概要

Waldorf がハイエンド・シンセサイザーの歴史に新章を書き加えます。数十年前に開発され広く知られる同社のウェーブテーブル技術を起点とし、力強く柔軟な鼓動を刻み続けることはまさにチャレンジの連続でした。Waldorf のデジタル・オシレーターはアナログ・フィルターの絶大なパワーと洗練されたシンプルさとが相まり、80年代においてデジタル革命を巻き起こしたのです。

Quantum は、クラシックなデジタル&アナログハイブリッドシンセサイザーの陶酔的な触感、そして今日のソフトウェアシンセサイザーでしか成し得ないような未来的サウンドの両方を持ち合わせています。

4種のアルゴリズムを含む3基のオシレーター

  • Wavetable:スピーチシンセシスやオーディオからのウェーブテーブルの生成等、Nave 譲りの最新機能を備える「Waldorf スタイル」のウェーブテーブル
  • Waveform:ハードシンクや、ワープ&PWM、ノイズ等も備えたウェーブをオシレーターあたり最大8つまで重ねて同時発音することができるクラシックシンセサイザーの波形モデル(ノコギリ波、サイン波、三角波、矩形波、ピンクノイズ、ホワイトノイズ)
  • Particle:マルチサンプルを用いた従来のトラディショナルなモードやグラニュラーモードを備えたサンプラー、ライブ入力も使用可能
  • Resonator:マルチサンプルとフィルターバンクのサウンドモデルを使用したエキサイター

パワフルなオシレーターをはじめ、Quantum が持つ全機能の相互作用から生まれるサウンドを前にすれば、息を飲むしかありません。1台のシンセサイザーでこれほどまでに音創りの幅広さを感じられるものが存在したでしょうか。まるでモジュラーシンセサイザーシステムのように、クラシックなアナログサウンド、精密なサンプルプレイバック、そして強烈で美しいデジタルサウンドが、サウンドとシーケンスに至る全てを高めます。

人間工学に基づきデザインされた Quantum の直観的なユーザーパネルは、エレガントにアーティストのワークフローをサポートします。Waldorf のエンジニアたちは、超高解像度のマルチタッチディスプレイとアルミ製ノブ、およびエンコーダーから構成されるフィジカルコントローラーとの相互作用を完璧なものとするため、膨大な時間を費やしました。美しさと高い機能性を誇るディスプレイは極めて柔軟な触覚的要素として、今日市場にあるどのシンセサイザーよりもはるかに先を行っています。

機能的相関を理解しやすいよう、各コントロールノブはマルチカラーLEDによって、個別に照明が点灯するようになっています。これにより複雑な設定やモジュレーション設定が一見して明らかになるため、関連するパラメーターを素早く、効率的に調整することができます。また鮮やかなセンターディスプレイにより、最新のコンピュータータブレットを扱うかのように正確な設定が簡単に行えることでしょう。

Waldorf のエンジニアたちが Quantum を開発すると決めた時、ここまで厳しく長い時間を要するとは誰も思っていませんでした。なぜなら、彼らには蓄積された経験と豊富な知識があったからです。しかし Quantum は前人未踏と言える非常に強力なプロダクトであり、チームを未知の領域へと突入させました - サウンドはもちろん、ミュージシャンがまるで Quantum と会話をしているような感覚を味わえることが最重要課題だったのです。

Quantum は Waldorf の専任チームによって設計、開発が行われました。全ての重要なコンポーネントはドイツで製造され、組み立てられています。世界的なサウンドデザイナーの手による多様なファクトリーサウンドセットとも相まって、ここに新たなシンセサイザーの銘機が誕生しました。

ページトップへ