デスクトップにエリートクラスのオーディオコンバージョンと Unison マイクプリを

Apollo Twin X は、ミュージシャンやプロデューサーへ、エリートクラスの A/D D/A コンバージョン、2基の Unison 対応プリアンプ、そして DUO あるいは QUAD コア・リアルタイム UAD プラグインプロセッシングによるトラッキング、オーバーダブ、ミックスを提供する、Mac および Windows 用のデスクトップ型 Thunderbolt 3 オーディオインターフェイスです。

60年以上の歴史を誇る UA のクラフトマンシップによって生み出された Apollo Twin X が、127 dB の D/A ダイナミックレンジと UAD アナログエミュレーションプラグインのバンドルによって、同クラスのすべてを凌駕する充実したアナログスタジオをあなたのデスクトップにもたらします。

あらゆるデスクトップ型インターフェイスの中で最も広いダイナミックレンジと最小のノイズを実現した、エリートクラスの A/D および D/A コンバージョンによるレコーディングとミックス

Helios、Neve、API、Manley をはじめとするプリアンプエミュレーションを活用したニアゼロレイテンシーでの録音*をもたらす、2基の Unison マイクプリアンプを搭載

内蔵された UAD DUO または QUAD プロセッサーによる、Teletronix LA-2A や 1176 コンプレッサー、Pultec EQ や 610-B プリアンプなどを駆使したトラッキングとミキシング*

Thunderbolt 経由で Apollo インターフェイスを最大4台、トータルで6台までの UAD-2 デバイスをカスケードし、スタジオ規模に合わせたDSPと入出力の拡張が可能

2基の Unison プリアンプ : 真の Neve、API、Manley プリアンプのサウンド

Apollo Twin X には Unison テクノロジー対応のマイクプリアンプが2基搭載されており、Neve、Helios、API、Manley、Universal Audio の厳格なマイクプリアンプエミュレーションを活用したトラッキングが楽しめます*。UA オーディオインターフェイスだけの Unison テクノロジーによって、入力インピーダンス、ゲインステージの "スイートスポット"、そしてオリジナルハードウェアのコンポーネントレベルでの回路動作までもが忠実に再現され、チューブやソリッドステートのマイクプリに求められる「あの」トーンがもたらされるのです。

Unison の秘密は、Apollo のマイクプリアンプと内蔵された UAD-2 DUO、または QUAD コアDSPアクセラレーター間における、ハードウェアとソフトウェアの統合にあります。 シンプルに Unison プリアンププラグインをマイク入力にセットしましょう。すぐに世界屈指のマイクプリアンプが放つ、クラシックなサウンドに触れることができます。

参考:UADプラグインインスタンスチャート(英文ページとなります)

エリートクラスの A/D D/A コンバージョン

Apollo インターフェイスはチャートを賑わす数多の曲やグラミー受賞アルバムでも使われ、素晴らしい作品創りに日々貢献しています。

前世代のデスクトップ型 Apollo インターフェイスに搭載され高い評価を得たオーディオコンバージョンをさらに進化させるため、UA のエンジニアたちは Twin のオーディオコンバーターの再設計を行いました。その結果、127 dB のダイナミックレンジと -117 dB の THD+N を実現し、Apollo Twin X へハイエンドコンバーターに匹敵するレンジの広いオーガニックなサウンドをもたらしています。

プロフェッショナルに選ばれる Apollo

Apollo は Kendrick Lamar (DAMN.)Chris Stapleton (From A Room: Volume 1)Arcade Fire (Everything Now)Post Malone (Beerbongs & Bentleys) をはじめとする多くの作品に使用され、プロのヒットメーカーたちからも高く評価されています。

また Apollo シリーズは、Sound on Sound、Future Music、Electronic Musician、そして誉れ高いTECアワード(コンピューターオーディオハードウェア部門)といった、業界の数々の賞を獲得しています。

クラシックアナログプロセッシング

Apollo Twin X には、Teletronix LA-2A、1176LN、Pultec EQ、そして Unison 対応の UA 610-B チューブプリアンプを含む、驚異のアナログエミュレーションプラグインが付属します。

世界的に名高い UA のアルゴリズムエンジニアチームによって開発されたこれらの Realtime Analog Classics Bundle は、すべてのハードウェアエミュレーション系プラグインの品質判断におけるひとつのスタンダードとなっています。

ギターにおける Pultec EQ によるチューブのあたたかさ、LA-2A によるボーカルへの優しいリミッティングなど、豊潤かつ立体的なアナログサウンドによって、作品は大いなる飛躍を遂げることでしょう。

UAD パワードプラグインの世界へアクセス

Apollo Twin X はDAWのバッファーサイズに関わらず、そしてコンピューターのCPUへの負担を気にすることなく、ニアゼロレイテンシーで Realtime Analog Classics の他、ビンテージEQ、コンプレッサー、リバーブ、テープマシンなど、数々の受賞歴を誇る UAD パワードプラグインのライブラリーすべて*にアクセスできます。

これはまさに、デスクトップ上に無限のアナログスタジオが広がるようなものです。また、他のインターフェイスとは異なり、これらのDSPプラグインはミキシング時にもDAW上でお使いいただくことができます。

ビンテージ・アンプでレコーディング

Unison テクノロジーに対応している Apollo Twin X のインストゥルメント入力によって、ギタリストやベーシストは、付属する Marshall Plexi Classic の他、Fender '55 Tweed Deluxe、Ampeg B-15N Bass Amplifier などの完璧なアンプ・エミュレーション*をニアゼロレイテンシーで作曲やレコーディングの際に活用できます。

接続性と内蔵トークバック

2基の Unison 対応プリアンプ、2つのライン出力、ADAT / SPDIF オプティカル入力に加え、専用モニターリモートコントロール機能と内蔵トークバックマイクを搭載する 10イン / 6アウト の Apollo Twin X は、プロフェッショナルのトラッキングとミックスに必要な入出力を提供します。

Thunderbolt でスタジオシステムを拡張

Thunderbolt を搭載している Apollo インターフェイスを最大4台、トータルで6台までの UAD-2 デバイスをカスケードし、スタジオやプロジェクトの規模に合わせた入出力数やDSPの拡張が行えます。

例えば、Apollo x6、x8、x8p、または x16 と組み合わせたシステムを構築することで、入出力およびDSPパワーを追加しながら、デスクトップモニターコントローラーとして Apollo Twin X をお使いいただくことも可能です。

マルチユニット接続に関する情報は、マニュアルならびに関連各製品ページをご参照ください。

* Realtime Analog Classics 以外の UAD プラグインをお使いいただくには UA オンラインストア にて別途ご購入いただく必要があります。すべての商標権は各メーカーによって所有されています。

ページトップへ