ソフトウェアひとつで、全てを繋ぐ

お使いのセットアップとすぐに組み合わせることができるよう、Touché には特別に制作されたサウンドと、各種設定をシンプルに行うためのツール Lié (リエ) が付属しています。
VST / AU に対応し多くの主要DAWと互換性がある Lié は、Touché と連携し明快なワークフローをもってリグを完全統合する中心的存在となります。

サウンド・アラカルト

Lié には Touché の魅力を最大限に活かした150を超えるサウンドがプリセットされています - これらは UVI の Falcon を用いてカスタムメイドされたサウンドで、UVI Workstation 内で機能します。また、サードパーティ製ソフトウェア音源用の設定プリセットも用意されており、すぐに音楽制作に活用することができます。

スピーディーに演奏可能

Lié はプラグインホストとしてDAW内で機能します。
まずはDAWのインストゥルメントトラックで Lié を立ち上げ、その中でお好みのバーチャルインストゥルメントをロードしましょう。いつもと同じUIを表示させてサウンドエディットが行えます。次に、どのパラメーターをどのように Touché で制御するかさえ設定すれば、即座に演奏を始めることができます。

ハンズオン・コントロール

新たに作成したサウンドであれ、使い慣れたお気に入りのサウンドであれ、次に目指すのはその可能性を最大限に発揮することです。
Lié が備える8つのスロットでは、お持ちの音源でコントロール可能なすべてのパラメーターへと瞬時にアクセス可能です。
スピードマッピング機能を使えば、驚くほど簡単に割り当てが行えます。

アイデアを逃しません

スタジオワーク / ライブパフォーマンス時を問わず、迅速なリコールは必要不可欠です。保存されたプリセットを Touché とともに試していくことで、作曲のインスピレーションとなる新たな発見があるかもしれません。ひとたび保存を行えば、そこには選択しているバーチャルインストゥルメントの音色から Touché で制御できるよう設定した様々なパラメーターすべてが含まれます。
ページトップへ