主な特長

Platform M+ はほどよい重量感の堅牢なシャーシに9本(チャンネルフェーダー×8、マスターフェーダー×1)のタッチセンス付きモーターフェーダー、ジョグホイール、そして多数のノブやスイッチを備える、USB接続のコントロールサーフェスです。

通信はMIDIプロトコルで行うため、照明システムをはじめMIDIで制御可能な様々なシステムのコントロールにも最適です。

別売の拡張ユニット Platform X+ や専用ディスプレイ Platform D2 を併用すれば、同時にコントロールが行えるDAWのチャンネルを増やしたり、各パラメーターを直接表示したりとより操作性を高めることも可能です。

主な仕様

  • 10ビットの解像度を持つタッチセンス付きモーターライズドチャンネルフェーダー8本とモーターライズドマスターフェーダー1本を搭載
  • 各チャンネルに搭載されたデュアルファンクション(回す/押す)ロータリーエンコーダー
  • 1基の高速サーチおよびコントロール用のジョグホイールシャトル
  • 各チャンネルに搭載されたセレクター、ミュート、ソロ、録音を含む自照式ボタン
  • 再生、停止、録音、巻戻し、早送り、ループを含む、自照式トランスポートボタン
  • ジョグホイールと併用する2つの方向キーを備えた、自照式ズームボタン
  • 各チャンネルを簡単に選択できる2つの自照式トラックボタン
  • 8チャンネルごとに切り替えが可能な2つの自照式バンクボタン
  • 別売の拡張ユニット接続用の4つのポート
  • Cubase、Nuendo、Samplitude、Logic Pro、Abelton Live、Reaper、Reason、Studio One、Bitwig 用の Mackie コントロールプロトコル内蔵
  • Pro Tools 用の Mackie HUI プロトコル内蔵
  • MIDI機能を簡単にマッピング可能な iMap ソフトウェア同梱
  • USB接続と iMap ソフトウェア経由で簡単にファームウェアアップデートが可能
  • 精度の高い組立品位
  • Kensington ロックポート搭載
  • USBケーブル、ACアダプター付属
  • 外形寸法:395 x 198 x 55 mm
  • 重量:1.65 kg
  • 対応OS : Windows 7 / Mac OS X 10.12 以降、クラスコンプライアント

DAWのバージョンによっては、すべてのパラメーターが扱えるわけではありません。

仕様は予告なく変更となる場合があります。

ページトップへ