力(1)、クラスAアンプ回路(2)、インダクタ(3)という伝統に忠実な回路設計。もちろんディスクリート回路で構成されている

EQをし過ぎても音楽的なサウンドになる

接続はシンプルにマイクイン(MIC I/P)にマイクをつなぎ、アウトプットをオーディオインターフェイスにつなぎます。ライン信号を受ける場合はラインイン(LINE I/P)に入力します。

HA73EQ Elite イン/アウト
マイクイン(右端)、ラインイン(中央)、DIインと豊富なインプットを持ち、非常に使い勝手がいい

次に入力ゲインを決めて、出力アッテネーター(OUTPUT)を下げます。いわゆる Neve 系回路の面白さは、入力ゲインの値によって、繊細なサウンドからワイルドなサウンドまで、太さやキャラクターが変わることにあります。この感覚がつかめて初めて、このプリアンプの良さがわかります。

EQも、DAWユーザーからすると大雑把なコントロールに感じるかもしれませんが、非常に音楽的な音質を持っているので、カットEQのみならず、ブーストEQで積極的にサウンドを作っていけるのが特徴です。かなりのオーバーEQをしても音楽的なサウンドになるので、臆せずに使ってほしいです。

最近は Universal Audio の UAD-2Apollo のUnisonテクノロジーなど、実機に勝るとも劣らない革新的な技術が現れていますが、僕はそれらを使いこなすためにも、HA73EQ Elite をはじめとしたアウトボードを持つ意味があると考えています。わかりやすく例えると、DTMでドラムやギターなんかを打ち込むにしても、「実際にその楽器を触ったことがある」ということがとても重要だと思うのです。アウトボードもそれと同じなんです。

特にプリアンプ/EQにおいては、Neve に類する実機に触ることが最も恩恵を感じやすく、かつ実用的であると感じます。その中でも、HA73EQ Elite は価格・機能共に最もオススメしたい製品です。

さて次回は、インプット/アウトプット及びEQの操作方法について解説します(2021年1月22日公開予定)。

文:門垣良則(WAVERIDER
写真:桧川泰治

関連記事

ページトップへ