Ben Baptie(アデル、ロンドン・グラマー、マーク・ロンソン、U2)

「ミキシングにおいて、Melodyne は多様なレベルで計り知れないほど重要なツールとなっている。ボーカルでも楽器でも、何度となく助けられた。だが、今や制作ツールとして独自の領域に到達していると思う。スタジオで使用すれば、これがチューニング・ツールでありながらインストゥルメントでもあるとすぐに分かる。これまで作成したお気に入りのサウンドの一部は、Melodyne をクリエイティブ・ツールとして使用したことから得られたものだ。完全に形勢を一変させるツールとなったよ!」

2018年8月30日、benbaptie.com

クリス・ベイスフォード (アヴリル・ラヴィーン、ニッケルバック、シャインダウン)

「Melodyne はボーカル編集のワークフローを最適化してくれた。これまで長年、チューニングやタイミングの調整にはプラグインを2~3種類使用していたけれど、それでも手作業で後直しする必要があった。Melodyne なら、必要な作業の全てをまとめて行えるし、それぞれのプロセスも、これまで使用していた個別のプラグインよりもずっと優れている。作業が迅速になっただけじゃなく、成果として得られるサウンドもずっと優れている。形勢逆転のソフトウェアだ!」

2018年3月8日、chrisbaseford.com

ジャン・カイバート (オアシス、ポール・ウェラー、マッシヴ・アタック、ビョーク)

「Melodyne は最も自然でコントロールに優れたボイスチューニング・ソフトウェアだ。自分よりずっと優れたミュージシャンと一緒に録音した自分の音を修正するのに欠かせない。」

2015年3月12日 www.janstankybert.com

マイケル・ハートゥング (A-Ha、ドゥイージル・ザッパ、Gluecifer)

「Melodyne は、その機能でどのツールよりも優れている。このツールはパフォーマンスにスポットライトを当てる。ボーカルでも楽器でも、音楽のチューニングを調整する優れた方法を提供してくれる。DNA Direct Note Access を使用したポリフォニック・チューニングが加わって、Melodyne は新しい可能性への扉を大きく開いてくれた。」

2015年2月5日 www.propellermusicdivision.com...

カーメン・リゾ (Niyaz、コールドプレイ、ポール・オーケンフィールド、アラニス・モリセット)

「Melodyne は楽器のように扱うことができる。単に修正するだけのボーカル用プラグインとは大違いだ。」

ロバート・ジェイソン (アラバマ、リーバ・マッキンタイア、バリー・ホワイト)

「Melodyne はレコーディングしたボーカルの親友みたいな存在だ。重要なトラックに使用する信頼に値するプログラムは他にはない。プロフェッショナルな結果が驚くほど簡単に得られる。スタジオ、プロデューサー、エンジニアであれば Melodyne は必須だ。」

2014年8月14日 www.robertjason.com

フロリアン・アモン (ラムシュタイン、U2、ライフハウス)

「Melodyne の凄さについて知らない人がまだいるけど、結果を聞かせたときの彼らの顔を見るのはいつも楽しいよ。自然な音になるとは思えないパフォーマンスへの修正が自然なんだからね。Melodyne の使用は今やあらゆるトラックで作業の一部になった。ボーカルの修正だけじゃない。もちろんボーカルにも優れているけどね。Melodyne は愛用のツールボックスだ。匹敵するものは他にないよ。」

「お気に入りのコンプレッサ—や優秀なEQみたいに、クリエイティブなツールだ。Melodyne Studio で1つのパフォーマンスからハーモニーを2~3作成して、ミッキーマウスやダース・ベイダーのような音にならないようにフォルマントを調整する。これはこのソフトの優れた活用方法だ。また、ギターの1弦だけを修正したりするのも、Melodyne Editor ならとても簡単だ。」

2014年11月3日 www.florianammon.com

ラインホルト・マック (プロデューサー/クイーン)

「ドラム、特にタムを加工したりと、変わった方法で Melodyne を使用するのが好きだね。優れた結果が得られるから。もちろん、Melodyne はどんなタスクでも片付けてくれる。驚きだよ!」

2013年11月10日 www.facebook.com/producedbymac...

Lady V (ケイティ・ペリー、セレーナ・ゴメス、アーミン・ヴァン・ブーレン)

「ベートーヴェンは、音楽にはクリエイターの心にリスナーを引き寄せる力があると信じていました。私は、ボーカルのキャプチャとレコーディングには、それが痛みであれ喜びであれ、パーフェクトなピッチのパフォーマンスよりもずっと重要なシンガーの感情をオーディエンスに感じさせる力があると思うのです。だからこそ、Melodyne はあらゆるシンガーの親友だと思います。洗練されたテクノロジーにより、100パーセント完全なピッチでなくても自然で素晴らしいボーカルに加工することができるのです。」

「エレクトロニック・ダンス・ミュージックの世界で、非の打ち所のないデジタル・テクノロジーにボーカルで対抗しようと思ったら、何らかの助けが必要になることもあります。Melodyne は使用が簡単でボーカルの究極のパートナーです。」

2014年4月17日 www.ladyvmusic.com

デイヴィッド・サンボーン

「Melodyne はこれまで使用した音楽ツールの中でも最もアメージングだ。ピッチやタイミング、トーンからビブラートまで、サウンドのあらゆる要素を微調整できる機能は、まさに天才! Melodyne はスタジオに欠かせないソフトウェアだ。」

2013年3月14日 www.davidsanborn.com

アンドリュー・シェップス (ミキサー/メタリカ、ジョニー・キャッシュ)

「Melodyne は不可能を可能にしてくれる。」

ピート・タウンゼント (ギタリスト/ザ・フー)

「(ピアノを習ったことがないギタリストにしては) 比較的上手く演奏できたフリースタイルのピアノ作品で使ってみた。手本となるケースになったよ。作品の雰囲気は特定のスケールとコードに忠実であることで維持されている。それでもときどき間違った音を演奏することで音階の「呪文」が解けてしまうことがある。DNA なら、こういった間違った音をいとも簡単に修正できる。音階の持つ雰囲気を復元し、呪文がしっかりかかった状態に戻すことができる。2~3の編集で、4分の作品を上手くまとまることができる。」

「このソフトを初めて使用した作品は私にとって重要なものだった。Yamaha Disklavier で録音したフリースタイルのピアノ演奏の一連の作品の一部だ。普通、こういった間違いはMIDIで修正してから Disklavier に再度演奏させるのだけど、この場合、どういうわけか、MIDIを録音せず、Disklavierからのオーディオだけを録音していたんだ。」

「DNA はこれまでにかなり使ってみたけど、かなりいいね。DNA なら、一連のフリースタイルのピアノ演奏からベストなものを選んで、MIDIで慎重に編集した残りの演奏とブレンドさせることができる。この機能はうれしいね。」

「思いつきで急にレコーディングしたものを扱うことの多い作曲家として言えるのは、DNA は私にとって素晴らしいツールになるだろうということだ。これまで長年にわたって集めたホテルの部屋での録音を再利用することができるかもしれないんだから。こういった音源はザ・フーやピート・タウンゼントのファンにとって興味があるものかもしれないが、そのままリリースするのは気が引けていたんだ。こういった録音に修正を加えれば、ファンに昔の雰囲気のままの音源を楽しんでもらうことができる。」

「間違いは時として良い結果を生む。不完全はある種の完全だ - そういう言い分も理解できる。自分の作品においては、パフォーマンスの雰囲気や背景は、演奏される実際の音や、とちりがあるかどうかよりも重要だ。DNA が素晴らしいのは、作曲家としてあきらかに間違いであると分かる箇所を簡単に修正できることだ。クレイジーなパフォーマンスはそのままにしておける。違和感を感じさせる演奏間違いの音や和音を修正すると、のびのびとした自然なパフォーマンスがより映えるんだ。」

「まずはパフォーマンス、編集はその後だ。間違いを修正できることが分かっているから、冒険的なパッセージでも、ギターやピアノの即興演奏を行う際により挑戦的になることができる。DNA にはもっと実用的な用途もあるだろうと分かってはいるけれど、即興演奏を行う作曲家としてはこうして試してみることで冒険の機会が開かれる気がするね。」

2009年2月12日 www.petetownshend.co.uk

マイク・シノダ (リンキン・パーク)

「レコーディングで、気持ち的には100パーセントだけど、ピッチとタイミングは80パーセントというパフォーマンスの場合、Melodyne はテイクを価値のあるものに変化させるカギとなる。スタジオに欠かせないツールだ!」

2009年4月23日 www.mikeshinoda.com

ピーター・ガブリエル

「Melodyne は優れたソフトウェアだ。夢にまで見た操作が行える。」

A. R. ラフマーン (映画音楽作曲家)

「Melodyne はボーカル・トラックで揺れやピッチの修正に使用することが多いけど、ハーモニーなんかで試してみるのも好きだ。Melodyne は最適で非常にトランスペアレントなソリューションだ。トランスポーズやスタッキング機能を使用してパーカッション・サウンドを大きくしてみたこともある。優れた柔軟性と透明性。Melodyne はいろんな意味で驚きを与えてくれるよ!」

2008年1月4日 www.arrahman.com

ページトップへ