Hookup,inc.

製品概要

Carl Martin Ottawaは、かつてVintage Seriesでも人気を博したClassic Optical Envelope を元に小型化したオプティカル・エンヴェロープ・フィルター、いわゆるオートワウです。

Classic Optical Envelope の時には2つのフットスイッチで ハイパス/バンドパス/ローパスフィルターの切り替えをフットスイッチで行っていましたが、Sシリーズに小型化することでピンスイッチに変更されています。
またコントロール部はトーンコントロール、レベル、周波数を可変する「Q」に加え、今回から新たに加わった「Attack」により、ピッキングに対する感度を調整することができます。

オートワウである Ottawa はワウペダルを踏んだり、手動で周波数を調整したりすることなく、ピッキングのアタックの強弱でワウペダルのサウンドを模倣するエンベロープフィルターです。
このサイケデリックなサウンドは60年代、70年代のディスコサウンドやこのユニークなサウンドを必要とするその他の音楽に興味がなくとも、ソロやリズムワークに最適なペダルですので、ぜひ一度弾いてもらいたい。

ハイ、バンド、ローパスフィルター、帯域幅とアタックの調整、レベルとトーンの3つのコントロールがあり、これらを可変させてよりユニークなオリジナルサウンドを見つけ出すことができるはずです。

製品仕様

■Tone

OTTAWAのトーンノブは、ハイカットフィルターです。
ノブを時計回りに回し切る設定にすると、周波数の全帯域幅を楽しむことができるます。

ノブを反時計回りに回すと、高周波数がフィルターでカットされていきます。

OTTAWAでは、トーンコントロールはアタックコントロールと相互に作用するため、アタックを調整するときに、最適なトーンを実現するためにトーンコントロールを「微調整」する必要がある場合があります。

■Attack

アタックノブは、OTTAWAの演奏スタイルに合わせて感度を調整します。

エフェクトはタッチセンシティブなので、OTTAWAのエフェクト効果がストリングスへのアタックに反応することがわかります…。
柔らかく弾くときの柔らかく暗いワウから、よりアグレッシブになるときのよりダイナミックでドラマチックなワウ(より高いピッチ)まで効果が得られます。

アタックノブを使用することで、個人的なプレイスタイルに対してエフェクトの感度を調整できるのです。
コントロールは、反時計回りの効果なしから時計回りに振り切った設定で完全な感度になります。

■Level

レベルノブは、OTTAWAの全体的なレベルを調整します。
このノブを調整することにより、バイパス時の信号とエフェクト時の信号の音量をそろえたり、異なる音量に設定することができます。

■Q

Qノブは、OTTAWAの帯域幅を調整します。

反時計回りに完全に戻した状態で使用すると、帯域幅が非常に広くなり、柔らかく、丸く、暖かいワウ効果が得られます。

時計回りに回すと、その逆になります。帯域幅は非常に狭く、シャープなサウンドを提供します。

Qノブの設定は、アタックノブとトーンノブの両方と相互作用します。OTTAWAのサウンドはアタックとトーンで最適なセッティングを作り、設定によってはレベルも調整して全体のキャラクターを調整する必要があります。

イメージ

ページトップへ