Hookup,inc.

デュアルパス A/D コンバーター & リミッター

トラッキング、ミックスの書き出し、マスタリング - いずれの場合でも、MBC Master Buss Converter は、A/Dコンバージョン技術の確かな品質と機能を提供します。MBC のコンバーターは、アナログドライブ回路によって、最高レベルの透明性をもたらすクラスAトランスレス・パスと、色鮮やかなトーンを与える可変 Silk を含むカスタム設計のインターステージ・オーディオ・トランスを備えます。極めて音楽的なリミッターとも相まって、息を呑むほど美しく、立体的なアプローチで、アナログ信号を捉えるためのベストな選択となるでしょう。

お待たせしました!

70年以上にも及ぶ、アナログ回路設計の経験を持つ Rupert Neve 氏は、2018年に Dante 接続対応のマイクプリアンプ RMP-D8 をリリースするまで、自身の名に相応しいコンバーターについて考えたことはありませんでした。RMP は主にマイクプリアンプとして設計されましたが、レコーディングやマスタリング、そしてツアーにおけるトップエンジニアたちにお気に入りのコンバーターとして採用されたことが MBC の開発へとつながり、PCM変換の品質における新たなスタンダードを打ち出すに至りました。

デュアルパス・アナログ設計

デジタル変換前のアナログチェーンにおける最終リンクとして、コンバーターの駆動回路は、その後の音質を決定する上で極めて重要な役割を果たします。MBC は、音楽ジャンルや希望するサウンドキャラクターに関わらず、リファレンスとなるパフォーマンスを追求して設計されました。ここで鍵となるのが、アナログドライブ回路の品質と適応性です。

際立つ個性を与えるべく用意された、定評ある Silk 回路を含むカスタムのインターステージトランスによって、Rupert 氏によるビンテージ感あふれるクラシックなトーンが再現されます。ラインレベル出力用のオーディオトランスとは異なり、この新しいトランスは、コンバーターへの入力に適したレベルで出力トランスの倍音成分特性を得られるようになっています。

また、可変 Silk を使うことによって、「Red モードで中高域の倍音を強調する」、「Blue モードで低域の倍音を強調する」など、求める倍音成分量に適した調整が行えます。Silk を切った状態のトランスから生まれる絶妙なトーンから、Silk / Texture を全開にしたビンテージ・モジュールを凌ぐ色付けまで、有効/無効を選択可能なトランス・パスが、ソースを拡張されたパワーで満たします。

最大限の透明性と忠実性が必要な場合、トランスレス・パスは驚くほどのディテールと明快さをもたらします。多くのトランスレス回路では、十分と言えないトーンバランスやパンチ不足を感じますが、MBC のクラスA回路は、高域/低域の両方で鮮やかなディテールを、美しい透明感をもって描き出します - トラックを正しく捉えるためのもうひとつのトーンパレットとして、トランスレス・パスは、トランス・パスの重厚かつクラシカルなサウンドを補完するために欠かせないものとなります。いかなるサウンド・キャラクターを求めていても、MBC ではボタンを押すだけでそれを実現することができるのです。

コンパウンド・アクティブ・リリース・アナログ・リミッター

MBC の開発にあたり、既存のプラグイン・リミッターの品質を超え、トラッキング、ライブパフォーマンス、あるいは放送用途に役立つ、トランスペアレントな安全装置として機能するリミッターを設計することは一つの大きな目標でした。

リミッターセクションには、そのサウンドをさらに順応させるために効果的な、いくつかのコントロールが備わっています。内蔵の 12 dB / Oct のサイドチェイン・ハイパスフィルターは 20 〜 250 Hz の範囲でスイープが可能で、高域よりも持続性の高い低域に対するリミッターの反応を最小限に抑えます。

“THRESHOLD” コントロールはデジタル信号の最大レベルを設定し、“RELEASE” コントロールでソースに最適な反応となるよう調整します。そしてクラスAのラインアンプ・ステージでは、リミッターをプッシュするために、20 dB のクリーンなゲインを得ることができます。また、必要に応じて “LINK” スイッチを使い、デュアルモノ/ステレオを選択することも可能です。

MBC では、リミッターの反応特性の精度と音楽性の両方を向上させるために、「コンパウンド・アクティブ・リリース」のトポロジーが改良されました。その結果、ソースの完全性を損なうことなく、透明性とトラックやミックスのレベルをプッシュする能力の両方を実現しています。

マスタリング品質のコンバージョン

長年に渡る試行錯誤と細心の注意を払って開発された MBC の24ビット / 192 kHz コンバーターは、RMP-D8 の設計をさらに進化させたものです。精密な内部クロックによって、ジッターと位相ノイズを最小限に抑えるこのコンバーターは、ソースが持つ魅力を極めて高い精度で捉えます。

実用的な接続性

MBC は、オーディオインターフェイスやデジタルコンソールと接続するための AES、S/PDIF、TOSLINK 出力を装備。複数の機器への同時出力が行えます。また、ワードクロック出力を介して MBC をセットアップ全体のハイエンド・マスタークロックとして使ったり、ワードクロック入力によって外部マスタークロックに同期させることも可能です。

最後に、MBC は、多様な環境へシームレスに統合できるよう、-14 dBFS 〜 -20 dBFS までの4つのリファレンスレベルを選択し、他のコンバーターと正確にマッチングができる仕様となっています。リファレンスレベルのキャリブレーションは、高品質の抵抗とリレーコントロールのステップ式アッテネーションにより、驚異的な精度で実行されます。

超精密なメーター

ペアの22セグメント・メーターは、Rupert Neve Designs 社製品の中でも最高の分解能を持つLEDメーターを採用した新設計を採用。コンバーター段への入力レベルを正確にモニターできます。リミッターのゲインリダクションを確認するための8セグメントのゲインリダクションメーターも用意され、トランジェント・リダクションを高精度で表示します。背面に備わるスイッチを使い、ピークホールド機能のオン/オフや、その時間間隔を1秒あるいは3秒のいずれかから選択することも可能です。

ページトップへ