Hookup,inc.

Waldorf Blofeld : SPECTRE アプリケーションを使用してのファームウェアアップデート手順

FAQ, 2011/10/20

Blofeld Desktop / Keyboardは、Waldorfより無償配布されております「SPECTRE」アプリケーションを使用してファームウェアアップデートが行えます。

シーケンスソフトをお持ちでない場合や、お持ちのシーケンスソフトでうまくアップデートが行えない場合、SPECTREをお使い頂き、以下の手順でアップデートをお試し下さい。(※SPECTREの使用にあたっては、Windows XP以降、もしくはMacOS 10.3以降のコンピューターが必要です)

SPECTREは以下よりダウンロードが可能です。

http://www.waldorfmusic.de/en/downloads/536-spectre.html

ファームウェアアップデート手順:

1.Blofeld本体の電源スイッチをOFFの状態にします。

2.BlofeldをコンピューターのUSBポートに接続します(※USBハブは使用しないで下さい)

3.Blofeldの電源をONにし、コンピューターに認識されるまでお待ち下さい。

4.SPECTREアプリケーションを起動します。SPECTRE上のAudio/MIDIボタンをクリックし、開いたウィンドウ下部のMIDI Output欄を”Waldorf Blofeld”に設定し、ウィンドウを閉じます。

5.SPECTRE上のUpgradeボタンを押し、Blofeld最新ファームウェアMIDIファイルを選択して下さい。アップデートが始まります。

最新ファームウエアは以下よりダウンロードが可能です。http://hookup.co.jp/support/downloads/software/waldorfmusic

アップデート中、データが正常に読み込まれていれば、Blofeld本体の画面表示が変わります。また、MIDIインプットLEDも点灯します。(※アップデート中は電源を切らないで下さい。故障の原因となります。)

6.数分でアップデータの読み込みが終わります。Blofeld本体の”Play”ボタンを押し、アップデートを完了して下さい。

7.Blofeldを再起動すれば、現在のファームウェアバージョンを確認できます。起動時に画面左下部に表示されるバージョンをご確認下さい。(例:V1.15-1など)

ページトップへ