本物のサウンドを録るためのレコーディング・ギア

ギタリスト必携のコンパクトなプレミアム・インターフェイス

「ギタリストのために」というコンセプトのもとに開発された AXE I/O(2 IN/5 OUT)は、リリース以後多くのギタリストの間で話題となりました。AXE I/O SOLO(2 IN/3 OUT)は、AXE I/O の仕様をコンパクトな筐体、お求めやすい価格に凝縮した、コンパクトなプレミアム・インターフェイスです。

AXE I/O SOLO は、IK の20年に渡るアナログモデリングとハードウェアの研究に基づいて開発されており、ギターの録音をこれまでになく素早く簡単に、そしてハイクオリティーなものへと進化させます。

ギターのために考え抜かれた究極のチャンネル

AXE I/O SOLO には3種のサーキット・トポロジーが搭載されています。これにより、あらゆる種類のギター、ピックアップ、演奏スタイルに合う最適なサウンドが得られます。

ピックアップの選択

  • PASSIVE
    パッシブ・ピックアップからの入力を最高のトーンで増幅する回路です。低出力のビンテージ・ピックアップから、最新のハムバッカーまで対応します。
  • ACTIVE
    アクティブ・ピックアップを使用する場合に、不要なゲインステージをバイパスすることで、ダイレクトでクリーンなサウンドが得られます。

モードの選択

  • JFET
    わずかな倍音を付加するクラスAのディスクリートJFETモードです。 ミッドレンジにあたたかみが加わります。
  • PURE
    色付けのない、完全に透明で正確なサウンドです。

AXE I/O SOLO は、入力インピーダンスを連続的に調整できることで話題となった AXE I/O と同じ Z-TONE™ 回路を搭載しており、入力インピーダンスを 2.2 kΩ(BOLD)から 1MΩ(SHARP)の間で調整可能です。

インピーダンス値を大きくすると(SHARP側に回すと)よりシャープで切れ味の良いサウンドに、小さくすると(BOLD側に回すと)より柔らかく太いサウンドになります。

ギターサウンドをさらに魅力的にするキャラクターのコントロールが、ノブを回すだけで簡単に行えます。わずか数分試すだけで、ミックスにピッタリと合うサウンドを得ることができ、録音後にEQで試行錯誤する時間を大幅に節約することができるでしょう。

ピュアで透明なマイクプリアンプ

マイクを使用したレコーディングにおいても、AXE I/O SOLO の透明なクラスAマイクプリアンプが真価を発揮します。

超低ノイズフロアを実現した設計により、ささやくような繊細なボーカルから大音量のギター・アンプまで、5 Hz - 32 kHz ± 0.5 dB(@ 96 kHz)とワイドかつフラットな周波数特性にて収録可能です。

24-bit、192 kHz 対応の高品位な A/D D/A コンバーター、超低ジッター・クロックの高品位なアシンクロナスUSBオーディオ・インターフェイスとしても、価格を超えた品質を実感していただけるでしょう。

リアンプも驚くほど簡単に

アンプとストンプのサウンドを決めてギターをレコーディングした後、ミックス段階でアンプ、ストンプのサウンドを再調整したくなることはよくあることです。そこで、クリーンなギターサウンドもレコーディングしておき、そのトラックをミックス時にアンプ、ストンプで再度処理するリアンプ処理を行う人が増えていますが、その場合、リバースDIボックス、ハム・ノイズを防ぐためのグラウンド・ループ・インタラプタなどが必要でした。

AXE I/O SOLO を使用したリアンプは簡単です。フロントパネルの INPUT 1 から Z-TONE サーキットを通して入力されたクリーン・トーンのギターをそのままレコーディングしてください。そして、AMP OUT からアンプに接続し、アンプ前に設置したマイクロフォンをリアパネルの INPUT 2(XLR/標準コンボ入力)に接続すればリアンプされた音色をレコーディング可能です。AMP OUT をストンプ・ボックスに接続し、そのアウトプットをフロントパネルの INPUT の入力すれば、ミックス時にハードウェア・エフェクターで実験を重ねることもできます。AXE I/O Control Panel ソフトウェアでは AMP OUT のグランド・リフトも選択できるので、アンプ接続時のグランド・ループもクリックひとつで回避することができます。

最高品位のオーディオ・インターフェイスをすべての人へ

AXE I/O SOLO のサウンドのクオリティは、コンパクトながら、AXE I/O と同様のスペックを誇ります。117 dB のダイナミックレンジ、3 Hz - 32 kHz の周波数特性、2.2kΩ から 1MΩ まで連続的に調整できる入力インピーダンス等、他の同価格帯のオーディオ・インターフェイスに見られる仕様ではありません。演奏を正確に捉えるため、そしてあなたのサウンドを純粋で透明にするために、妥協のない仕様となっています。

AXE I/O SOLO は、マスター出力とヘッドフォン出力の音量を個別に調整可能です。また、MONITOR ノブにてゼロレイテンシーのダイレクトモニターとDAW経由の音をミックスすることもできます。

AXE I/O SOLO は、最大 24-bit / 192 kHz の高解像度、安定した超低ジッターの内部クロックにより、極めて透明なサウンドをキャプチャーします。クリーンなギターサウンドだけでなく、ボーカル、アコースティック楽器からアンプを通した音まで、最高の品質で録音できるのです。

本格的アナログ・スタジオを構築するソフトウェアをバンドル

AXE I/O SOLO には、総額€1,000以上に相当するソフトウェア、プラグインがバンドルされているので、レコーディング、ミキシング、マスタリングをすぐにお楽しみいただけます。

AmpliTube 4 Deluxe は、140機種を超えるギア・モデルを搭載する、Mac / PC 対応のギター / ベース・エフェクト&アンプ・モデリング・ソフトウェアです。超リアルな、アナログのふるまい同様のギター&ベース・アンプ、キャビネット、ストンプ・エフェクト、マイクが収録されています。

収録ギア:

  • 33種のストンプボックス:アコースティック・シミュレーター、コーラス、フランジャー、オプト・トレモロ、ディレイ、ワウ、ダイオード・オーバードライブ、コンプレッサー、グラフィックEQなど
  • 25種のアンプ:American Tube Clean 1、British Tube Lead 1、Solid State Bass Preamp、Jazz Amp 120、リファインされた Classic British アンプなど
  • 29種のキャビネット:4x12 Brit 8000、4x12 Brit 9000、4x12 Red Pig、4x12 Brit Silver、4x10 Open Vintage、2x12 Closed Vintage、4x12 Closed Vintage 1 など
  • 29種のヴィンテージ&モダンな個別スピーカー・モデル
  • 12種のマイク:Double Dynamic 57、Dynamic 57、Condenser 414、Condenser 87 など
  • 15種類のラック・エフェクト:デジタル・ディレイ、パラメトリックEQ、ロータリー・スピーカーなど
  • 2つのチューナー:UltraTuner とクロマチック・ラック・チューナー

T-RackS 5 から厳選された、10種類の人気プロセッサーもバンドルされています。

収録ギア:

さらに、Ableton Live 10 Lite がバンドルされていますので、作曲やオーディオの録音に必要な楽曲制作ソフトウェアまでもが一度に揃います。

主な特徴

  • 2 IN / 3 OUT のUSBオーディオ・インターフェイス
  • ACTIVE / PASSIVE ピックアップ切り替えスイッチ
  • JFET / PURE モード切り替えスイッチ
  • 入力インピーダンスを連続的に調整可能な Z-TONE
  • グランド・リフト可能な AMP OUT 端子
  • 高解像度のクラスAマイク・プリアンプ
  • 24-bit / 192 kHz 対応
  • 広レンジを再現する周波数特定
  • クラス最高レベルの A/D D/Aと優れたアナログ回路設計
  • 繊細なボーカルから大音量ギターにも対応する超低ノイズフロア
  • デザインから製造まで一貫してメイド・イン・イタリー

仕様 / 動作条件

サイズ

  • 寸法:19.5 cm x 19.5 cm x 5.3 cm
  • 重量:1.0 kg

内容品

  • AXE I/O SOLO 本体
  • USB A to USB B ケーブル(1.5 m)

動作条件

  • macOS 10.11 以降(64ビット)、もしくは Windows 7 以降(64ビット)
  • 空きUSBポート

製品仕様についての詳細はこちらのページをご参照ください(メーカーサイトへ移動します)。

IK Multimedia 製品のサポートについて

IK Multimedia 製品に関するサポートは IK Multimedia 社が行います。
こちらのリンク先ページよりお問い合わせください。

IK Multimedia 社の Facebook では使い方のヒントやTipsが掲載されています。
こちらよりご参照ください。

ページトップへ