フランクフルトメッセ 2010 速報 二日目

St,Blues

 セールス&マーケティングディレクターであるBRIAN氏にコメントをいただきました。BLUESCASTER IVの新色であるSeafoam Greenを紹介してくれました。

 

Waldorf

 

今回は、3年近く前に発表されていながら、発売が待たれていた幻のZarenbourgがほぼ正式に完成の形で展示されていました。フィジカルモデリングとサンプルベースのハイブリッド音源による、超リアルなピアノサウンドを網羅。ビンテージテイストのエフェクトやビルトインスピーカーの搭載。

 また、ウェーブテーブルブルシンセサイザーの元祖をソフトシンセ化したPPG WaveがV3となって、近日登場予定です。今回はソフトウェア開発者チーフであるWalfram Franke氏にコメントをいただきました。オリジナルハードウェアに近づき、PPG WAVE V2にはなかったサンプルプレイバック等さまざまな機能がV3で追加されています。2ヶ月位ほどでデモ版がダウンロードいただけるでしょう。

ICON

 昨年発売され、そのデザイン、価格から大人気のコントローラーとなったiSeriesにDJソフトウェアを制御するのに最適なiDJが近々発表される予定です。ジョグホイールにタッチセンサーを搭載し、表面、側面など触る位置によって機能が変わるなど、このサイズでは考えられない機能性を装備しています。映像ではICON社CEOであるスティーブ氏より、このiDJのコメントをいただいています。

SM Pro Audio

 VSTシンセ、エフェクターをPCを介さずに利用できる画期的なポータブルハードウェアのV MACHINE。映像ではSM Pro Audio社でV MACHINEの開発を担当しているジョン氏に新しいパッケージを紹介していただきました。今回はV MACHINEで動作確認され、相性の良いシンセソフトウェアをパッケージした「CLASSIC KEYS BUNDLE」が近日発売されます。ひとつのUSBドングルで複数のメーカーのキーボードシンセを利用できます。もちろん、すでにV MACHINEを所有しているユーザー向けにも、このソフトウェアパッケージは販売される予定です。搭載されるシンセの詳細は、今後公開されるでしょう。

Image-Line

 日本でも先日発売され、公表いただいているImage-Line社のFL STUDIO9。今回は同社のFrank氏に日本のファンへメッセージをいただきました。

 

TECHRA

 日本でも先日発売されたイタリアTECHRA社のアジャスタブルギタースタンドシリーズ。今回はCEOのアレッサンドロ氏に、日本の皆様へメッセージをいただいています。このアジャスタブルギタースタンドはイタリアで設計され、製造されているためデザインもよく、その上高品質です。さまざまな調整が可能でユニークなデザインとなっているため、楽器の大きさや形状に合わせて変幻自在にセッティング可能です。

Antelope Audio

Antelope AudioのCEOで、メイン設計者でもあるIgor Levin氏です。Antelope Audio社はデジタルオーディオを知り尽くしたベテランエンジニアによって設立され、斬新な設計思想と最高品質のパーツによって安定したクロックを供給する製品ラインナップです。ルビジウムの原子クロックが特徴の10Mや、Trinity、OCX等のマスタークロックジェネレーター製品で、繊細なクロックを生成し、HDビデオ、デジタルオーディオにおけるの問題点を解決してくれます。 今回のメッセでは、そのクロック技術を生かした4月に初登場予定のUSB対応DAコンバーターであるZODIACシリーズを紹介しています。自宅やスタジオに向けた高品質なDAコンバーターで、ISOCHRONEシリーズと同じクリスタルクロックテクノロジーであるAntelopeのオーブンコントロール技術がクロックを安定させ、高音質を実現しています。今回展示しているZODIAC+は192KのUSBコンバートチップを搭載していますが、今後384KHzまでアップされたZODIAC Goldも登場する予定です。高品質な2系統のヘッドホンアンプ、USBを経由してPCの音楽をストリーム再生等、魅力的な機能を搭載しています。ぜひ日本の皆様にチェックしていただきたい新製品です。