Rupert Neve 氏が携わる世界初のマイク

レコーディング業界のレジェンドによるカスタムトランスとディスクリート回路 - RNR1 は、類を見ない最高峰のリボンマイクです。

リボンマイクは長きにわたり、その「ナチュラル」なサウンドが重宝されています。前に出すぎず、派手すぎず、ミッドレンジの美味しさを余すことなくキャプチャーし、多くの場合ミックスにうまく収まってくれます。

一般に言われる弱点として、物理的な繊細さが思い浮かびますが、試行錯誤の上、より堅牢で信頼性の高い素材をもってその点はすでに克服されています。しかし主要なネガティブポイントは、その特徴的な設計ゆえに高域がロールオフしてしまうところにあります - そこでレコーディングコンソールの父・Rupert Neve 氏が立ち上がりました。

トランスフォーマー

オーディオトランスフォーマーの設計において、Rupert 氏の右に出る者がいないということは説明不要でしょう。そしてリボンマイクは他の何よりもトランスが重要とされます。これは、リボンとアウトプットの間に入るトランスが大規模なインピーダンス変換を行う必要があるためです。

RNR1 では、Rupert 氏が設計を行ったふたつのカスタムトランスがリボンと外界とのバッファー役を果たします。これらトランス間の回路は極めてワイドな周波数レスポンスを維持し、リボンの自然とロールオフしていく性質を補い、高域成分を保持します。

リボン

RNR1 の開発にあたり、Rupert 氏の要求を満たす特別なリボンを生み出すため、丸1年が費やされました。

開発チームは RNR1 を特別な存在とするべく、手に入るすべての素材を実験した結果、柔軟性と剛性の完璧なバランスを備えた2.5µmのアルミニウムリボンを採用するに至ります。

シェイプ

Photo credit: recordinghacks.com

多くのsEマイクロフォンと同様に、RNR1 もユニークで大胆なデザインへの美学が反映されています。

精巧に仕上げられた波型のエッジは、見た目のインパクトだけに留まりません - リボンが可能な限りベストな周波数レスポンスを得られるよう、音響的にも理想的なセッティングとなるカスタムデザインが施されています。

マット・ブラック・フィニッシュ

マットなブラックフィニッシュにより、美しい照明が映えるステージやスタジオで過度にマイクだけが目立つことを避けます。

カスタム設計のショックマウント

RNR1 には丈夫で取り付けも簡単なカスタム設計のショックマウントが付属しており、マイクスタンドからの振動等、不要な影響を軽減します。

サウンド

ビデオ

仕様

  • 2.5µm アルミニウムリボン
  • 指向性:フィギュア8
  • 周波数特性:20 Hz - 25 kHz
  • インピーダンス:200 Ohms
  • 感度:22.39 mV/Pa (-33 dB)
  • 最大音圧レベル:135 dB (0.5% THD @ 1kHz)
  • S/N比:76 dB
  • セルフノイズ:18 dB (A)
  • パスフィルタースイッチ:100 Hz
  • コネクタ:XLR 3ピン
  • 動作電源:ファンタムパワー 48V
  • 重さ:860g 

仕様は予告なく変更となる場合があります。

アプリケーション・ガイド

ページトップへ