Universal Audio : (LUNA) eLicenser に関する問題

FAQ, 2020/05/11

該当製品

macOS 10.15 Catalina において、Steinberg eLicenser に紐づいた Audio Units(AU)プラグインが、LUNA に読み込まれないという問題が発生しており、現在調査中です。なお、macOS 10.14 Mojave では回避策が見つかっています。

次の問題が発生する可能性があります。

  • LUNA の起動時、プラグインをスキャンすると eLicenser エラーが表示される。
  • eLicenser プラグインが原因で、LUNA がクラッシュしたり、起動時に固まってしまう。
  • eLicenser プラグインをセッション上で起動した時に、LUNA がクラッシュする。

注 : macOS Mojave では、eLicenser に紐づいたプラグインが LUNA に正常に読み込まれます。設定方法については、本記事の後半に記載します。

macOS 10.15 Catalina での LUNA eLicenser の問題

eLicenser に紐づいた AU プラグインは、macOS Catalina では LUNA に読み込むことができません。eLicenser の一部である Synsopos に対して、macOS の [システム環境設定] > [セキュリティとプライバシー] > [プライバシー] > [オートメーション] からアクセスすることができないため、現時点では eLicenser のオートメーションの権限を追加することができません。Universal Audio 社ではこの問題を調査中ですが、現時点では回避策は見つかっていません。

[セキュリティとプライバシー] > [プライバシー] タブの [オートメーション] ウィンドウ

macOS 10.14 Mojave での eLicenser の問題

macOS Mojave では、eLicenser に紐づいた AU プラグインを LUNA に読み込むことができます。LUNA を初めて起動する時、プラグインの場所がスキャンされます。下の画像が表示されたら [OK] をクリックし、Synsopos にオートメーションアクセスできるようにしてください。


[OK] をクリックして、Synsoposへのアクセスを許可します

[セキュリティとプライバシー] の [プライバシー] タブにある [オートメーション] で Synsopos の設定を行います

上記の Synsopos を許可する手順を省略した場合、LUNA に eLicenser プラグインを読み込もうとすると、画面に次のエラーが表示されます。このエラーが発生した場合、以下の手順に従って、eLicenser Control のオートメーション権限を手動で LUNA に許可できます。

Synsopos のオートメーション権限を手動で LUNA に許可する手順

  1. (画面左上のアップルメニューから)[システム環境設定] > [セキュリティとプライバシー] > [プライバシー] タブを開きます。
  2. プライバシータブの左側の列にある、[オートメーション] をクリックします。
  3. (ウィンドウの左下にある)ロックアイコンをクリックして認証し、システム変更を許可します。
  4. 右側のエリアで、LUNA の下の「Synsopos」の横にあるチェックボックスをオンにして、オートメーションアクセスを許可します。
Synsopos が適正に設定されたオートメーション画面
ページトップへ