16チャンネルのエリートクラスコンバーター、HEXAコアDSPプロセッシング、そしてサラウンドモニタリング機能

フラグシップモデルとなる Apollo x16 は、音楽プロデューサー、プロジェクトスタジオ、ポストプロダクションスタジオに現在考えうる最高の A/D D/A コンバーター、HEXAコアによるUADプロセッシング、デュアル・クリスタルクロッキング、そして7.1サラウンドモニタリングを活用した録音、オーバーダビング、ミキシングを提供する、Mac / Windows 対応の Thunderbolt 3 オーディオインターフェイスです。

UAの60年の歴史を誇るクラフトマンシップによって開発されたこの18イン/20アウトのインターフェイスは、世に出ている統合型オーディオインターフェイスの中で最も広いダイナミックレンジ(133 dB)と最も低いTHD+N(-129 dB)を誇ります。さらに、HEXAコアプロセッシングによって、定評あるUADプラグインをリアルタイムで使用するためのDSPパワーが50%増強されています。

エリートクラスの A/D D/A コンバーターが、現在考えうる最高レベルのダイナミックレンジとS/N比を提供

より多くのUADパワードプラグインをリアルタイムで稼働させることが可能な、6つのUAD DSPチップを搭載した強力なHEXAコアプロセッシングによるミックス

ミキシング・コンソールやアウトボード類との接続が容易に行える、DB-25 接続による 16 x 16 のアナログ入出力に加え、+24 dBu のヘッドルーム設定が可能

スピーカーキャリブレーションとフォールドダウン機能を含む7.1サラウンドサウンドモニタリングを介し、ハイエンドの業務システムとの統合を実現

エリートクラスの A/D D/A コンバージョン

Apollo インターフェイスはチャートを賑わす数多の曲やグラミー受賞アルバムで使われ、素晴らしい作品創りに貢献しています。前世代の Apollo インターフェイスで高い評価を得たオーディオコンバージョンをさらに進化させるため、UAのエンジニアたちは最新の A/D D/A コンバーターを慎重に吟味しました。その結果、ついにエリートクラスの24ビット/192 kHzコンバーターと新たに設計したアナログ回路とを組み合わせ、驚くほど純度の高いシグナルパスを実現したのです。

加えて、Apollo X シリーズでは、サンプルレート 44.1 / 88.2 / 176.4k 用と 48 / 96 / 192k 用のふたつのクリスタルを備える新しい「デュアル・クリスタルクロッキング」が採用され、10ピコ秒未満の驚異的な低ジッタも実現しています - これによって、ピュアでアーティファクトフリーなレコーディングと信頼できる音像生成がもたらされます。

133 dB のダイナミックレンジと -129 dB のTHD+Nといった Apollo x16 のオープンでナチュラルなサウンドクォリティーは、世に存在するどんなハイエンドコンバーターと比較しても引けを取ることはないでしょう。このことはもちろん、UADプロセッシングの面においても計り知れない恩恵となります。

リアルタイム UAD HEXA コアプロセッシング

Apollo x16 は、HEXAコアプロセッシングを特長としています - 6基のDSPチップによって、Neve、Manley、API といったチャンネルストリップを使ったリアルタイムレコーディングや多くのUADプラグインをDAW上に立ち上げてミックスをしたとしても、前世代の Apollo より50%以上の処理能力を発揮します。

ギターを Pultec EQ に通してチューブならではの暖かみを加える、ボーカルへ LA-2A ならではの音楽的なリミッティングを施す、さらには「純正の」1176 や Fairchild 670 チューブコンプレッサーをドラムに使用するなど、豊潤かつ立体的なアナログサウンドによって、作品は大いなる飛躍を遂げることでしょう。

参考:UADプラグインインスタンスチャート(英文ページとなります)

クラシックアナログプロセッシング

広く知られる Apollo の特長のひとつが、リアルタイムUADプロセッシングです。これによって定評あるUADプラグインの豊富なライブラリーにニアゼロレーテンシーでアクセスできるようになります。

Apollo x16 には Realtime Analog Classics Plus プラグイン が付属していますので、Teletronix LA-2A、1176LN、Fairchild コンプレッサーや、Unison による UA 610-B Tube Preamp & EQ、そして Marshall と Ampeg によるギター/ベースアンプといった素晴らしいギアを使ったレコーディングとミキシングがすぐに行えます。

UADパワードプラグインの世界へアクセス

Apollo x16 はDAWのバッファーサイズに関わらず、そしてコンピューターのCPUへの負担を気にすることなく、ニアゼロレイテンシーで付属の Realtime Analog Classics Plus の他、ビンテージEQ、コンプレッサー、リバーブ、テープマシンなど、数々の受賞歴を誇る UAD パワードプラグインのライブラリーすべて*にアクセスできます。

これはまさに、SSL、Neve、Studer、Manley、Helios、API、Ampex、Lexicon、Fender など、アナログギアの銘機群を備えたスタジオを1Uラックサイズで所有する感覚です。また、他のインターフェイスとは異なり、これらのDSPプラグインはミキシング時にもDAW上でお使いいただくことができます。

サラウンドサウンドのモニタリングと、+24 dBu オペレーション

Apollo x16 のフロントパネルには、トークバックマイク、Altスピーカー切り替え、割り当て可能なファンクションボタンによるDim/Monoコントロールといった機能が組み込まれています。さらに、包括的な7.1サラウンドモニタリングのサポートにより、Apollo x16 は、ビデオゲームやテレビ番組、そしてWeb用にオーディオや音楽を制作するエンジニアやプロデューサーに多大な利益をもたらします。

また、+24 dBu オペレーションも選択可能で、業務用コンソールやその他のハイエンドなプロオーディオ機器などとのさらなる接続性も備えています。

Thunderbolt でスタジオシステムを拡張

Apollo x16 は、18 x 20 の入出力(内、アナログは 16 x 16 入出力)と、2基の Thunderbolt 3 ポートを実装しています。これによって、Thunderbolt を搭載している Apollo Twin や Apollo ラックモデルを最大4台まで、トータルで6台までの UAD-2 デバイスをカスケードし、スタジオやプロジェクトの規模に合わせた入出力数やDSPの拡張が行えます。

Apollo x16 (ならびにコンソールアプリケーション) 単体では16アナログパラアウトはできません(最大モノラル8系統のアナログパラアウトが可能)。ただし、検証済みDAWを経由してのマルチアウトプットアサインは可能です。

プロフェッショナルに選ばれる Apollo

Apollo は Kendrick Lamar (DAMN.)Chris Stapleton (From A Room: Volume 1)Arcade Fire (Everything Now)Post Malone (Beerbongs & Bentleys) をはじめとする多くの作品に使用され、プロのヒットメーカーたちからも高く評価されています。

また Apollo シリーズは、Sound on Sound、Future Music、Electronic Musician、そして2016年のTECアワード(コンピューターオーディオハードウェア部門)といった、業界の数々の賞を獲得しています。

*付属の "Realtime Analog Classics Plus" 以外のUADプラグインをお使い頂くためにはUAオンラインストアにて別途ご購入頂く必要があります。すべての商標権は各メーカーによって所有されています。

ページトップへ