Hookup,inc.

CME : WIDI Bud Pro の接続方法

マニュアル, 2022/05/17

該当製品

WIDI Bud Pro は、ワイヤレスの Bluetooth USB MIDI インターフェイスで、16チャンネル分の MIDI メッセージを双方向でやり取りすることができます。WIDI Bud Pro を使用すると、USB ソケットを備える Mac / WIndows コンピューターやスマートデバイス、あるいは USB ホストに対応する MIDI デバイスに Bluetooth MIDI 機能を提供できます。本記事は、さまざまなデバイスや用途に応じた WIDI Bud Pro の接続を解説するものです。

USB-A コネクターとプッシュスイッチ

WIDI Bud Pro は、USB-A コネクターとプッシュスイッチを備えます。

USB-A コネクター

USB-A コネクターは、コンピューターや USB ホストに対応する MIDI デバイスと接続し、これらの USB MIDI データを Bluetooth MIDI データに変換(逆も同様)することが可能です。

*WIDI Bud Pro に電源スイッチはありません。USB バスパワーにて動作します。

プッシュボタン

本体側面のプッシュボタンは、下記の通り特定の操作時に用いられます(WIDI Bud Pro の USB および Bluetooth ファームウェアが最新版であることをあらかじめご確認ください。以下の操作は、ファームウェア v0.1.3.7 以降を前提としています)。

  • WIDI Bud Pro が非接続(電源オフ)の時、このボタンを押しながらコンピューターやデバイスと接続して電源を入れ、LEDライトが緑色で3回点滅した後にボタンから手を離すと、本機は工場出荷時の状態に切り替わります。
  • 電源投入後、このボタンを3秒間長押ししてから離すと、Bluetooth の役割が「強制ペリフェラル」モードに設定されます。WIDI Bud Pro がそれまでに他の BLE MIDI デバイスと接続されていた場合は、この操作ですべての接続が解除されます。

WIDI Bud Pro のマルチカラーLEDが示す状態について

WIDI Bud Pro のマルチカラーLEDは、さまざまな色で本体の状態を示します。

  • 電源が正常に供給されると、LEDが点灯します。
  • 青色がゆっくり点滅 : デバイスが正常に起動し、接続を待っている状態です。
  • 青色が点灯 : デバイスが正常に接続されている状態です。
  • 青色が素早く点滅 : デバイスが正常に接続され、MIDIメッセージを送信、または受信している状態です。
  • 水色 : デバイスがデフォルトで「セントラル」として設定されている状態です。
  • 緑色 : デバイスがファームウェアの更新モードになっています。WIDI App を使ってファームウェアを更新してください。

WIDI Bud Pro をコンピューターや USB ホスト対応 MIDI デバイスと接続する

  1. WIDI Bud Pro の USB-A コネクターを、コンピューター(Windows、macOS、iOS、Android)あるいは USB MIDI デバイスの USB-A ホストソケットに差し込みます。LEDが点灯し、自動的にクラスコンプライアントの USB MIDI デバイスとして検出されます。
  2. コンピューターのDAWソフトウェアまたは MIDI デバイスの設定ページで、WIDI Bud Pro を USB MIDI 入出力デバイスとして選択します。これにより、Bluetooth MIDI メッセージを送受信することができる状態になります。

メモ :

Roland V-Accordion などの USB メモリーポートへ WIDI Bud Pro / WIDI Uhost を接続している時に、(コンピューターに MIDI メッセージを送信するのではなく)当該楽器に備わる内蔵音源を鳴らしたい場合は、WIDI App を起動し、USB Soft Thru スイッチを「オン」にしてください。

“USB Soft Thru” について (WIDI Bud Pro / WIDI Uhost のみ)

USB を MIDI として使用するにあたり、一部の MIDI デバイス(Roland V-Accordion など)は、MIDI コントローラーとしてのみ機能するものがあります。この時、キーボードから内蔵音源へのルーティングは切断され、MIDI メッセージは、USB 経由でコンピューターにのみ送信されます。キーボードから内蔵音源を演奏したい場合、コンピューターのDAWソフトウェアから USB 経由でデバイスに MIDI メッセージを送り返す必要があります。“USB Soft Thru” をオンにすると、演奏した MIDI メッセージが WIDI 経由で内蔵音源に直接戻ってきます。また、同じメッセージが WIDI Bluetooth 経由で外部の BLE MIDI デバイスに送信されます。

2台の WIDI Bud Pro を Bluetooth 経由で接続する

  1. WIDI Bud Pro を接続した2台の MIDI デバイスの電源を入れます。
  2. 2台の WIDI Bud Pro は、自動的にペアリングされます。この時、青色のLEDがゆっくりとした点滅から常時点灯に変わります(MIDI データが送受信されていると、LEDは素早く点滅します)。

(参考)以下の動画は WIDI Master を例に作られたものですが、WIDI Bud Pro でも同様の手順となります。

WIDI Bud Pro と Bluetooth MIDI デバイスを接続する

  1. WIDI Bud Pro を接続している MIDI デバイスと Bluetooth MIDI デバイス両方の電源を入れます。
  2. WIDI Bud Pro が Bluetooth MIDI デバイスと自動的にペアリングされ、青色のLEDがゆっくりとした点滅から常時点灯に変わります(MIDI データが送受信されていると、LEDは素早く点滅します)。

(参考)以下の動画は WIDI Master を例に作られたものですが、WIDI Bud Proでも同様の手順となります。

WIDI Bud Pro と Mac(macOS X)を接続する

  1. WIDI Bud Pro を接続している MIDI デバイスの電源を入れます。LEDが青色でゆっくりと点滅することを確認してください。
  2. Mac の画面左上にあるアップルアイコンをクリックし、[システム環境設定]を選択します。次に、Bluetooth アイコンをクリックして “Bluetoothをオンにする” を選択し、Bluetooth の設定画面を閉じます。
  3. 画面上部のメニューから[移動]>[ユーティリティ]をクリックし、Audio MIDI設定を起動します。“MIDIスタジオ” ウィンドウが表示されない場合は、画面上部の[ウィンドウ]メニューから、“MIDIスタジオを表示” を選択してください。
  4. MIDIスタジオウィンドウの右上に並ぶ Bluetooth アイコンをクリックし、装置名リストに表示される WIDI Bud Pro を探して、接続します。MIDIスタジオウィンドウに WIDI Bud Pro の Bluetooth アイコンが表示され、接続が成功したことを確認できたら、設定ウィンドウを閉じます。

(参考)以下の動画は WIDI Master を例に作られたものですが、WIDI Bud Pro でも同様の手順となります。

WIDI Bud Pro と iOS デバイスを接続する

  1. App Store で、無料のアプリケーション “midimittr” を検索し、ダウンロードしてください。
    *お使いのアプリが Bluetooth MIDI 接続に対応している場合は、アプリ内の MIDI 設定画面で WIDI Bud Pro を選択してください。
  2. WIDI Bud Pro を接続している MIDI デバイスの電源を入れます。LEDが青色でゆっくりと点滅することを確認してください。
  3. iOS デバイスの設定を開きます。次に、[Bluetooth]をクリックして Bluetooth をオンにし、設定画面を閉じます。
  4. midimittr を起動し、画面下の [Devices] メニューをクリックします。リストに表示される WIDI Bud Pro を探して、接続します。“Not Connected” をクリックして Bluetooth ペアリングを実行してください。
    *midimittr は、表示を最小化し、バックグラウンドで動作させておくことができます。
  5. 外部 MIDI 入力を受ける音楽アプリを開き 設定ページで MIDI 入力デバイスとして WIDI Bud Pro を選択すると、使用可能となります。

(参考)以下の動画は WIDI Master を例に作られたものですが、WIDI Bud Pro でも同様の手順となります。

WIDI Bud Pro と Windows 10 PC を接続する

Windows 10 の場合、Bluetooth クラスコンプライアントの MIDI ドライバを利用するために、音楽ソフトに Microsoft の最新の UWP API が統合されている必要があります。しかし、さまざまな理由から、この API が統合されているものはほとんどありません。私たちの知る限り、Cakewalk by BandLab だけがこの API を統合しており、WIDI Bud Pro やその他の標準的な Bluetooth MIDI デバイスと直接接続が可能となっています。

そこで、Windows 10 の Bluetooth MIDI ドライバと音楽ソフト間の MIDI 伝送には、KORG BLE-MIDI Driver のような仮想 MIDI ポートドライバによる代替ソリューションが存在します。Bluetooth ファームウェア v0.1.3.7 以降、WIDI は KORG BLE-MIDI Driver と完全な互換性を有しており、Windows 10 PC に接続された複数の WIDI を同時に双方向の MIDI データ伝送でサポートします。

  1. こちらの KORG 公式ウェブサイト より、KORG BLE-MIDI Driver をダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍した後、exeファイルをクリックしてドライバのインストールを行います(インストールが完了したかどうかは、デバイスマネージャー内「サウンド、ビデオ、ゲームコントローラー」にてご確認いただけます)。
  3. WIDI App を使って、WIDI デバイスの Bluetooth ファームウェアを v0.1.3.7 以降にアップグレードしてください。同時に、アップグレードした WIDI の [BLE role] を "Forced Peripheral" に設定し、別の WIDI に自動接続されないようにしてください。必要に応じ、アップグレード後に各 WIDI デバイスの名前を変更することで、同時使用する際の混乱を避け、各 WIDI デバイスを区別することができます。
  4. Windows 10 および付属の Bluetooth ドライバが最新バージョンであることをご確認ください(PCが Bluetooth 4.0 / 5.0 に対応している必要があります)。
  5. MIDI デバイスに WIDI を差し込み、電源を投入して WIDI を起動します。Windows 10 のスタートメニュー(ショートカット : キーボードの Windows アイコンキーを押しながら X キーを押す)から、[設定] > [デバイス] へと進み、"Bluetooth とその他のデバイス" ウィンドウを開きます。
  6. "Bluetooth とその他のデバイス" ウィンドウで Bluetooth のスイッチをオンにし、"Bluetooth またはその他のデバイスを追加する" をクリックします。
  7. "デバイスを追加する" ウィンドウで、"Bluetooth" をクリックし、対象となる WIDI デバイス名をクリックし、"接続" をクリックします。
  8. 「デバイスの準備ができました!」と表示されたら、"完了" をクリックしてウィンドウを閉じます。
  9. 音楽ソフトを開くと、MIDI 関連の設定ウィンドウ内で、WIDI デバイス名を確認できるはずですので(KORG BLE-MIDI Driver が WIDI Bluetooth 接続を検出し、音楽ソフトと関連付けます)、MIDI 入出力デバイスとして、対象となる WIDI を選択します。

    (参考)以下は、Windows 10 PC における、WIDI と KORG BLE-MIDI Driver との設定に関する動画となります。

    WIDI Bud Pro と Android デバイスを接続する

    Windows の場合と似ていますが、Android の音楽アプリでは、Bluetooth MIDI デバイスと直接通信するために、Android OS のユニバーサル Bluetooth MIDI ドライバが統合されている必要があります。しかし、ほとんどの音楽アプリは、さまざまな理由でこの機能を統合していません。そのため、Bluetooth MIDI デバイスの接続に特化した特定のアプリを「ブリッジ」として使用する必要があります。

    1. Google Play ストアで、無料アプリ MIDI BLE Connect をダウンロードします。
    2. WIDI Bud Pro を接続している MIDI デバイスの電源を入れます。LEDが青色でゆっくりと点滅することを確認してください。
    3. Android デバイスの Bluetooth 機能をオンにします。
    4. MIDI BLE Connect アプリを起動し、"Bluetooth Scan" をクリックして、表示された WIDI Bud Pro をクリックすると、接続が正常に完了したことが確認できます。同時に、Android から Bluetooth ペアリングの要求が送られます。通知をクリックし、ペアリングリクエストを承諾してください。この後、Android デバイスのホームボタンを押すと、MIDI BLE Connect を最小化し、バックグラウンドで起動させたままにできます。
    5. 外部からの MIDI 入力に対応可能な音楽アプリを開き、設定ページで MIDI 入力デバイスとして WIDI Bud Pro を選択します。

    (参考)以下の動画は WIDI Master を例に作られたものですが、WIDI Bud Pro でも同様の手順となります。

    その他、WIDI をお使いいただくにあたってご不明な点がございましたら、こちらのフォーム よりご質問ください。

      ページトップへ