Rupert Neve Designs

Portico 5017 Mobile DI/Pre/Comp with Variphase

モバイル・マイクプリ / DI / コンプレッサー

5017 は、頑丈かつ可搬性に優れたポータブルな筐体にワールドクラスを誇る Portico のプリアンプとコンプレッサー、さらには別チャンネルで扱うことが可能なDIを装備した革新的なツールです。バリフェイズやSilk回路、DI/マイクブレンドも搭載し、レコーディングからライブ演奏まで幅広い音楽活動に使えます。

前モデルである 5016 マイクプリ/バリフェイズDIの高い性能と利便性を引き継ぎ、5017 ではシングルノブのコンプレッサーとDI/マイクブレンドが新たに実装されました - これにより Rupert Neve Designs の優れた設計による伝統のサウンドを場所を問わず体感することができます。

Portico シリーズの象徴でもあるカスタムトランスフォーマーとSilkをこのモバイルデバイスでも装備しました。革新的な機能によって、スタジオレコーディングはもちろんのこと、ライブ収録やステージ演奏でもその威力をいかんなく発揮します。

デュアルチャンネル

5017 は2チャンネルのデバイスとして使用することができます。

リードシンガーの歌声とギタリストのサウンド、ふたつの信号に伝統のスタジオクォリティをもたらします。ボーカルマイクをプリアンプとコンプレッサー、そして別チャンネルにDIを通すことができます。特にギターの弾き語りをするシンガーソングライターにはうってつけのツールです。また、ブレンド機能を使うことで、チャンネルが足りない環境でもマイクとDIのシグナルを混ぜて扱うことができます。

コンプレッサーは内部ジャンパーでブレンドした信号かマイクプリの信号のみにするかを設定可能です。そして、Neve 伝統のサウンドをもたらすSilk回路はボーカルとDIの両方に適用されます。不用な低域を取り除くのに便利なハイパスフィルターはマイクプリの信号にのみ作用します。

ブレンド機能

5017 を楽器用のシングルチャンネルデバイスとして活用する際、DIとアンプのサウンドを混ぜ、位相を整え、さらにコンプレッサーで処理をして出力することができます。具体的には、楽器の出力を直接 5017 のDI入力につなぎ、マイク入力には楽器のスピーカーキャビネットに設置したマイクを接続します。そしてブレンドコントロールでふたつの信号のミックスバランスを決めます。

一般的にこの接続で信号を混ぜた場合、信号伝達経路の違いや接続機器の性能によって時間差が生じ、結果として位相ズレによる信号の打ち消し効果が発生しますが、5017 ではこの問題を解決するためにバリフェイズコントロールを装備しています。この際、コンプレッサーはブレンドした信号にかかるように(内部ジャンパーはデフォルトに)設定しておきます。このテクニックはギターとボーカルを混ぜて出力する際にも有効です。

コンプレッサー

5017 のコンプレッサーは新設計の LDR (Light Dependent Resister) を使用したオプトカプラー仕様のコンプレッサーです。スレッショルドの設定だけで、適度なコンプレッションと自動のゲインメイクアップを実現します。このコンプレッサーは、デフォルトで2:1のレシオに設定されています。内部ジャンパーで動作タイムのスタンダード/ファーストを切り替えることが可能です。コンプレッサーが作動したことを確認するには、フロントパネルにあるLEDをチェックしましょう。

バリフェイズ

5017 は一般的なDIと同様、位相反転スイッチを装備します。バリ(VARI)モードに設定した場合、フェイズスイープダイアルで位相を操作することができます。このコントロールはサウンドソースが同じ(で経路が異なる)2つの信号を混ぜる際に有効です。例えばドラムのクローズマイクとオーバーヘッドを混ぜる際、どんなに慎重に設置したとしても、まれに音がスカスカした感じになります。これは位相ズレによる打ち消し効果によるものです。この場合、バリフェイズを使用して位相ズレを解消したポイントに設定すれば、信号は正しく、自然になります。

このテクニックは楽器を接続して、5017 でふたつの信号を混ぜる際に大変有効です。特にベーシストの場合、DIとアンプのマイクサウンドを混ぜることは日常的に行われています。しかし一般的なDIやPAコンソールは位相反転のみを装備しているため、多くの場合、ミュージシャンは設定をエンジニア任せにしてしまいます。そして、エンジニアは正しい位置のマイク設置に時間を割かれます。5017 を用いれば、ミュージシャンでも容易に正しいサウンドを得ることができ、エンジニアはミュージシャンを待たせることなく、次の作業に取りかかることができるのです。

5017 があれば、Portico サウンドはいつでも、どこでも、そこにあります。

Porticoシリーズについて

Portico (ポルティコ)、それは建設用語でグランドエントランスや門戸を意味します。私たちRNDチームは、期待への "扉" という意味を込め、この言葉を採用しました。Portico シリーズはプリアンプやアナログのオーディオプロセッサーで構成されており、これらは単独で使用することも組み合わせて使用することも可能で、大規模アナログコンソールなどの中でも重要な鍵となります。

ハイクォリティのミキシングコンソールは強力かつ多様なオーディオツールを供給する反面、選択肢が非常に限られます。そしてその導入コストは莫大になりがちで、不要なもの(や機能)も多く付随しているケースがあります。Protico シリーズは非常に高いクォリティと絶妙な機能を備え、かつ入手しやすく、どこにおいても使用できます - 余分なものは一切ありません。

ビンテージモジュールのサウンドに精通した多くの業界人からの意見を取り入れた Portico シリーズは、最高にして最も信頼の置ける回路設計をベースにしています。

ページトップへ