542 - 500シリーズ・テープエミュレーター

究極の "サウンドパレット" Portico 5042 を受け継ぐ500シリーズモジュールとなる 542 は、テープレコーダーが備えるあの特徴と厚みを持った音楽的な効果を提供する新しい機能が備わっています。542 には素晴らしい3次倍音効果をもたらす "トゥルーテープ" 回路に加え、ソフトクリップ機能によってソースから耳障りな成分を除去します。そして多才なシルク/テクスチャー回路で2次倍音を強調した3種類のトランスフォーマートーンを演出し、ウェット/ドライコントロールで最適なサチュレーション量を調整することができます。

"トゥルーテープ" 回路はデジタルによる擬似効果ではなく、カスタム設計のトランスフォーマーをテープレコーダーの録音ヘッドのように扱い、適切に調節された再生アンプとともにテープ録再時のサウンドを再現し、録音ヘッドに電圧をかけた際と同様のサチュレーション効果を得ることができます。

ソフトクリップ回路は信号過多の際のピークトランジェントを柔らかくし、不要な歪みを防ぎます。また、よりディープなテープサウンドのために、15と30のIPS(テープスピード)設定とプリ/ポストテープのブレンドコントロールも用意されています。そして Portico II シリーズのモジュールにも備わっているシルク/テクスチャー回路で、出力トランスフォーマーによる最終的な倍音比と音色の仕上げを行います。

542の必要性と役割

一昔前までは、テープのノンリニア特性(つまり原音に対する忠実性)は特色というよりは欠点と考えられていました。そしてデジタルシステムの出現と普及に従ってリニアな作業が当たり前になり、逆に多くのノンリニアのオーディオ処理が再評価されることとなりました - テープレコーダーのサウンド効果もそのひとつです。ノンリニアデバイスを扱う際、リニア設計とは異なり、ユーザーは適切な効果を得るためにゲインを積極的に操作して、その回路の最も美味しい部分、いわゆる "スイートスポット" を見つける必要があります。エンジニアとっては語る必要もなく当前のことですが、この小さな努力によって習得した技術は、楽曲のインパクトを高めるための劇的な効果をもたらす要因のひとつとなります。

542 の "トゥルーテープ" 回路によるノンリニア特性とサチュレーションコントロールによる適切な効果を得るには、入力レベルとドライブ量に注意を払う必要があります。542 のテープ回路の入力レベルはサチュレーションコントロールの位置とドライブレベルとともにその特徴的なサウンドを決定づけます。サチュレーションが増すと低域の補正作用は減少し、ドライブレベルを "5" に設定するとソフトクリップが作動します。低域特性とトータルハーモニックディストーションの最適なバランス、そして必要に応じたソフトクリップに関する操作は、サチュレーション、トリム、ブレンドコントロールで行います。場合によっては、542 に入力する前にダイナミクスプロセッサーを使用してゲインを整える必要があるでしょう。

設定に関する概略は次の通りです:

入力レベルを2 ~ 10dBu付近に設定し、サチュレーションを加え、15/30IPSを選び、シルクを操作、ブレンドで適度な量を仕上げます。エンジニアはソース音源に対して最良の結果を得るために、常にテープ処理する前のサウンドとテープサチュレーションしたサウンドのレベルバランスを見つけることに時間を費やしますので、同様にお望みの結果になるようにブレンドコントロールを操作しましょう。

サチュレーションと "テープヘッド" レベルの関連性と作用を理解し、より適切な操作をするアイディアを得るには、マニュアル後半の技術白書に記載された周波数特性、および周波数特性によるTHDのグラフを参考にすると良いでしょう。

また、実際のテープマシーンと同様に "トゥルーテープ" 回路には不安定な要素を生み出す "フラックスループ" も備わっています。これは強い近隣磁界の影響を受けた信号を拾い上げるために使用されます。(この影響はソースがパワーサプライやパワーアンプ、コンピューターディスプレイなどの近くに位置する際と似ています。)

もちろん、テープ回路を含めユニット全体に作業環境に散在する電磁波などの影響を最小限にとどめるためのシールド設計も施されています - もし、テープ回路をオンにした際にハムノイズが混在する場合、542 の設置場所を変え、磁界の発生源から遠ざけてハムノイズの軽減を試みてください。

テクスチャーコントロール

"テクスチャー" はソース素材に含まれている音楽的な倍音成分を操作、調節する機能で、"シルク" モードはその倍音成分を切り替えます。542 のテクスチャーコントロールは、Portico に装備されているオリジナルのシルク回路よりも最大でおよそ4倍のハーモニックディトーションを意図的に加えることができます。

シルク回路はその歪みと倍音効果によって、Rupert Neve 氏が過去に設計したクラスAのビンテージ機器の特性を思い起こさせてくれることでしょう。542 においては音色全体をコントロールし、"トゥルーテープ" の効果をより良い方向に仕上げる際に使用します。

Rupert Neve 氏が設計した500シリーズモジュール

Rupert Neve 氏より:

「実用的な500シリーズモジュールを開発することはそんなに難しいものではなかったのですが、電流、電圧、スペースの制約上、500シリーズ以外の製品の品質と同等になるよう設計をすることはちょっとした挑戦でした。
私たちは、この500シリーズを納得のいくレベルで完成させるために、数々のトランスフォーマーや回路設計を試しました。結果、ヘッドルームに関してはやむを得ない妥協も少しばかり強いられましたが、通常の Portico シリーズと比較してもほぼ遜色ないレベルの存在感と心地よさを実現した500シリーズが生まれました。
これは近年のハイクォリティスタジオに最適で、そのサウンドとともに利便性とスペースファクターがもたらす恩恵をすぐに実感することができるでしょう。」

542 のライン入出力はトランスフォーマーバランス仕様です。その音質は、直流電気の分離、1層片面の基板回路とグランドノイズ問題から解放された設計によって保証されています。つまりはユニットを通すだけで、多くの信号ソースクォリティを改善、あるいは心地良い結果をもたらします。特にデジタルドメインのソースではその効果は絶大と言っていいでしょう。この高い透明度と安定したサウンドの "個性" は、35 ~ 40年前からずっと変わらない Rupert Neve 氏が設計した機器に共通するものです。

ページトップへ