IK MULTIMEDIA : iRigPADSのSustain /Exprattionポートのモードが編集できない

FAQ, 2014/12/08

該当製品

iiRig Padsをホスト(Mac/PCまたはiOSディバイス)から取り外し、その上で下記の手順により接続をおこなってみてください。

1) iRig Padsをホスト(Mac/PCまたはiOSディバイス) から取り外してください。フットスイッチもあわせてiRig Padsから取り外してください。

2) iRig Padsをホストに接続し、iRig Padsに電源供給が行われ、iRig Padsが動作していることをご確認ください。

3) フットスイッチをiRig Padsに接続してください。

そして、任意のシーンをロードし、下記の手順でフットスイッチにMIDIノートを割り当ててください。予め、ユーザー・プリセットを作成し、ユーザー・プリセットで作業されることをお薦めいたします。

シーン#1、2、5~8(パッド#1、2、5~8に相当)は、ファクトリー・プリセットです。

  • パッド #1 (シーン #1): General MIDI Drum Kit
  • パッド #2 (シーン #2): Chromatic
  • パッド #5 (シーン #5): AKAI MPC Bank A / AKAI iMPC PRO
  • パッド #6 (シーン #6): AKAI MPC Bank B
  • パッド #7 (シーン #7): AKAI MPC Bank C
  • パッド #8 (シーン #8): AKAI MPC Bank D

シーン#3、4、9~10(パッド#3、4、9~10に相当)にユーザー・プリセットを作成してから作業されることをお薦めいたします。

ユーザー・プリセットを呼び出すには

下記の手順により、ベースとなるファクトリー・プリセットを呼び出してください。

1) SCENEボタンを押してください。SCENEボタンが点灯します。

  • プリセットが含まれているパッドがグリーンで点灯しています。
  • プリセットが含まれていないパッドはオレンジで点灯しています。

2) 該当するパッドを押して、シーンを呼び出してください。押されたパッドが2回点滅し、選択されたことが確認できます。iRig PADSは自動的にSCENE選択モードを終了します。

ご注意:シーンが保存されていないパッドを押しても、変化は生じません。

シーンのユーザー・プリセットを保存するには:

3) SCENEボタンを2秒以上押してください。

  • プリセットが含まれているパッドがグリーンで点灯しています。
  • プリセットが含まれていないパッドは消灯しています。
  • 選択中のシーンに該当するパッドはオレンジで点灯しています。

4) ユーザー・プリセットのシーンを保存するパッドを押してください。押されたパッドが2回点滅し、選択されたことが確認できます。iRig PADSは自動的にSCENE選択モードを終了します。

そして上記(1)、(2)の手順により、ユーザー・プリセットを呼び出した上で、作業をお試しください。


任意のシーンを呼び出した上、下記の手順でフットスイッチにMIDIノートを割り当ててください。

1) SCENEボタンとFIX VELボタンを押して、iRig PADSをEDITモードにしてください。

2) フットスイッチを踏んでください。iRig PADSのパッド # 9、#10、#14、#15がレッドで点灯します。

3) フットスイッチにMIDIノートを設定するにはパッド #9を押してください。

4) パッド #5(テンポラリー・モード)とパッド #6(トグル・モード)が赤く点灯します。

5) 目的に応じて、PAD #5かPAD #6のいずれかを押してください。(ここではPAD 5になるかと存じます。)
パッドが点滅し、エディット中であることを表します。

6) 以下のパッドをタップして、MIDIノートを設定します。

  • Pad 1 = C
  • Pad 2 = C#
  • Pad 3 = D
  • Pad 5 = D#
  • Pad 6 = E
  • Pad 7 = F
  • Pad 8 = F#
  • Pad 9 = G
  • Pad 10 = G#
  • Pad 13 = A
  • Pad 14 = A#
  • Pad 15 = B

パッドを選択すると赤く点灯し、確認のためパッドを押して対応するMIDIイベントを送信する度、黄緑で点滅します。

7) パッド #11とパッド #12で、割り当てたMIDIノートをオクターブ上下にトランスポーズすることができます。同時に確認のため、対応するMIDIイベントが送信されます。

8) パッド #16(ENTER)を押して、EDITモードを終了してください。

9) この時点でSCENEボタンが点滅しています。

必要に応じて、下記の手順により、シーンを保存してください。

10) SCENEボタンを2秒以上押してください。

プリセットが含まれているパッドがグリーンで点灯しています。
プリセットが含まれていないパッドは消灯しています。
選択中のシーンに該当するパッドはオレンジで点灯しています。

11) ユーザー・プリセットのシーンを保存するパッドを押してください。押されたパッドが2回点滅し、選択されたことが確認できます。iRig PADSは自動的にSCENE選択モードを終了します。


上記操作により、設定ができない場合はペダルの極性などご確認ください。弊社iRigシリーズにてお使いいただけるペダルは、下記の通りとなります。IK MULTIMEDIAアジア支部では、実際にYamaha FC-5などにて動作確認を行っております。

http://jp.yamaha.com/products/...

  • サスティン・ペダル:Yamaha/Roland製品と同じ極性のTSジャック仕様のサスティン・ペダル
  • エクスプレッション・ペダル:TRSジャック仕様のペダル(Roland EV5等)

下記はお使いいただけませんので、ご注意ください。

  • KORG製品と同じ極性(Yamaha/Rolandの逆)のTSジャック仕様のサスティン・ペダル
  • TRSジャック仕様のサスティン・ペダル(ハーフペダル対応として売られているもの)

TSはジャックの黒いリングが1本、TRSは黒いリングが2本のジャックです。モノとステレオのジャックの違いと同じです。


ページトップへ