発表以来、洗練と機能拡張を続けてきたMelodyneは数々の賞に輝く製品へと成長し、多数のミュージシャンとプロデューサーが愛用する制作に欠かせないソフトウェアとなりました。ザ・フーのギタリスト、ピート・タウンゼントは「奇跡」、ウルトラヴォックスのシンガー、ミッジ・ユーロは「まるで黒魔術」とそれぞれこのソフトウェアを高く評価し、デペッシュ・モードのプロデューサーGareth Jonesやマルチメディアの預言者ピーター・ガブリエルも愛用。ジャズ・シーンの第一人者ハービー・ハンコックは、ミュージシャンに「必須」のソフトウェアとコメントしています。

Melodyneの強みと特徴は、デジタル録音を音楽として理解する能力と、音楽に含まれる各音を認識して表示する能力にあります。Melodyneはミュージシャンと言葉を共有。テクニカルな情報ではなく、編集すべき音楽的な要素を提示します。Melodyneを使用すれば、作曲家のようにレコーディング素材に含まれる音を取り出してアレンジ、変更、新しい何かを作成したり、パフォーマーのように作品に活気、表現力、情緒といった深みを加えたり、指揮者のようにテンポ、ダイナミクス、構成を変更することができるようになります。

唯一無二のツール

Melodyne なら全く新しい方法でオーディオを操作できます。それは非常に音楽的で、手際よく、極めて分かりやすく、まるで魔法のよう。Melodyne を使用すれば、まるでボーカリストに「この音をもう少しだけ長めに歌う」よう指示したり、ピアニストに「和音の三度を少しだけ強めに弾く*」よう指示したりするときと同じように、セッションが終わった後にレコーディング内容を修正することができます。

素晴らしい編集機能、優れた音質、直感的で音楽的な操作は、Melodyne を現代の音楽制作になくてはならない唯一無二のツールにしています。

*後述「DNA Direct Note Access™」の項をご参照ください。

ノートとツール

ノートは Melodyne に「ブロブ」と呼ばれるグラフィックで表示され 、ピッチはカーブで示されます。Melodyne に搭載された様々なツールを駆使してノートを編集し、さまざまな音要素に変更を加えることができます。ノートを選択し、ピッチ、ビブラート、ボリューム、タイミングなどを直感的な操作で調整できます。

Melodyne 4 Studio の特徴

①波形でなくイントネーション、メロディ、ハーモニー、リズム、グルーヴ、ダイナミクス、フォルマントなどを編集して、音を変更できます。

②複数のトラックのノートを同時に表示、編集。マルチトラック録音の最適化が簡単に行えます。

③Melodyne がテンポ、音階、調律を検出。素材の重要な音楽的要素をノートと同じように総合的に編集することができます。

④サウンドに直接アクセス。ユニークな方法で色付けやシェイピングが行えます。洗練のイコライゼーションから斬新なシンセシスまで、用途は様々です。

⑤最新テクノロジーと柔軟性に富むインターフェイスにより、制作環境にパーフェクトに適応します。スタンドアロンとしても、プラグインとしても使用できます。

優れた機能

Melodyne は、補正、最適化、インスピレーション源と大活躍。オーディオに欠かせないツールです。

秀逸のテイクを凡ミスのためにボツにせざるを得ない…。そんなときは Melodyne にお任せ。イントネーションやタイミングの問題、ノートの音量、ビブラートのかかり具合など、広範に対応します。

録音内容のごく小さなディテールを最適化し、あなたの理想にできるだけ近いものにできます。Melodyne の処理は非常に音楽的で、演奏の活力や自然さが失われません。

さらに、Melodyne ではオーディオを極めて柔軟に扱うことができるため、アイデアの叩き台としても大活躍します。Melodyne では、ノート、フレーズ、リズム、ノイズを素材に自由自在にストレッチ、シェイプ、レイヤー、変形させることができます。Melodyne なら、あなたのアイデアを形にすることができるのです。

パーフェクトに統合

あらゆるシステムやワークフローに、Melodyne はぴったり統合。 Melodyne は、プラグインとして使用することでプロジェクトに簡単に統合させることが可能です。VST、AU、RTAS、AAX の各プラグインフォーマットに対応し、主要なDAWすべてにシームレスに統合します。

また、Celemony が開発した ARA Audio Random Access テクノロジーは、プラグインとDAWの間でよりスムーズなコミュニケーションを実現。これまで以上にユーザーフレンドリーな統合が実現します。現在のところ、Presonus Studio One、Cakewalk Sonar、Magix Samplitude、Tracktion が ARA に対応しています。さらに Melodyne は、スタンドアロンアプリケーションとしても、ReWire でDAWに接続しても動作可能です。

Melodyneが優れている理由

Melodyne の優れたサウンド・クオリティとシンプルな操作性の秘密は何でしょう? 最も重要なのはテクノロジーではありません。

カギとなるのは、音楽への理解。

Melodyne は、音と、音同士の関係性を認識します。Melodyne のアルゴリズムがこれほどまで音楽的に処理を行うことができるのは、この知識の賜物なのです。Melodyne は秀逸なサウンドと、音楽的な関係性を理解できない他のソフトウェアでは実現できないさまざまな利点を、ミュージシャンやプロデューサーに提供します。

DNA Direct Note Access™

ポリフォニックなオーディオ素材に含まれる各音を編集

DNA Direct Note Access™ は、ポリフォニック(多声)オーディオ素材に含まれる各音を検出し編集することを可能にした、初のテクノロジーです。この技術により、不可能が可能となりました。Melodyne™ が提供してきた、モノフォニック(単音)素材に含まれる音のピッチ、タイミング、デュレーションといった要素にアクセスする独自の機能が拡大。DNA Direct Note Access™ により、和音を構成する音も処理できるようになりました。

Melodyne™ と同じように、DNA Direct Note Access™ の登場は、オーディオ操作の常識を大きく変化させることとなるでしょう。すでにデジタル画像処理の分野では、細かな部分の修正にとどまらず、全く新しいリアリティを生み出す画像処理を実現するソフトウェアが登場していました。DNA Direct Note Access™ により、Melodyne™ ユーザーは、オーディオ分野においても同様の自由な操作を行うことができます。DNA Direct Note Access™ を搭載したMelodyne™ なら、これまで想像もできなかった方法で、繊細な補正からまったく新しい作品の作成まで、さまざまにオーディオ素材を加工することができます。

*DNA Direct Note Access™ は、Melodyne Studio および Editor で利用可能です。

ページトップへ