主な特長

QCon Pro X は、9基のフルサイズのタッチセンシティブモーターフェーダー、8つのデュアルファンクションエンコーダー、大型のバックライト付きLCDディスプレイ、LEDレベルメーター、ジョグホイール、プロジェクトの時間位置を示す7セグメントLED、そして多くのスイッチを搭載したUSB2.0接続の強力なコントロールサーフェスです。

オンザフライでトラックの音量、パン、ミュート、ソロを制御でき、トランスポートセクションでは、簡単に再生、停止、早送り、巻き戻し、録音、ループ、ズーム、パンチイン、パンチアウトが可能です。また、ジョグホイールによってトラックをスクラブし、素早く目的とするエリアにアクセスしたり、専用ボタンを使って一度に8つのトラックごとにバンク移動することで、ミックス全体に素早くアクセスすることができます。

QCon Pro X は、Cubase、Nuendo、Samplitude、Logic Pro、PerStudio One、Bitwig、Reason、Ableton Live といったDAWには Mackie Control プロトコルで対応し、Pro Tools とは Mackie HUI プロトコルで対応します。

主な仕様

  • 10ビットの解像度を持つタッチセンス付きモーターライズドチャンネルフェーダー8基とモーターライズドマスターフェーダー1基を搭載
  • 各チャンネル(モノ)とマスターチャンネル(ステレオ)のレベルメーター用に装備された12セグメントLEDレベルメーターブリッジ
  • 各チャンネルに搭載されたデュアルファンクション(回す/押す)ロータリーエンコーダーノブ
  • 各チャンネルに搭載されたノブの回転位置を示す周辺のマルチカラーLED(Cubase)
  • バックライト付き液晶LCDディスプレイを搭載
    (下側LCDはチャンネル名、上側LCDは各チャンネルの異なる制御パラメーターを表示)
  • SMPTE / BBT フォーマットでプロジェクトの時間位置を示す7セグメントLEDディスプレイ
  • 1基の高速サーチおよびコントロール用のジョグホイールシャトル
  • 各チャンネルに搭載されたミュート、ソロ、セレクト、レコードアームを含む自照式ボタン
  • 再生、停止、録音、巻戻し、早送り、ループを含む、自照式トランスポートボタン
  • 4つの方向キーを備えた自照式ズームボタン
  • 割り当て可能な自照式 MIDI 機能ボタン9個
  • 各チャンネルを簡単に選択できる2つの自照式トラックボタン
  • 8チャンネルごとに切り替える2つの自照式バンクボタン
  • フットスイッチやペダルを接続できる1/4インチジャック
  • オプション拡張モジュール Qcon Pro XS を最大3台使用することにより、合計32チャンネルまで拡張可能
  • Cubase、Nuendo、Samplitude、Logic Pro、Abelton Live、Reaper、Reason、Studio One、Bitwig 用の Mackie コントロールプロトコル内蔵
  • Pro Tools 用の Mackie HUI プロトコル内蔵
  • DAW 自動検出モードまたは DAW 手動選択モード用のハードウェアスイッチ
  • 各種DAW用のオーバーレイが付属
  • 同梱の iCON クイックセットアップドライバーにより Cubase、Nuendo、Reasons、Bitwig のプラグアンドプレイ接続への対応
  • MIDI機能を簡単にマッピングできる iMap ソフトウェアが付属
  • Kensington ロックポートも搭載した堅牢な筐体
  • 12V/2.5A 電源アダプター付属
  • USB 2.0 ケーブル付属
  • 外形寸法:473 x 416 x 188 mm
  • 重量:6 kg
  • 対応OS:
    Windows 7 以降
    Mac OS 10.8 以降
    クラスコンプライアント

DAWのバージョンによっては、すべてのパラメーターが扱えるわけではありません。

仕様は予告なく変更となる場合があります。

ページトップへ