Hookup,inc.

キットとパターンのコントロールを Mac / PC および iPad で

UNO Drum Editor を使えば、コンピューターや iPad からパラメーターの変更やサウンドの調整、パターンの作成に至るまで、UNO Drum を完全にコントロールすることが可能となります。UNO Drum 本体で作成したプリセットを読み込んで編集したり、新しいキットとパターンをゼロから構築して UNO Drum へと転送したり、といったことができるため、UNO Drum をコンピューター・ベースのスタジオへ統合することや、外出先での iPad を使ったパラメーター・エディットが容易なものとなるでしょう。

ダウンロードはこちらから(メーカーサイトへ移動します)

動作条件 :

  • iOS デバイス
    64ビット対応の iPad
    iOS 10 以降
  • Mac(64ビット)
    macOS 10.11 以降
  • Windows(64ビット)
    Windows 8 以降

UNO Drum Editor は、Mac / PC、iPhone、iPad 上で UNO Drum 本体のリモート・コントローラーとして動作するもので、アプリケーション、プラグイン自身がサウンド再生するものではありません。また、UNO Drum にUSBオーディオ機能はありません。

エディットと管理を簡単に

UNO Drum Editor は、あらゆるパラメータをリアルタイムで調整可能です。エディターから UNO Drum 本体をコントロールするだけでなく、本体で行った操作もエディター側へとリアルタイムで反映されます。

また、UNO Drum Editor を使用すれば、UNO Drum 本体のキットとパターンを簡単に管理できます。UNO Drum 内部やコンピューター上に保存されたプリセットを直接読み込み、編集、保存することが可能です。

サウンド・デザイン

"DRUM" パネルでは、UNO Drum のサウンドを、より簡単に細かくデザインできます。この画面では12種のエレメントすべてが一覧で表示され、ドロップダウン・メニューから使用するサウンドを選択し、チューニング、スナップ、ディケイなどのパラメータでサウンドの調整が可能です。

ミキサーを使用すれば、各エレメントのボリュームを素早く調整可能。画面上に配置されたパッドで試聴しながら、マウスから手を離すことなくサウンドを調整できます。

グルーヴ・メイク

"PATTERN" パネルでは、パターンのプログラミングがより素早く行えます。グリッドにはすべてのエレメントに16ステップが割り当てられており、視認性の良いエディター上でグルーヴが構築できます。空白セルのクリックでサウンドのトリガーをON、そしてONになっているセルをクリックすることでOFFへ変更できます。

エレメント名をクリックすることで、各エレメントの個別パラメータをエディットでき、ステップ毎にオートメーションを記録できます。UNO Drum Editor は双方向通信ですので、本体のノブを操作することでオートメーションを記録することもできます。

この画面ではコンプレッサー、ドライブ、スウィングのマスター・エフェクトを調節できるほか、パターンの拍子と長さ、さらにロールとスタッターも調整可能です。

作成したグルーヴは、コンピューター上や UNO Drum の間で保存や読み込みが可能です。

接続も簡単に

UNO Drum Editor では、制作スタイルに合わせて UNO Drum のカスタマイズが行えます。"MIDI SETTINGS" メニューでは、MIDIルーティングやチャンネルの設定が可能です。UNO Drum 本体をMIDIインターフェースとMIDIコントローラーの両方として使用することもできます。これらの包括的な設定により、UNO Drum を最新のリグと簡単に接続して統合できます。

デジタルとアナログの融合

UNO Drum Editor はスタンドアローンとしても動作しますが、プラグイン(VST / AU / AAX 互換)としてDAWと組み合わせて使用すると、驚くほど新しい制作ワークフローを実現できます。

バーチャル・インストゥルメントと同様の操作感で、本物のアナログ・サウンドを扱うことができるのです。UNO Drum の設定はDAWのプロジェクト・ファイルに保存されますので、プロジェクトを開くだけで楽曲ごとの設定を呼び出せます。エディターのサイズも、制作スタイルに合わせて自由に変更できます。プラグイン同様の便利さと柔軟性を、アナログ・サウンドとともにお楽しみください。

エディターをいつもそばに

ほとんどのドラム・マシンでは、一度スタジオの外へと出てしまえば本体での操作のみという制約を受けてしまいます。しかし UNO Drum Editor は iPad 用の無料アプリケーションとしても提供されているため、いつでもどこでもその場でグルーヴ制作ステーションを構築できます。

また、UNO Drum を iPad に接続すれば、リアルタイム制御を可能とするタッチ・センシティブなコントローラーとしても機能させることができるため、ライブ用途にも最適です。

UNO Drum Editor は、Mac / PC、iPad 上で UNO Drum 本体のリモート・コントローラーとして動作するもので、アプリケーション、プラグイン自身がサウンド再生するものではありません。また、UNO Drum にUSBオーディオ機能はありません。

ページトップへ