ライブ・コントロール

ORGAN パネル内では、リアルタイム演奏やライブ・パフォーマンスに最適な CONTROLS ビューが利用できます。このパネルではキーボードとペダルが非表示となり、ドローバーやスイッチなどのコントロールが拡大表示されます。

このパネルでは、有名な半月型のレスリー・スイッチが中央に表示されるため、瞬時に速度を確認して切り替えることができます。エクスプレッション・ペダルは右上にスライダーとして表示され、オルガン出力のボリューム・コントローラーとして機能します。

プリセット・キーも非表示となりますが、プリセットはボタンとして、鍵盤と同じように表示されます。ボタン上には、割り当てられたプリセットのドローバー・セッティングがアイコンとして表示されます。このアイコンのおかげで、24種のドローバー設定を即座に確認できます。

CONTROLS パネルでは、MIDIプログラム・チェンジ設定画面を表示し、0から127までのプログラム・チェンジ番号に Hammond B-3X プリセットを割り当てることができます。同じプリセットを複数のプログラム・チェンジ番号に割り当てることも可能なため、ライブ・パフォーマンスの順序によって並び替えることもできます。

歯車アイコンをクリックすると、設定パネルが開きます。3段の鍵盤とプログラム・チェンジのMIDIチャンネル、チューニングやトランスポーズ、ピッチ・ベンドやオーディオ / MIDI割り当てなどの設定を行えます。

また、パワフルなMIDIコントローラー・セクションも用意されており、オルガンやエフェクトに割り当てられたすべてのMIDIコントロール・チェンジを表示 / 編集できます。その下に位置するHAMMOND PROFILEは、ハモンドスズキのキーボードが扱う特殊なMIDIコマンドに従うよう設定できます。これはMIDIコントロール・チェンジとは別のメッセージですので、iRig KeysシリーズやサードパーティーのMIDIコントローラーと、ハモンドスズキのキーボードを併用して同時にコントロールすることが可能です。

ページトップへ