ライブ現場を支える Rupert Neve Designs 製品

Rupert Neve 氏はレコーディング史を語る上で最重要人物のひとりですが、ここではスタジオを飛び出して活躍する Rupert Neve Designs 製品の新たなストーリー - ライブ現場での導入事例をご紹介します。

Shelford Channel

最新のビンテージ設計 - 50年以上の時を超え登場する Shelford Channel は、1073、1064、1081、そして 2254 といった Rupert Neve 氏のクラシックコンソールモジュールで見られる独自技術の進化の決定版であり、21世紀のスタジオのため高度な最適化が施されています。

Shelford Channel は革新的なトランスフォーマーゲインとクラスAマイクプリアンプを中心に構成されており、「最高のクラシックサウンド」と評される Shelford 5052 のインダクターEQ、音色を重視したダイオードブリッジのコンプレッサー、伝統の質感をもたらすバリアブル "Silk" サチュレーション、コンバーターの歪みを防ぐ新設計のデュアルタップトランスフォーマー出力、ビンテージ機器の倍を誇る高電圧動作など、新旧を織り交ぜた最高技術が注ぎ込まれています。

導入事例

  • Ken 'Pooch' Van Druten (Justin Bieber, Linkin Park)
  • Ryan Pickett (My Morning Jacket, Ray Lamontagne)
  • Toby Francis (Katy Perry, Kanye West)
  • Simon Thomas (Ariana Grande, Sam Smith)
  • Kelo Saunders (Jay-Z)
  • Aaron Hedden (Keb Mo)

推奨用途

  • リードボーカル
  • DI
  • マイキングされた楽器

Portico II Master Buss Processor

Rupert Neve Designs のアナログコンソール 5088 や、Portico II Channel で採用されている高電圧駆動、ディスクリートのクラスA回路をベースにした Portico II Master Buss Processor は、伝統的な2チャンネルステレオのコンプレッションとリミッティング効果の枠を超え、その境界線を再定義するクリエイティブなツールです。

もともとはマスタリング用に開発されたものですが、MBP はすぐにミックスエンジニアやレコーディングエンジニア、そしてFOHエンジニアのお気に入りになりました。重低音の効いたEDMのミックスから繊細な室内管弦楽のマスタリングに至るまで、用途やジャンルを問わず、特別な成果を与えてくれることでしょう。

導入事例

  • Ken 'Pooch' Van Druten (Justin Bieber, Linkin Park, Jay-Z)
  • Ryan Pickett (My Morning Jacket, Ray Lamontagne)
  • Toby Francis (Katy Perry, Kanye West)
  • Garry Brown (Phish, Trey Anastasio Band)
  • Simon Thomas (Ariana Grande, Sam Smith)
  • Kelo Saunders (Jay-Z)
  • Aaron Hedden (Keb Mo)

推奨用途

  • ステレオバス/ミックスバス
  • サブミックス(ドラム、ギターなど)
  • バッキングトラック

5059 Satellite

5059 はフラッグシップコンソール 5088 や、Portico II シリーズに採用されている数々の回路やカスタムトランスフォーマーによって構成されたサミングミキサーです。究極とも言えるサウンドクォリティと操作性が2Uラックマウントサイズのシャーシに収められています。

16の各入力チャンネルにボリューム、パン、インサートを装備。また、ふたつの異なるステムミックスを実現する2系統のステレオ出力にはそれぞれマスターテクスチャーコントロールが備わっており、つまみを回すだけで、数々のヒットレコードを生み出す一端を担ってきた Neve による魅力的なサウンドに仕上げることができます。

導入事例

  • Ken 'Pooch' Van Druten (Justin Bieber, Linkin Park)
  • Ryan Pickett (My Morning Jacket, Ray Lamontagne)
  • Toby Francis (Katy Perry, Kanye West)
  • Simon Thomas (Ariana Grande, Sam Smith)
  • Kelo Saunders (Jay-Z)
  • Aaron Hedden (Keb Mo)

推奨用途

  • フルミックス
  • サブミックス(トラック、ギター、ドラム)

5045 + 545

5045/545 プライマリソースエンハンサーは、ソース信号の音質に悪影響を与えることなくフィードバックを抑えながら、ライブマイクの信号レベルを事実上最大20dB稼ぐことができます。シンプルなレイアウトによって操作も簡単に行え、教会、スタジアム、放送ステージ、パフォーマンスホール、またはフィードバックが問題となるあらゆる場面で非常に有用なツールとなります。

導入事例

  • Ken 'Pooch' Van Druten (Justin Bieber, Linkin Park)
  • Ryan Pickett (My Morning Jacket, Ray Lamontagne)
  • Toby Francis (Katy Perry, Kanye West)
  • Kelo Saunders (Jay-Z)
  • Aaron Hedden (Keb Mo)
  • Eddie Mapp (Paramore)
  • Vincent Casamatta (Maroon 5, Halsey)
  • Paul Gallagher (CHVRCHES)

推奨用途

  • リードボーカル
  • バッキングボーカル
  • 朗読
  • アコースティックギター
  • アコースティック楽器

RNDI + RNDI-S

RNDI は Rupert Neve の特徴的なサウンドを持つDIボックスで、カスタム設計のトランスとクラスAディスクリートFETアンプによって構成されています。これらの重要な要素を慎重に調和した結果、個性と活力溢れるダイレクトサウンドを実現しました - ギター、ベース、アコースティック楽器から業務用ラインレベルのソースまで、その倍音と奥行きを余すことなく伝えてくれることでしょう。

ポータブルかつパワフルで、楽器とアンプそれぞれのサウンドを際立たせることのできる RNDI は、まさに "Rupert Neve" の名にふさわしい実力を備えるDIボックスです。

RNDI-S は RNDI の2chバージョンで、インストゥルメント/スピーカースイッチはありませんが、スマートフォンや民生機器向けの専用ステレオ3.5mm入力が追加され、1/4インチインプットはキーボードやシンセサイザーなどのデュアルモノまたはステレオ使用に最適です。

導入事例

  • The Rolling Stones
  • AC/DC
  • Keith Urban
  • Jane's Addiction
  • Queens of the Stone Age
  • Bob Dylan
  • Dr. John
  • Godsmack
  • Gary Clark Jr.
  • Stevie Wonder
  • Chris Stapleton
  • Taylor Guitars
  • Paramore
  • Ken 'Pooch' Van Druten (Justin Bieber, Linkin Park)
  • Ryan Pickett (My Morning Jacket, Ray Lamontagne)
  • Toby Francis (Katy Perry, Kanye West)
  • Kelo Saunders (Jay-Z)
  • Aaron Hedden (Keb Mo)
  • The Wailers
  • Eddie Mapp

推奨用途

  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • エレクトリックベース
  • キーボード、シンセサイザー

RNHP

トラッキングやミキシングなどの制作過程や音楽鑑賞時に関わらず、ヘッドフォンアンプはヘッドフォンと共に最終的なサウンドクォリティを決定付けるとても重要な要素です。しかしながら、Rupert 氏は、まだすべての妥協を排したヘッドフォンアンプが現れていないと永年感じていました - サウンド、ヘッドルーム、そして出力、どこかが物足りないのです。かくして、彼と Rupert Neve Designs チームは RNHP の開発に乗り出しました。

デスクトップミキサー 5060 Centerpiece のヘッドフォンアウト回路をベースとする RNHP は、24V仕様のリファレンスクォリティの「ヘッドフォン専用」アンプリファイアです。入力には厳しい調整が行われた+4dBuのバランスラインインの他に、RCAと3.5mmのアンバランスインを用意。ヘビーデューティのスチール製シャーシはVESA規格に対応し、市販のマウントに取り付けることも可能です。そして妥協無き設計により、どんなヘッドフォンにおいても余分な負荷なくドライブし、ワイドでオープンなサウンドを実現します。

推奨用途

  • FOH用モニタリング
  • ビデオ用サウンドのモニタリング
  • アーティスト用
  • ツアーバスレコーディング

RMP-D8

RMP-D8 の心臓部は、Rupert Neve 氏のカスタムトランス設計をフィーチャーするモジュラー・マイク・プリアンプ・カードにあります。ゲインとトーンのため主に単一のICに依存する他の統合型Danteマイクプリアンプの設計とは異なり、RMP-D8 の各チャンネルにはカスタムトランスを備えたクラスAマイクプリアンプが実装され、広く知られる Rupert Neve Designs 製プリアンプならではの見事なクオリティを誇ります。

そして、RMP-D8 に備わる24ビット/192kHzコンバーターは、不断の研究による賜物です。精密に制御される内部クロッキングと強化されたジッター・リダクションが、この格別なマイクプリアンプから最大限のパフォーマンスを引き出します。

RMP-D8 は、コンサートホールからアリーナ、クラブ、スタジオ、教会、教育施設に至るまでセッティングされたあらゆるDanteデバイスとともにお使い頂けます - RMP-D8 によって、Rupert Neve Designs のクラシックサウンドがDanteネットワークの世界にもたらされるのです。

推奨用途

  • コンサート、ツアー
  • 礼拝所
  • コンサートホール
  • 舞台芸術センター
  • Danteネットワーク環境を持つスタジオ
  • 放送

ビデオ


関連記事

ページトップへ