Hookup,inc.

UNO Synth Pro Editor — 専用エディターでよりディープなコントロールを

製品を登録すると無料で提供される UNO Synth Pro Editor を使えば、Mac / PC から UNO Synth Pro 内部のすべてのパラメーターにアクセスできます。UNO Synth Pro Editor は、スタンドアローン、または AAX / AU / VST プラグインとして動作します(アプリケーション/プラグイン自身がサウンドを生成するものではありません)。Mac / PC と連携することで、より高度なプリセットの作成、プリセットのスムーズな保存/管理が行えます。

*UNO Synth Pro Editor を使用するには、ファームウェア・バージョン 2.0.0 以降が必要です。

UNO Synth Pro Editor for Mac / PC と最新のファームウェアは、IK Product Manager からダウンロード可能です。

アナログ・シンセをデジタル・スタジオに融合

UNO Synth Pro Editor は、スタンドアローン、または AAX / AU / VST プラグインとして動作します。つまり、UNO Synth Pro を普段お使いのバーチャル・インストゥルメントのようにDAW上で操作でき、スムーズにプロジェクトに組み込むことができます(UNO Synth Pro Editor そのものからサウンドは出力されません)。

リサイズ可能なGUIにより、Mac / PC上で動作するソフトウェアの利点を最大限に活用しながら、音色の編集やプリセット管理が行えます。

より快適なサウンド・デザインのために

UNO Synth Pro Editor を使えば、UNO Synth Pro 上のパネルでは即座にコントロールできなかった、多くのパラメーターに簡単にアクセス可能。メニューから選んで表示させる必要があったパラメーターが、ソフトウェア上からすぐにコントロールできるようになります。

例えば、オシレーターについては、FM AMOUNT と GLIDE がそれぞれのセクションに表示されます。エンベロープ・セクションでは、LOOP ボタンにすぐにアクセスでき、エンベロープを使用した複雑なリトリガーを設定しやすくしています。フィルター・セクションでは、各種パラメーターが見やすく配置され、UNO Synth Pro のフィルターのパワーを最大限に引き出すことを可能にしています。

UNO Synth Pro Editor は、各種 DAW 上でプラグインとして動作します。普段お使いのソフト・シンセのように扱うことができますので、リアルなアナログ回路のサウンドをソフトウェアを中心としたDAWのプロジェクトへ、簡単に組み込むことをができます(UNO Synth Pro Editor はあくまでエディターとして動作し、ソフトシンセのようにサウンドを生成しません)。UNO Synth Pro は、エディター側のパラメーターの操作にリアルタイムで反応し、即座に音色が変化します。

Synth / Engine
Synth / Matrix
Synth / Effects
Presets
Global Settings

完璧なプリセット管理

UNO Synth Pro Editor を使えば、膨大な数のプリセットを素早くブラウズ、試聴、検索でき、Mac / PC と UNO Synth PRO の間でプリセットの転送が可能です。

プリセットを自身のカスタム・カテゴリーで管理し、スタイル、ジャンル、日付、セットリストでソートすることも可能。UNO Synth Pro 本体にプリセットを瞬時に追加したり、並べ替えたりすることができます。プリセットを一括して転送できるので、パフォーマンスや現場の状況に合わせて、UNO Synth Pro をすぐにスタンバイしたい時に便利です。

他のMIDI機器との統合も簡単に

UNO Synth Pro Editor を使えば、UNO Synth Pro を普段お使いの MIDI 機器と組み合わせて使用するための設定も簡単に行うことができます。Global Settings メニューに用意された MIDI マッピング機能を使えば、MIDI 端子、USB 端子経由の MIDI 信号のルーティングを柔軟にアサインすることができるので、UNO Synth Pro を MIDI コントローラー、MIDI インターフェイスとして使用することも可能です。

より柔軟な制作環境構築のために

UNO Synth Pro Editor と UNO Synth Pro を組み合わせることで、ソフトウェアならではの利便性と柔軟性、そして本物のアナログ・シンセの重厚なサウンドを共存させることができます。UNO Synth Pro Editor を使用すれば、驚くほどスムーズにアナログ・シンセを組み込んだ制作環境を構築できるでしょう。

ページトップへ