高い人気を得たギター用モバイル・オーディオ・ インターフェイスの後継機種

世界観をまったく変えてしまうほどの革新的なパワーを秘めた何かを、さらに進化させるとどうなるでしょうか?iRig 2 がその答えです。

2010年、ギタリストやベーシストが、iPhone にギターやベースを接続し、IK AmpliTube や Apple GarageBand など、数多くの音楽アプリを使って、いつでもどこでも好きなときに演奏したり、練習したり、レコーディングしたりすることを実現したのが初代 iRig でした。

iRig 2 は、この市場で最も高い人気を得てきたギター用モバイル・オーディオ・インターフェイス、iRig の後継機種です。使いやすさはそのままに、入力ゲイン調整用ダイヤル、アンプ接続用の1/4インチ標準アウト端子の新機能など、コンパクトなボディに多くの機能が凝縮されています。

iPhone、iPad、iPod touch、2008年から2013年にかけて発売されたほとんどの Mac など、お使いのデバイスが何であろうと、モバイル・オーディオ・インターフェイスの代名詞、しかも新しく進化を遂げたこの iRig 2 を使って、ギターやベースをモバイル機器に接続することができるのです。

幅広い機種にプラグ&プレイで対応

もし、オリジナルの iRig を気に入っていただいていたのであれば、きっと iRig 2 もお気に召していただけるに違いありません。iRig 2 では、入力ゲインを調整するダイヤルが新しく装備されています。iPhone、iPad、iPod touch、2008年から2013年にかけて発売されたほとんどの Mac に至るまで、本当の意味でのプラグ&プレイを実現しているのです。

新しく装備された入力ゲイン調整用ダイヤルにより、デバイスごとに異なる入力レベルや、アクティブ、ハムバッカー、シングル・コイル、ピエゾなど、ギターやベースのピックアップにあわせて最適なゲインに調整可能なので、ノイズ、フィードバックが最小となるポイントを容易に見つけることができるでしょう。

1/4インチの入力端子は、ハイ・インピーダンスのギター、ベースだけでなく、エレピ、オルガンなどライン・レベルの楽器に対応しています。いつもアンプやエフェクターへの接続に使っているシールド(1/4インチの標準ケーブル)で接続してください。簡単ですね?

コンパクトなボディに機能を凝縮

iRig 2 をステージでご使用になることをお考えですか?iRig にも装備されていたヘッドフォン出力用のステレオ・ミニ端子に加え、iRig 2 では1/4インチ標準プラグの出力端子が新たに追加され、余計なアダプターなど必要なく、ギター・アンプに直接接続できるのです。

このアンプ接続用出力端子が追加されたことで、IK のギター、ベース用のエフェクト&アンプ・モデリング・アプリ、 AmpliTube for iOS を、練習からライブ・ステージまで、さらに活用できるようになったのです。AmpliTube には、ビンテージのストンプ・エフェクトやアンプを丁寧にモデリングしたギアの膨大なライブラリーが用意されています。こうしたバーチャルなモデリング・ギアを、すでにお持ちのストンプ・エフェクトやアンプと一緒に、ライブ・ステージでご使用できます。もちろん、1/8インチのヘッドフォン端子にヘッドフォンを接続して、練習にもお使いいただけます。

iRig 2 には新しく FX / THRU 切り替えスイッチも装備されており、AmpliTube を通したエフェクト・サウンドとバイパス・サウンドを切り替えて演奏可能です。例えば、モバイル機器をチューナーやレコーダーとして使用し、エフェクトは物理的に接続したストンプ・エフェクトやアンプで処理、などという使い方も可能です。

さらに、付属のマジック・テープを装着し、iRig 2 マイク・スタンドに設置できる取り外し可能なスロットが装備され、ステージ上での使い勝手も向上しています。幅広い機種のスマートフォンやタブレットに対応した iKlip Xpand や iKlip Xpand Mini と組み合わせれば、向かうところ敵無し、といったところでしょう。

ギターやベースのサウンドをリアルに再現

iRig 2 には AmpliTube for iOSAmpliTube for Mac / PC など、幅広いプラットフォームに対応した、人気No. 1ギター・エフェクト&アンプ・モデリング・アプリ、IK AmpliTube シリーズの無償版が付属しています。ご購入後、箱から出したらすぐにお使いいただけます。

iOS デバイスなら App Store から AmpliTube FREE をダウンロードしてください。ギターやベースを iRig 2 に接続し、iRig 2 の出力端子にヘッドフォンやアンプを接続するだけで、すぐに演奏を始めることができるのです。

お使いの機種が何であれ、AmpliTube アプリの画面には、アンプやストンプ・エフェクトなど、見慣れたギター/ベース用の機材が表示されます。画面上部には「ナビゲート・バー」が表示されており、ギター/ベースのオーディオ信号の流れ全体を見渡すことが可能です。さらに、アプリ内課金機能で拡張可能なマルチ・トラック録音/編集機能や、高精細なチューナー機能、練習に便利なメトロノーム機能など、さまざまな機能も備えています。

AmpliTube が iRig 2 のベスト・パートナーであることは言うまでもありませんが、もちろん、Apple GarageBand など、どんなレコーディング・アプリや音楽アプリであっても、そのオーディオ入力デバイスとして、iRig 2 をお使いいただけます。

主な特徴

  • 高い人気を得た iRig インターフェイスの後継モデル
  • ギター、ベース、電子楽器などを接続可能な1/4インチ入力端子
  • 外部アンプに直接接続可能な1/4インチ出力端子
  • iPhone、iPad、iPod touch、Mac などと接続するための1/8インチ4極ミニプラグ
  • 1/8インチ・ステレオ・ヘッドフォン出力端子
  • コンパクトで軽量な筐体
  • FXモードとTHRUモードを切り替え可能なスイッチ
  • 入力レベルを調節可能なゲイン・コントロール
  • マイク・スタンド取り付け用のマジック・テープなどが付属
  • AmpliTube CS for iOS など、IK のアプリ / ソフトウェアが付属

仕様 / 動作条件

製品仕様についての詳細はこちらのページをご参照ください(メーカーサイトへ移動します)。

IK Multimedia 製品のサポートについて

IK Multimedia 製品に関するサポートは IK Multimedia 社が行います。
こちらのリンク先ページよりお問い合わせください。

IK Multimedia 社の Facebook では使い方のヒントやTipsが掲載されています。
こちらよりご参照ください。

ビデオ

さらなるビデオはこちらへ(メーカーサイトへ移動します)

ページトップへ