幅広い用途にお使いいただけるマイクロ・アンプ

想像してみてください。手のひらサイズのギター・アンプでバラエティに富んだギター・サウンドを得られるとしたら、どうでしょう?特別なオプションの追加の必要もなく、4×12インチの外部スピーカー・キャビネットを駆動できるとしたら?モバイル・ギタリストのための初のマイクロ・ギター・アンプ / iOS インターフェイス、iRig Nano Amp なら、それが可能です。

iRig Nano Amp は、バッテリ駆動の超小型マイクロ・ギター・アンプです。ヘッドフォン出力端子も装備しており、ヘッドフォンを使った深夜の練習にも便利です。スピーカー出力端子に外部スピーカー・キャビネットを接続し、最大4×12インチまでのキャビネットを駆動することも可能です。さらに、iRig Nano Amp が、他のどのマイクロ・アンプよりも汎用性が高い製品と言えるのは、iOS 対応の iRig アナログ・インターフェイス機能を備えているからです。付属のTRRSケーブルで iPhone や iPad を接続し、AmpliTube アプリで自由度の高いギター・サウンドをお楽しみいただけます。

AMP / DEVICE の2モードに対応

iRig Nano Amp は、極めてユニークな製品です。AMP モードと DEVICE モード、2つのモードで動作するからです。AMP モードでは、いつでもどこでも iRig Nano Amp を持ち運んで演奏をお楽しみいただけるスタンドアロンのギター・アンプとして動作します。 DEVICE モードでは、iPhone / iPad などの iRig アナログ・オーディオ・インターフェイス、そしてアンプとして動作します。両方のモードで、外部スピーカー・キャビネット(最大4×12インチ・スピーカー搭載のキャビネット)を接続することができます。DEVICE モードでは、内蔵スピーカー、外部スピーカー・キャビネットに加えて、ヘッドフォンへの出力も可能です。深夜の練習や、さらに大音量と優れたサウンド・クォリティで、ギターやベースを演奏したい、といった時にも便利にお使いいただけます。iRig Nano Amp はコスト・パフォーマンスに優れ、多機能かつ多目的にお使いいただけるマイクロ・ギター・アンプなのです。

AMP モード

iRig Nano Amp は、入力ゲインと出力音量のコントロール・ノブを備えたブリティッシュ・スタイルのトーン・スタック回路を内蔵しており、電源スイッチを入れるだけでスタンドアロンのギター・アンプとして動作します。まず、ギターを1/4インチ標準フォーン・ジャック端子にギターを接続し、入力ゲインと出力音量を調整してください。次に、NORMAL または BRIGHT のいずれかの出力タイプを選択してください。いつでもどこでもロックできる準備が整います。内蔵のブリティッシュ・トーン回路により、ゲインを抑えた時にはクリーンなサウンド、ゲインを最大まで上げると、オーバードライブ・サウンドが得られます。

DEVICE モード

iRig Nano Amp は、内蔵の iRig アナログ・オーディオ・インターフェイス回路によって、iOS デバイス用のオーディオ・インターフェイスとしても動作します。付属のTRRSケーブルを使用して、DEVICE モードの iRig Nano Amp を iPhone または iPad に接続し、人気の AmpliTube アプリの自由度の高いサウンドの世界を、いつでもどこでもお楽しみいただけます。AmpliTube の4トラック・ルーパー機能やレコーダー機能を使ってアイデアを練ったり、お気に入りの AmpliTube ギア・モデルで練習したりするために最適な機能です。

DEVICE モードで使用すると、内蔵のトーン・スタック回路はバイパスされます。ボリューム・ノブでアンプの最終的な出力音量を調整します。このバイパス機能により、トーン・スタック回路によるサウンドの色付けが加わることなく、iOS デバイスから出力される AmpliTube などのアプリで処理された音声信号だけをアンプから出力することが可能になります。

備考:iRig Nano Amp のヘッドフォン端子からの出力は DEVICE モードのみの対応となります。DEVICE モードでは、iRig 2 / iRig HD 2 で外部アンプ接続時にアンプ接続用出力端子とヘッドフォン端子の両方から出力されるのと同様に、内蔵スピーカーとヘッドフォン端子の両方から出力される仕様となっています。DEVICE モードでヘッドフォンをご利用いただく際は、iRig Nano Amp 内蔵スピーカーのボリュームを絞ってお使いください。

外部キャビネットも駆動可能

iRig Nano Amp には、外部スピーカー・キャビネット接続用の1/4インチ標準フォーン・ジャック端子が装備されています。最大4×12インチのキャビネットが駆動可能で、さらなる大音量とより優れたサウンド・クォリティで、ギターやベースを演奏することが可能になります。AMP モードでも DEVICE モードでも、外部スピーカー・キャビネットを接続することができます。この「マイクロ」なアンプの可能性を「マックス」に引き出すことができるのです。

ポータブルで多機能

iRig Nano Amp は、iPhone よりもほんのわずかだけ大きなサイズです。手のひらにも乗るこのコンパクト・サイズなら、ギグ・バッグにも簡単に収まってしまうことでしょう。iRig Nano Amp の設置角度を傾けるために便利な「キックスタンド」も備えています。モニターの位置を調節するのに便利でしょう。iRig Nano Amp は、単三乾電池3本(パッケージに同梱)で動作する 3W A/Bパワーアンプを内蔵しており、このアンプで搭載されている3インチのネオジム・ウーファーを駆動します。AMP モードでは、入力ゲインを抑えた時にはクリーンなサウンド、入力ゲインを最大に設定した時には心地よい歪みのオーバードライブ・サウンドが得られます。ボリューム・コントロール・ノブで全体の出力音量を設定してください。

iRig Nano Amp は、ギター接続用と、外部スピーカー・キャビネット接続用に、それぞれ1/4インチ標準フォーン・ジャック端子を備えています。また、ヘッドフォン接続のために、1/8インチミニ・ステレオ・ジャックも備えています。もちろん iOS デバイスに接続するためのTRRSケーブルも付属しています。深夜の練習用にはヘッドフォンを、ちょっとした気分に浸りたい時には内蔵スピーカーで、練習スタジオでより大音量で演奏するには外部スピーカー・キャビネットを接続、といった具合に3種類の出力方法が選べます。ヘッドフォンや外部スピーカー・キャビネットを接続すると、内蔵スピーカーからの出力はミュートされます。

AmpliTube で自由なサウンドの可能性を

iRig Nano Amp は、iOS 対応 iRig アナログ・オーディオ・インターフェイス回路を内蔵しています。ギターを iRig Nano Amp に接続し、同梱のTRRSケーブルで iRig Nano Amp を iOS デバイスに接続します。この接続方法により、iRig Nano Amp に入力されたギター・サウンドは、iOS デバイス上で動作する AmpliTube iOS アプリで処理されたアンプ、エフェクトのサウンドを出力することが可能になります。AmpliTube for iOS アプリは、Fender®, Orange®, MESA/Boogie® など、様々なメーカー公認ギア・モデルや、Slash、Jimi Hendrix™ といったシグネチャー・ギア・モデルで、そのサウンドの世界をさらに広げることができます。AmpliTube と組み合わせることで、iRig Nano Amp は、ギタリストに、モバイル性と機能性に優れたソリューションを提供してくれるのです。

外出の際、ギターを持ったらお供の iRig Nano Amp もお忘れなく!

主な特徴

  • 手のひらサイズのギター・アンプ / iOS 対応アナログ・オーディオ・インターフェイス。
  • iOS 対応の iRig 回路を内蔵。
  • 入力ゲインと出力音量も調節可能なブリティッシュ・スタイルのトーン・スタック回路を内蔵したスタンドアロンのギター・アンプとして動作。
  • 最大4×12インチの外部スピーカー・キャビネットを接続 / 駆動可能。
  • 3W A/Bパワーアンプ内蔵。
  • 3インチ・ネオジム・ウーファーを搭載。
  • 1/8インチ・ヘッドフォン出力端子を装備。
  • 1/4インチ・ギター入力端子を装備。
  • Normal / Bright のトーン・スイッチを装備。
  • 本体背面の「キックスタンド」により設置角度を調節可能。
  • 単三電池3本で駆動。
  • 対応アプリとして無償の AmpliTube FREE for iOS をご用意(App Store からダウンロードしていただけます)。

仕様 / 動作条件

製品仕様についての詳細はこちらのページをご参照ください(メーカーサイトへ移動します)。

IK Multimedia 製品のサポートについて

IK Multimedia 製品に関するサポートは IK Multimedia 社が行います。
こちらのリンク先ページよりお問い合わせください。

IK Multimedia 社の Facebook では使い方のヒントやTipsが掲載されています。
こちらよりご参照ください。

ビデオ

ページトップへ