Hookup,inc.

Universal Audio : UAD デバイスの所有権を譲渡する方法

FAQ, 2020/07/02

該当製品

UAD デバイス(UAD-2 デバイス / UA オーディオインターフェイス)を中古として販売する場合、元の所有者(売り手)側で「トランスファー」の申請を行い、デバイスの所有権を新しい所有者に譲渡する作業が必要です。トランスファーを行うには、まずご自身の UA アカウントにログインしてから、マイアカウントページ内左側のメニュー[My UA Hardware]にアクセスしてください。

My UA Hardware ページでは、アカウント内に登録されている全ての UAD-2 / Apollo デバイスとプラグインがシステムごとに表示されます。トランスファーしたいデバイスが含まれるシステムの下に表示されているリンク[Transfer device(s) out of my Account]をクリックします。

次に、トランスファーする UAD-2 / Apollo デバイスのシリアル番号を選択します。

重要

トランスファーする UAD デバイスが含まれるシステム内に登録されているプラグインもあわせて転送するか否かを選択するよう求められます。この際、トランスファーするプラグインを個別に選択することはできません。現在の所有者が[プラグインの転送 : はい]を選択した場合、そのシステムに登録されている全てのプラグインが、UAD デバイスとともに新しい所有者の UA アカウントにトランスファーされます。逆に、現在の所有者が[プラグインの転送 : いいえ]を選択した場合は、UAD デバイスのみがトランスファーされます(システム内に登録されているプラグインは転送されず、元の所有者のアカウントに残ります)。

*全ての UAD-2 / Apollo デバイスには、'Analog Classics' プラグインが含まれています。これに関しては、売り手側が追加購入した有償プラグインを転送しないと選択した場合でも、新しい所有者に自動的に割り当てられます。

上記の通りトランスファーを行うことで、新しい所有者がハードウェアを登録できるようになります。

ページトップへ