Hookup,inc.

Expressive E : Lié:システム要件とサポートされているDAW

FAQ, 2021/12/17

該当製品

システム要件

Touchéのコンパニオンアプリ「Lié」は、スタンドアロンアプリケーションとして、およびVST2およびAUプラグインとしてのみ利用できます。Liéをプラグインとしてホストするには、VSTまたはAUプラグインをサポートする64ビットホストアプリケーションが必要です。

mac OS
macOS 10.11以降、64ビット(macOS 10.15および11のサポートについてはこの記事を確認してください)
IntelCore i5 1.4GHz以上(UVIベースのファクトリーサウンドを使用している場合はIntel Core i5 2.5GHz)
4GBのRAM(8GBを推奨)
HDD / SSDに1GBの空き容量(UVIベースのファクトリーサウンドを使用している場合)

Windows
Windows 10、64ビット
IntelCore Duo(UVIベースのファクトリーサウンドを使用している場合はIntel Core i5 2.5GHz)
4GBのRAM(8GBを推奨)
HDD / SSDに1GBの空き容量(UVIベースのファクトリーサウンドを使用している場合)

Lié内でホストされるサポートされているプラ​​グイン
LiéはVST264ビットインストゥルメントのみをホストし、VSTエフェクト、VST3フォーマットはホストしません。
AUのホスティングはサポートされていません。それでも、Logic ProX内のLié内でほとんどのインストゥルメントを使用できます。MacにインストゥルメントのVSTフォーマットがインストールされていることを確認してください。その後、LiéのAUバージョン内でVST形式のプラグインインストゥルメントを使用できます。
残念ながら、Logicの内部機器(Samples、Alchemy、EXS24など)は、VST形式で提供されていない数少ない機器の中にあるため、Lié内では機能しません。
Liéは、DAWメーカーがオンボードシンセを配信するために使用する他の独自のフォーマットをホストすることもできません。(ただし、各メーカーがそれらのシンセをVST2フォーマットでも利用できるようにした場合には利用可能です)。
Touché(またはTouché SE)をUSB MIDIクラス準拠のコントローラーとして使用して、VSTのみの制限を回避することもできます。Liéがなければ、DAWに組み込まれているマッピングルーチンを使用して、VSTインストゥルメントに属していないパラメーターをマッピングできます。DAWのそれぞれの記事をここで確認してください。

サポートされているDAW(macOS 10.11以降)

Ableton Live 9以降(AU、VST2)
AKAI MPCソフトウェア2(VST2)
Bitwig Studio 2以降(VST2)
Steinberg Cubase 6以降(VST2)
MOTU Digital Performer 9以降(AUのみ)
ImageLine FL Studio 20(AU、VST2)
Apple Logic Pro X(AU)
Steinberg Nuendo 6以降(VST2)
Cockos Reaper 5(AU、VST2)
PreSonus Studio One 4(AU、VST2)

サポートされているDAW(Windows 10)

Ableton Live9以降
AKAIMPCソフトウェア2
Bitwig Studio2以降
BandLab Cakewalk
Steinberg Cubase10.5以降
Topten Software Cantabile 3
ImageLine FL Studio 20
Acoustica Mixcraft 9
Cockos Reaper 5
PreSonus Studio One4以降

ベータ版でサポートされているDAW(Windows 10)
Steinberg Cubase 7 til10およびNuendo7以降(Windowsのみ)

一部のマシンのWindowsでのノートのスタックの問題:時折、Touchéでより複雑なジェスチャを適用すると、SteinbergのDAWでノートがスタックして無限になります。この問題はCubase10.5で解決されました。

既知の問題点

MOTU Digital Performer(Windowsのみ)
Windowsでは互換性がありません: VSTとしてのLiéはDigital Performerのスキャンルーチンに失敗するため、当面の間、WindowsのDPでLiéを機能させる方法はありません。Mac環境では、代わりにLiéをAUとして使用できます。

Native Instruments Maschine 2 VST
互換性がありません: Maschineは、スタンドアロンアプリケーションとして使用されるのではなく、DAW内でVSTとして使用されると、Touché(SE)からLiéにジェスチャを正確に送信するために必要なMIDICCの量に対処するのに問題があります。その結果、パフォーマンスを妨げるランダムなCCが発生します。現在、Native Instruments(2019年6月のステータス)の助けを借りてこの問題に対処しようとしています。

Native Instruments Maschine2スタンドアロンおよびAU
自動化の問題:一部のお客様は、LiéがMaschine 2 StandaloneまたはAUでホストされている場合に、Touché(SE)から自動化を記録するときに問題に直面します。Maschine 2は、Touché(SE)によって送信されるMIDICCの量に対処するのに問題があるようです。現在、Native Instruments(2019年6月のステータス)の助けを借りてこの問題に対処しようとしています。

サポートされていないDAW

Avid ProTools
互換性がありません:現時点ではAAXバージョンのLiéを提供していないため、ProToolsはサポートされていません。回避策として、BlueCatのPatchWorkなどのプラグインラッパーを使用できます。ただし、USB MIDIの制限により、この回避策はMacユーザーに対してのみ実行可能です。通常、購入する前に、無料のデモ(MacAAXデモまたはWinx64デモ)をダウンロードして、マシンで動作するかどうかをテストしてください。ProTools内で「BlueCatAudio PatchWork Synth AAX」を使用してから、PatchWork内のいずれかのスロットにLiéのVSTまたはAUをロードする必要があります。

Properahead Reason
互換性がありません: Reasonは、外部MIDIデバイスと通信するための特別な方法を使用しているため、コンパニオンアプリのLiéでは使用できません。:残念ながら、現時点ではこれに対する回避策はありません。

その他の注意事項
LiéはリストされていないDAWでテストされていませんが、機能する可能性があります。サポートされていないDAWまたは既知の問題があるDAWの問題の解決策を保証することはできません。

コピー防止通知:

Lié自体にはコピー防止機能はありません。工場出荷時のサウンドはすべてUVIワークステーションに基づいており、著作権侵害対策の目的でPACE iLokを使用しています。ライセンスはコンピューター上で直接アクティブ化されるため、実際のiLokドングル(USB) は必要ありません。ライセンスを快適に管理するには、無料のiLok LicenseManagerをお勧めします。また、将来取得する可能性のある追加のサウンド拡張や楽器(Archéコレクションなど)をアクティブにすることもできます。iLok License ManagerはLié Windowsインストーラーに含まれていますが、Macユーザー向けのオプションのダウンロードです。

ページトップへ