Hookup,inc.

Universal Audio : Windowsの最適化 - オプションセッティング

FAQ, 2016/02/23

該当製品

DAWと Apollo Twin USB を一緒にお使いになられる際は、このセクションの Windows OS 設定等を行うことにより、全体的なシステムパフォーマンスの向上が見込めます。

(DAWなしで) Apollo Twin USB を単独でお使いの場合(例:Apollo Twin USB をライブパフォーマンス時のミキシングコンソールと組み合わせてのインプットエフェクトプロセッサーとして使用する場合等)は以下の設定は無関係となります。

システムスリープの無効化

Apollo Twin USB はコンピューターのシステムスリープとの互換はありますが、一般的にDAWを使用する際にはスリープを無効にすることが推奨されます。

1. コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>電源オプションへと進み、電源オプションのウィンドウを開きます。

2. 電源オプションウィンドウの中で:
2-a. "高パフォーマンス"を選択します。
2-b. 高パフォーマンスオプションの"プラン設定の変更"をクリックします。

3. 開いたウィンドウの中で:
3-a. "ディスプレイの電源を切る"を「なし」に設定します。
3-b. "コンピューターをスリープ状態にする"を「なし」に設定します。

4. "変更の保存"をクリックし、設定を保存してください。

Windowsの電源オプションの最適化

以下は、WindowsがHDDをスタンバイ状態にしてUSBデバイスを停止し、プロセッサーのパフォーマンスを抑えることを防ぐためのステップとなります。

コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>電源オプションへと進み、電源オプションのウィンドウを開きます:

1. "高パフォーマンス"を選択します。

2. 高パフォーマンスオプションの"プラン設定の変更"をクリックします。

3. 開いたウィンドウの中より"詳細な電源設定の変更"をクリックします。

4. 開いたウィンドウ内の"詳細設定"タブの中で:

4-1. ハードディスクの"+"をクリック
4-1-a. 次の時間が経過後ハードディスクの電源を切るの"+" をクリック
4-1-b. これらハードディスクに関するオプションを「なし」に設定

4-2. USB設定の"+"をクリック
4-2-a. USBのセレクティブサスペンドの設定の"+"をクリック
4-2-b. これらUSBのセレクティブサスペンドの設定を「無効」に設定

4-3. プロセッサの電源管理の"+"をクリック
4-3-a. 最小のプロセッサの状態*の"+"をクリック
4-3-b. 最小のプロセッサの状態を100%に設定

5. 適用ボタンをクリックし、設定を生かします。

Wi-Fiの無効化

Wi-Fiネットワークアダプターはオーディオのデータストリーミングを中断します。DAW使用時のパフォーマンスの最適化のために、W-Fiネットワークアダプターを無効にします。

※Wi-Fiを無効にすると、一時的にコンピューターをインターネット接続から切り離します。Wi-Fiを無効化する前に、Apollo Twin USB のインストールとオーソライズが完了していることを確認してください。

1.コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センターと進みます

2.開いたウィンドウ内の左側のコラムにある"アダプターの設定の変更"をクリックします。

3.ワイヤレスネットワーク接続アイコンを右クリックします。

4.開いたメニューの最上部にある「無効にする」を選択。Wi-Fiネットワークアダプターが無効となります。

5.Wi-Fiネットワークアダプターを再度有効にする場合は、ステップ1-4を繰り返し、メニューから「有効にする」を選択して下さい。

スクリーンセーバーの無効化

スクリーンセーバーはシグナルプロセッシングを中断します。レコーディング時の最適なパフォーマンスのために、DAW使用時にはスクリーンセーバーを無効にします。

1. コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズに進みます。 (システムによっては階層/階層名が異なります)

2. 個人設定内の"スクリーンセーバーの変更"をクリックし、ウィンドウを開きます。

3. スクリーンセーバーのドロップメニューから"(なし)"を設定します。

4. 適用ボタンをクリックし、設定を生かします。


ページトップへ