Hookup,inc.

Carl Martinのプログラマブルのスイッチャーとしては第4世代のモデルになる、Octa-Switch The Stripです。今まで同様に8系統のループを装備し、8バンクのメモリーが可能です。

今までのモデルを進化させ、各ループのオン/オフ設定を任意のフットスイッチにワンステップでメモリーできるシンプルなプログラム方法を採用。またギターアンプと統合した音づくりを実現する「4ケーブルメソッド」にも対応しています。

さらに今回は、奥行きの少ないスリムなシェイプへと大幅なデザイン変更を慣行。
エフェクトボードにもフィットし、操作しやすいセッティングが可能です。

製品概要

マルチエフェクター全盛の現代でも、サウンドにこだわるギタリストはお気に入りのペダルエフェクトを並べて使用します。その数が多くなるほど重宝するのがプログラマブルのスイッチャーです。
8系統のループを装備したCarl MartinのOcta-Switchシリーズは、シンプルな操作でセッティングを可能にすることで、根強い人気を誇ります。今回のOcta-Switch The Strip は、4世代目のモデルとしての登場です。今までの3世代モデル採用された機能は踏襲しながらも、最も多機能かつ、シンプルなオールアナログ
のスイッチャーです。

各ループはトゥルーバイパス回路。また内部の切り替えスイッチには、あらゆるインピーダンスに対応するゴールドリレーを採用。あらゆるタイプのペダルエフェクトをトラブルなく使用することができます。

主な特徴

➊各ループのオン/オフ設定を8種類のバンクとしてメモリーでき、バンクプリセットモードとして各フットスイッチで切り替えます。
Storeスイッチでプリセットを記憶させます

❷Inst. Access(インスタントアクセス)スイッチを踏むことで瞬時にプログラムモードに切り替わり、その場でループのオン/オフを変更できます。
もう一度Inst. Accessスイッチを踏めば、元のプログラムに戻せます。

❸8つのループのうち、最後の3つのループ(Loop 6/7/8)用に独立したセンド端子とインプット端子を装備しています。
これはギターアンプと統合した音づくりに最適な「4ケーブルメソッド」を簡単に実現するための仕様です。このセンド端子からアンプのFXループ入力に接続。そしてインプット端子にアンプのFXループ出力からの信号を接続することで、この3つのループが通常のシグナルチェインから切り離され、独立して
アンプのFXループに送られます。
後段にモジュレーションや残響系のエフェクトを使うことで、前段のダイナミクス系やドライブ系ペダルとギターアンプとは独立した音づくりを可能にします。

❹ギター入力にはバッファー回路を装備。ステージ上で長いギターシールドを使わなくてはならないときに、高音域の損失を最小限にします。
なおバッファー回路は背面のボタンで、トゥルーバイパスに変更できます。

❺ギターアンプのチャンネルやFXループのオン/オフ切替えのフットスイッチ機能をスイッチャーに統合する外部リモートスイッチ端子も4系統装備しました。それぞれの端子のメモリーバンクごとのオン/オフは、独立したDIPスイッチで行えるのでシンプルです。
最近のデジタルエフェクトも一緒にコントロールする際に便利な、MIDIアウトの端子も装備しました。バンクに応じたプログラムチェンジメッセージを送出します(MIDIチャンネルは1に固定)。

❻アウトプットは2系統を装備し、バンクごとに出力のオン/オフをDIPスイッチで設定可能。ループの組み合わせによって別のアンプを使うこともバンクにメモリー可能。またLoop 8はステレオリターン仕様なので、両方のアウトプットを使ったステレオオペレーションも実現します。

❼独立したBypass / Muteフットスイッチを装備。背面のボタンで全体のバイパスかミュートのどちらの機能になるかを選択できます。

4 Cable Method

“4ケーブルメソッド”で使用する場合、6~8のループをアンプのFXループに使用することができます。
これはハイゲインアンプを使用する場合に重要で、アンプのゲインステージの後段にウェットエフェクトを使用することが望ましいと言われています。クリーンサウンドのアンプやFXループの無いアンプを使用している場合、通常、ゲインペダルはウェットエフェクトの前に接続するため、この方法は必要ありません。

4ケーブルメソッドでの使用はとても簡単です。“The Strip”のループ6~8には独立したセンド端子とインプット端子があります。1/4インチプラグのTSケーブルを使用してセンド端子からアンプのFX入力に接続し、次にFXループの出力から“The Strip”のインプット端子に接続してください。
これにより、ループ6~8が通常のシグナルチェインから切り離され、独立してアンプのFXループに送られるようになります。

主な仕様

  • 入力インピーダンス:500 kΩ(バッファー時)ギターINPUT(TS標準フォーン)
  • 出力インピーダンス:560 Ω(バッファー時)メインOUTPUT(TS標準フォーン×2系統)
  • ループ数:8系統(トゥルーバイパスリレー採用)SEND/RETURN(TS標準フォーン、Loop 8 RETURNのみTRS標準ステレオフォーン)
  • ギターアンプエフェクトループ用SEND/INPUT(TS標準フォーン)
  • メモリーバンク数:8(インスタントアクセスモード装備)
  • エクスターナルスイッチ:4系統(TS標準フォーン、ラッチ式)
  • MIDIアウト:プログラムチェンジ送出(チャンネル1固定)
  • S/N比:70 dB
  • 電源仕様: ACアダプター 9 VDC/600 mA(センターマイナス・別売)
    *仕様に合った汎用のACアダプターをお使いください。
  • 最大消費電流:560 mA
  • 外形寸法: 580 (W) × 85 (D) × 40 (H) mm
  • 本体重量: 1.5 kg
ページトップへ