24x2 デスクトップ・ミキサー

5060 Centerpiece はレコーディングコンソールの生みの親が21世紀のスタジオのために設計したクラスAのアナログ回路を心臓部に宿したミキサーです。デスクトップサイズの 5060 は、フラッグシップコンソール 5088 のカラーとセンターセクションのフィーチャーを受け継ぎ、それらを手元で操作できるよう仕上げられました。ハイエンドアウトボードとロスなく繋ぐためのカスタムトランスフォーマー、柔軟なモニタリングシステム、DAWトランスポートコントロール、Rupert 氏が設計した24チャンネル x2 のミキシングバス - これらすべてがデスクトップサイズに集約されています。

明確なワークフロー

5060 を核にすることで、モジュラーのように必要なものだけを揃えたアナログ/デジタルのハイブリッドミキシングシステムを構築していくことができます。5060 は近年のDAWコントロールテクノロジーに最適化され、DAWのステム出力とシームレスに結合し、ファイナルミックスとステレオトラック出力、ソースの選択、モニターの切り替えなどをコントロールルームに座ったまま行うことができます。

ラックマウントミキサー 5059 や Portico モジュールと組み合わせることで、5060 を中心に用途に合わせた規模のアナログシステムを構築できます。この組合せの場合、5059 はチャンネル個々のコントロール、AUXルーティング、そしてチャンネル数の拡張を担い、Portico モジュールはプリアンプ、EQとダイナミクスコントロールを増設します。5060 は夢に描いたシームレスなハイブリッドシステムによる作業を現実のものとします。

サウンドを確実なものに

カスタムトランスフォーマーやクラスAのミックスバス、そして伝統的なサウンドをもたらすバリアブルシルク回路 - 音楽的な仕上がりをするためのすべてが 5060 には用意されています。ミックスバスをハードにドライブし、テクスチャーノブを回せば豊かで、サチュレーションの効いたビンテージ機器のヴァイブを備えたサウンドに仕上がります。反対に、シルク回路をオフにして、クリーンかつ開放感のある美しいサウンドに仕立てることも可能です。

シルク回路は、出力トランスのネガティブフィードバックを低減し、周波数特性を Rupert Neve 氏が過去に設計したビンテージ機器に近づける作用をします。"ブルー" モードではソース素材の低域から中低域の倍音に作用し、サウンドにふくよかさをもたらします。赤の "Silk +" モードではソース素材の中高から高域の倍音を強調し、サウンドに "輝き" を与えます。

"Silk" をオンにした場合、Rupert 氏が設計したクラスA回路による多くのビンテージ機と同様、適度な歪みと倍音成分が加えられ、定評の Neve サウンドを得ることができます。これらの機能が、5060 に類を見ない幅広いサウンドオプションをもたらします。創造性をかきたて、そのソースに最適な効果を見つけることを可能にします。

5060 にサテライトミキサー 5059 を加えた場合、デュアルステレオ出力による異なるシルクとテクスチャー操作によるトーンコントロールが可能です。ステム信号をインサートセンドからプロセッサーに送り、パラレル処理をし、ステレオ入力の9 ~ 24に戻します。このことで、より多彩かつ適切なサウンドに仕上げることができます。

アナログスタンダードの新機軸

新しいデジタル技術の誕生と衰退、めまぐるしく変化する技術革新の中においても不変なものは存在します。Rupert 氏は数十年も前にトレンドに左右されないモジュール型のアナログクラスA設計を確立しました。この現在では一般的となった "伝統" の設計によって、RNDチームはさらなる高みを目指し、それに集中することができました。その思想と信念を曲げることなく時代にあった新しい機器を、より良いサウンドクォリティ、柔軟性、扱いやすさとともに提供することに邁進しています。

そうした設計によって誕生したのが、高電圧駆動、クラスA回路、デスクリート設計とトランスフォーマーカップリング構造を備えたミキシングコンソール 5088 です。5088 は Rupert 氏の膨大なアナログ回路に関する知識の集大成と言えます。その本質を受け継ぎ、豊富な接続オプション、卓越した品質、シルク回路による効果的かつ多様性を備えたコンパクトな 5060 は、サウンドにこだわりのあるモダンスタイルのスタジオの中核として最適なギアとなることでしょう。

ページトップへ