すべてを備えた音楽制作ステーションで、いつでも、どこでも、創作活動を

音楽制作に必要な機能すべてを1台に凝縮したコントローラー

iRig® Keys I/O シリーズは、伝統的なコントローラーの概念を進化させます。25鍵または49鍵のフル・サイズ鍵盤、最高 96 kHz のサンプリング・レートに対応した 24-bit のプロ仕様のオーディオ・インターフェイス、ステレオ・バランス出力端子、ヘッドフォン出力端子、そして、ラインやマイク、楽器を接続するファンタム電源対応のモノラル・コンボ入力端子など、音楽制作に必要な機能すべてを1台に凝縮した、市場唯一のコントローラーです。ホスト機器とケーブル1本でプラグ&プレイ接続できますから、セットアップも簡単。多機能ながらも極めてコンパクトなサイズは、持ち運びにも便利です。

iRig Keys I/O は、オーディオ・インターフェイス機能だけでなく、ベロシティ対応マルチカラー・パッド、コントロール・チェンジを設定可能なタッチ・センシティブのスライダーや、ボタン、ノブも備えており、表現豊かなパフォーマンスや素早いデータ入力をサポートしてくれます。

しかも、市場最小クラスのフル・サイズ鍵盤でもある iRig Keys I/O 25 と iRig Keys I/O 49 は、限られたスペースでの作業や持ち運びにも便利な、コンパクトかつ軽量なボディを誇ります。単3乾電池での電源供給も可能ですから、モバイル・ユースに最適です。

Apple MFi 準拠のキーボード・コントローラーでもある iRig Keys I/O は、iOS 4.3 以降がインストールされたすべての iOS 機器に対応しています。まさに "Made for iPod、iPhone、iPad"。ヘッドフォン出力端子を備えていない iPhone 7 以降のデバイスでも、キーボードとオーディオ入力、さらにはオーディオ出力までもが同時にご利用いただけるのです。Apple iOS 機器用には Lightning 接続ケーブル、Mac / PC 用にはUSB接続ケーブルが同梱されており、箱から出したらすぐにプラグ&プレイでお使いいただけます。

さらには、サウンド&グルーヴ・ワークステーションの SampleTank 4 SE のフル・バージョン、オーケストラ音源 Miroslav Philharmonik 2 CE* 、ビンテージ・シンセ音源 Syntronik Pro-V 、ミキシング / マスタリング用プラグイン・スイートの T-RackS 4 Deluxe など、日本円にして総額約77,000円(iRig Keys I/O 25)/ 約97,000円(iRig Keys I/O 49)相当のIKソフトウェア / モバイル・アプリが付属しています。まさに究極の音楽制作ステーションと言えるでしょう。

オーディオ・インターフェイスも備えた唯一のコントローラー

iRig Keys I/O は、最高 24-bit / 96 kHz の高品位なプロ仕様のオーディオ・インターフェイス機能を内蔵しており、他の競合製品と比較して多くのアドバンテージを有しています。1台に必要な機能すべてが凝縮されていますから、作業スペースが限られたスタジオでの設置、ライヴ会場への搬入からセッティング、そして演奏旅行のお供など、持ち運びが容易な上に省スペースで、しかもセットアップも素早く行うことができるのです。

レコーディング・スタジオでは、必要なすべてをこのキーボード・コントローラーに接続することができます。電池駆動に対応した48Vファンタム電源内蔵のクラスAのプリアンプを搭載していますから、ダイナミック・マイクであろうと、コンデンサー・マイクであろうと、お好きなマイクを接続可能です。もちろん、シンセなどの電子楽器のライン出力や、ギター / ベースなどのHi-Z出力も接続することもできます。内蔵のヘッドフォン出力端子は、創作に集中したい時や練習時に、便利にお使いいただけることでしょう。ステレオのバランス出力も備えていますから、ライブ会場などで長いケーブルを使ってPAシステムやミキサーに接続することもできます。とくにキーボード・プレイヤーやDJの方にとって便利な機能と言えるでしょう。

このように、iRig Keys I/O は、スタジオでもライブ・パフォーマンスでも、あらゆる環境において活躍してくれる、理想的なクリエイティブ・ステーションなのです。しかもそのお手頃価格は、競合製品を寄せつけることはないでしょう。

タッチ・センシティブなコントロール機能

iRig Keys I/O は、極めてコンパクトなそのサイズにも関わらず充実したコントローラー機能を備えており、表現豊かでドラマティックなパフォーマンスをサポートしてくれます。ボリューム / データ用のプッシュ・ノブ1つと、2バンクの切り替えが可能な4つのタッチ・センシティブ・ノブ(8つで1セットのコントロールとして動作可)、8つのベロシティ対応マルチカラー・パッドも備えています。加えて、2つのタッチ・コントロール・ストリップ(初期設定ではピッチ・ベンドとモジュレーションとして機能)も備えています。いずれのコントロールもMIDIコントロール・チェンジを自由に設定可能です。そしてタッチ・センシティブのトランスポート / ボタン・コントロールが、コントローラーとしての機能をさらにパワー・アップしてくれます。

ノブ、スライダー、ボタン。いずれの機能も、コントロールに触れるだけでそのパラメータ値が即座にフロント・パネルのLEDディスプレイに表示されます。静電容量技術に基づくこれらのコントローラー群は、素早いレスポンスとフィードバックを誇ります。

モバイルでも、コンピュータでもパーフェクトなソリューション

iRig Keys I/O 25
iRig Keys I/O 25 リアパネル
iRig Keys I/O 49
iRig Keys I/O 49 リアパネル

iRig Keys I/O は、iOS モバイル機器、ラップトップやデスクトップ・タイプのコンピュータと、接続するホスト機器を問わずにお使いいただけます。MFi 準拠の iRig Keys I/O は Lightning ケーブル1本だけで iPhone や iPad と接続することができ、音楽制作に必要な入出力端子とコントロール機能がすべてご利用いただけます。しかも、他に類を見ない独自機能として、別売の電源アダプター iRig PSU 3A 使用時には、iOS 機器への充電も可能なのです。長いセッションでもバッテリー切れの心配は入りません。ヘッドフォン出力端子を備えていない最新世代の iPhone にとっては、まさに理想的な音楽制作ステーションと言えるでしょう。

単3乾電池4本での動作も可能で、USBポートからの給電が十分でないラップトップ・コンピュータでのご利用時に便利です。モバイル環境でも、デスクトップ環境でも、iRig Keys I/O 1台で対応することが可能です。自宅、スタジオ、屋外、ライブ会場。いつでも、どこでも、きっと大活躍してくれることでしょう。

省スペースのモバイル・コントローラー

競合製品より30%(25鍵)もしくは50%(49鍵)も小さな iRig Keys I/O は、市場で最小クラスのコントローラーです(しかもオーディオ・インターフェイスの設置スペースも節約できるのです)。スタジオのデスク上やベッドルーム・スタジオなど、スペースの限られた作業空間での設置にその利点を大きく発揮してくれるでしょう。

iRig Keys I/O は、スタジオからスタジオへ、忙しくあちこち飛び回るミュージシャンにも最適な製品です。市場最小クラスのコンパクト・サイズに加え、最軽量の競合製品よりも、なんと25%も軽いのです。25鍵用、49鍵用のトラベル・バッグ(別売)もご用意しています。

プロ仕様のソフトウェアの数々

多くの競合製品では機能が限定されたライト・バージョンのソフトウェアやアプリが付属するのが通例ですが、iRig Keys I/O は違います。プロ・スペックのソフトウェアやアプリが付属しているのです。Mac / PC 用としては、サウンド&グルーヴ・ワークステーションの SampleTank 4 SE のフル・バージョン、オーケストラ音源、Miroslav Philharmonik 2 CE* 、ビンテージ・シンセ音源、Syntronik Pro-V 、ミキシング / マスタリング用プラグイン・スイートの T-RackS 4 Deluxe などが、製品のユーザー登録後、IK アカウントに提供されます。すなわち、13の高品位なプラグイン(バーチャル・インストゥルメント3種類、ダイナミクス / EQプラグイン10種類)と総計43GB以上、5,000種類ものサウンドが付属しているというわけです。

iPhone / iPad 用のアプリとしては、SampleTank、Syntronik Pro-V、Philharmonik Mobile Edition* の機能制限の解除が可能になります。これらを合わせると、日本円にして、なんと総額約77,000円(iRig Keys I/O 25)/ 約97,000円(iRig Keys I/O 49)相当!Mac / PC でも iOS でも、GarageBand を始めとするさまざまなDAWと併せてお使いいただけます。しかも、さまざまな音楽ジャンルでお使いいただける、アコースティックから、エレクトリック、エレクトロニックに至るまでの幅広いサウンドを網羅しています。

* Miroslav Philharmonik2 CE for Mac / PC および Miroslav Philharmonik Mobile Edition collection for iOS は、iRig Keys I/O 49 にのみ付属します。iRig Keys I/O 25 には付属しません。

DAWとプラグ&プレイ接続

iRig Keys I/O は、Ableton Live、Studio One、GarageBand、そして Logic といったデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)とプラグ&プレイでお使いいただけるソリューションです。ホスト・コンピュータとの接続はUSBケーブル1本。接続や複数の周辺機器の設定にかかる余計な時間から解放され、よりクリエイティブな時間に没頭してください。

Logic Pro X、GarageBand のコントロールに完全対応

iRig Keys I/O シリーズは、Mac 用DAWソフトウェア Logic Pro X、GarageBand に完全対応しています。

専用のコントロール・サーフィス・プラグインをインストールすると、iRig Keys I/O シリーズから Logic Pro X、GarageBand を直接コントロール可能です。

コントロール・サーフィス・プラグインは、User Area の My Products ページからダウンロードできます(iRig Keys I/O シリーズの製品登録が必要です)。

専用のグースネック・マイク

マイクを使った録音が多いなら、iRig Keys I/O に最適な iRig Keys I/O Mic(別売)のご用意もございます。このグースネック・コンデンサー・マイクは、IK Multimedia のすべてのXLR対応インターフェイスでお使いいただけます。

iRig Keys I/O Mic 最大の特徴は、接続から録音まで、簡単かつスムーズにセットアップができるという点です。マイクを接続してケーブルを取り回し、スタンドを用意しセッティングする必要がないので、フットワーク軽く録音が行えます。

iRig Keys I/O Mic は、周波数特性:100 Hz 〜 15 kHz(-3 dB)、130 dB SPL の入力音圧レベルに対応し、ポータビリティーだけでなくマイクとしての機能も十分です。iRig Keys I/O とセットで用意しておけば、外出先でもさまざまな状況に対応することができるでしょう。

専用のトラベル・バッグ

外出時は、別売の専用トラベル・バッグ iRig Keys I/O 25 Travel Bag / iRig Keys I/O 49 Travel Bag をご利用ください。100%ポリエステル、iRig Keys I/O ロゴ・ステッチ入り、小物を入れるのに便利なポーチ部分、調節可能なストラップなど、持ち運びが安全かつスマートに行えます。

iRig Keys I/O 25 Travel Bag
iRig Keys I/O 49 Travel Bag

主な特徴

  • iPhone / iPad および Mac / PC に対応し、最高 24-bit / 96 kHz のオーディオ・インターフェイス機能も内蔵した、コンパクト・サイズながらもオール・イン・ワンのMIDIキーボード・コントローラー。
  • シンセ・アクションのベロシティ対応フル・サイズ鍵盤を備えた49鍵、または25鍵の2機種をご用意。
  • スマートでエレガントなデザインの極めてコンパクトなボディ。
  • いつでも、どこでも、持ち運びが可能。
  • Apple MFi(Made for iPhone and iPad)準拠、Lightning ケーブルも同梱。
  • モバイル機器用のスタンドも同梱。
  • いずれもカスタマイズ可能な、2つスライダー・ストリップ(初期設定はピッチ・ベンドとモジュレーション)、5つのタッチ・センシティブ・ノブ、8つのベロシティ対応マルチカラー・パッドを装備。
  • Neutrik® コンボ入力端子を装備し、ライン、楽器、マイクロフォンを接続可能(モノラル)。
  • オン / オフ可能な48Vファンタム電源を搭載。
  • ステレオのバランス出力とヘッドフォン出力端子を装備。
  • USBバス・パワー、単3乾電池4本、別売の電源アダプタ(iOS 機器への給電も可能)など、3種類の電源供給に対応。
  • バーチャル・インストゥルメント、オーディオ・プロセッサーなど、総額約77,000円(iRig Keys I/O 25)/ 約97,000円(iRig Keys I/O 49)相当のプロ仕様ソフトウェア / モバイル・アプリが付属(製品のユーザー登録が必要)。

仕様 / 動作条件

製品仕様についての詳細はこちらのページをご参照ください(メーカーサイトへ移動します)。

IK Multimedia 製品のサポートについて

IK Multimedia 製品に関するサポートは IK Multimedia 社が行います。
こちらのリンク先ページよりお問い合わせください。

IK Multimedia 社の Facebook では使い方のヒントやTipsが掲載されています。
こちらよりご参照ください。

ビデオ

さらなるビデオはこちらへ(メーカーサイトへ移動します)

ページトップへ