アナログ / デジタルのグルーヴを自在に生み出すハイブリッド・ドラム・マシン

パラメーター・オートメーション対応、超小型のアナログ / PCM ドラム・マシン

UNO Drum は、ファットでパンチのあるアナログ・サウンドと、デジタルが得意とするサウンドおよび機能が融合した、「アナログ + デジタル」のハイブリッド・ドラム・マシンです。UNO Synth 同様に、イタリアのアナログ・シンセサイザー・メーカー Soundmachines の協力を得て開発されました。

アナログ / デジタルのいいとこ取りと言える構成によって、音色の幅だけではなく、内部シーケンサーでのパターン作成、ライブ・パフォーマンス用の豊富な機能など、ミュージシャンがドラム・マシンに求めるものを高次元でバランス良く実現しています。

コアとなる12のドラム・エレメント

UNO Drum は、本物のアナログ音源6種によるコア・キット(2種類のキック、スネア、クラップ、ハイハット)を搭載しています。コア・キットに含まれる音色は、芯とあたたかさのあるアナログの特徴的なサウンドを誇ります。

加えて、合計54種類のPCMサンプルも収録されています。PCMサンプルは、タム、リム、カウベル、ライド、クラッシュ・シンバルのほか、キック、スネア、クラップ、ハイハットを含む12のエレメントにアサイン可能で、アナログ、PCMを組み合わせた最強のキットが構築可能です。クローズド・ハイハットとオープン・ハイハットは同時に発音されないように設定されており、合計11音を同時に発音することができます。

これらのサウンドで構成された即戦力のプリセット・ドラム・キット(100種類)をエディットしたり、オリジナルのキットを構築することも可能です。いつでも自分好みのキットを構築して、どこでも呼び出すことができるのです。

UNO Drum には、COMP(コンプレッサー)、DRIVE(ドライブ)、STUTTER(スタッター)の合計3種類のマスター・エフェクトが用意されています。DRIVE ノブでマスター・アウトプットの歪み量を調節すれば、グルーヴはよりハードでアグレッシブなサウンドとなります。COMP ノブでコンプレッション量を調節すれば、グルーヴはよりタイトでまとまりのある、パンチの加わったサウンドとなります(コンプレッサーは LINE IN から入力された信号にもかかります)。STUTTER(スタッター)は、効果の深さに応じてトレモロのような効果や、波形をスライスして部分的な繰り返しを生み出すエフェクトです。リズムにまったく異なるフィーリング加え、複雑なグルーヴを生成します。もちろんこれらの設定値もドラム・キットごとに保存されます。

幅広いサウンドを

アナログとデジタルのハイブリッド・デザインは、あなたに無限の可能性を提供します。SoundMachines 社によって設計されたアナログ・エンジンと、IK Multimedia が誇る SampleTank シリーズから抽出されたサンプルの組み合せがもたらす高音質かつ多様なサウンドは、かつてのドラム・マシンでは得られなかったインスピレーションをもたらすでしょう。

すべてのサウンドは UNO Drum と UNO Synth で演奏されています(シーケンスのコントロールと録音に使用した Ableton Live でシンセ・パッドの音色のみ追加)。リバーブには Ibanez SDR-1000 を使用しています。

UNO Drum は、各エレメントのパラメーターをエディットすることで、どのジャンルにも最適なサウンドとグルーヴを生み出します。例えば、キックをヒップホップに最適な音色へとチューニングしたり、スナップをコントロールして EDM に最適なパンチのあるサウンドへと変化させたり、ディケイによってインダストリアルに最適な轟くサウンドへと変化させたりするなど、サウンドの可能性は無限大です。UNO Drum のディープなサウンド・コントロールによって、これまでにない自由な音作りを楽しめることでしょう。

より直感的な操作を実現

UNO Drum のパネルには、より繊細で直感的なプレイを実現するために、2つのベロシティ・ゾーンを備えた12個のタッチセンシティブ・パッドが装備されています。これらのパッドはリアルタイムで演奏することはもちろん、あらかじめプログラムされたパターンを再生しながら、直感的にフィルインを加えるのにも使用できます。

パターン演奏時には、これらのパッドを使用して特定のエレメントを指定し、パラメーターをリアルタイムに変化させることも可能。シンプルに繰り返すリズム・パターンに変化を加えたり、ブレイクに向かって徐々に緊張感を高めたりすることができます。

UNO Drum に実装された5種類のパフォーマンス・エフェクト(ROLL、FILL、RANDOM、SWING、HUMANIZE)を駆使すれば、ドラムマシンによるパフォーマンスは単調などと言えなくなるでしょう。また、マスター・エフェクトの STUTTER を使用すれば、グルーヴをスライスして劇的な効果を得ることができます。これらのパフォーマンス・エフェクトを積極的に活用して、ドラム・パターンをさらに躍動感のあるものに変化させましょう!

STUTTER
波形をスライスして部分的な繰り返しを生み出すエフェクトです。リズムに全く異なるフィーリング加え、複雑なグルーヴを生成します。

ROLL
同音連打により緊張感を高めるエフェクトです。ロールは8分、8分3連、16分、32分で設定できます。

RANDOM
選択したエレメントのサウンドやパターンをランダムに変化させます。ランダム効果によって予期せぬグルーヴが期待できます。

内蔵シーケンサーで複雑なプログラミングも

TR-808 や MPC に慣れている方もそうでない方も、UNO Drum のドラム・パターンのプログラミングをすぐに理解していただけるでしょう。UNO Drum には、64ステップのシーケンサーが内蔵されています。パネルの一番下に並ぶ16ステップのボタンは4ページの切り替えで表示されます。任意のステップをタップしてパッドを叩くステップ入力だけでなく、リアルタイムにパターンを記録していくことも可能です。こだわりのグルーヴを生み出すために、エレメントに含まれる最大8つのパラメーターを1ステップごとにオートメーションさせることも可能です。

プログラミングしたドラム・パターンは、最大64個のパターンを組み合わせたソングとして管理できます。このソング・モードでは、各ステップのボタンはドラム・パターンを任意にトリガーするのに使用します。楽曲の展開に合わせ、リアルタイムに素早くパターンを切り替えていく場合に便利です。

箱から出してすぐにお楽しみいただけるように、UNO Drum には100種類のドラム・キットと、100種類のドラム・パターンがあらかじめ用意されています。お好みのドラム・キットを選んだら、さまざまドラム・パターンを試しながら直感的にオーディションやエディットを行い、オリジナルのパターンとして保存しましょう。

さまざまなセットアップに対応

UNO Drum は、自宅、スタジオ、DJブースなど、さまざまな場所/環境でのセットアップに柔軟に対応します。ライブ会場で限られたスペースでのセットアップ、コンピューターを使用したDAWシステムとの統合、また iOS モバイル・デバイス*とのセットアップも想定して作られています。USB MIDI に加え、2.5 mm ジャックを使用した MIDI IN/OUT を使用すれば、従来のMIDI機器を接続して演奏することも可能です。

また、UNO Drum 本体にはオーディオ・インプットも搭載されているので、UNO Synth など他の機器をデイジー・チェーン接続できます。追加のミキサーは必要ありません。また、オーディオ・インプットの入力信号にアナログ・マスター・エフェクトのコンプレッサーの効果を加え最終出力を整えることも可能です。

*接続には別売の「Lightning - USBカメラアダプタ」または「Lightning - USB 3 カメラアダプタ」が必要です。この場合、UNO Drum 本体を電池駆動させる必要があります。

ページトップへ