IK Multimedia : SampleTank 3 のSettingsダイアログ

FAQ, 2016-10-14

該当製品

SampleTank 3の環境設定は、SampleTank画面右上のSettingsアイコン(歯車のアイコン)をクリックすると表示されるダイアログで行います。

スタンドアロン・アプリケーションでは、PREFERENESAUDIO / MIDIREMOTEの3つのタブが表示されます。

DISK PATH

SampleTank 3のサウンド・ライブラリーがインストールされているフォルダ・パスを指定します。BROWSEボタンをクリックし、サウンド・ライブラリーがインストールされているフォルダ・パスを指定してください。サウンド・ライブラリーのインストール先は、標準では下記の通りです。

Macの場合:

Macintosh HD/ユーザ/共有/IK Multimedia/SampleTank 3/

Macintosh HD/ユーザ/(ユーザー名)/書類/IK Multimedia/SampleTank 3/

Windowsの場合:

C:\Users\Public\Documents\IK Multimedia\SampleTank 3\

C:\Users\(半角ユーザー名)\Documents\IK Multimedia\SampleTank 3\

MIDI PATTERNS

LATCH MIDI PATTERNS

この設定がONの場合、SampleTank 3のMIDIパターンは、鍵盤を押すとその再生がスタートし、次に鍵盤を押すまで再生が続きます。OFFの場合は、鍵盤を押している間だけMIDIパターンが再生され、鍵盤を放すと再生がストップします。

LOOP INSTRUMENTS

ALWAYS SYNC LOOP INSTRUMENTS

この設定がONの場合、SampleTank 3のオーディオ・ループは、SampleTank 3のマスター・テンポに従って、再生されます。オーディオ・ループの元のテンポとSampleTank 3のマスター・テンポが極端に異なる場合、その音質は著しく劣化することがあります。

SampleTank 3のマスター・テンポは、SampleTank 3画面右下で設定できます。


LATCH AUDIO LOOPS

MIDIパターン同様、この設定がONの場合、SampleTank 3のオーディオ・ループは、鍵盤を押すとその再生がスタートし、次に鍵盤を押すまで再生が続きます。OFFの場合は、鍵盤を押している間だけオーディオ・ループが再生され、鍵盤を放すと再生がストップします。

この設定は、PADモードが有効の場合(PAD画面でご使用の場合)、無視されます。

=====

AUDIO/ MIDIタブ



このタブは、プラグインでご使用の場合は表示されません。お使いのDAWの設定に依存します。

AUDIO SETTINGS

DEVICE

DEVICEでは、SampleTank 3のサウンドの出力を行うオーディオ・インターフェイスを選択します。

Windowsの場合:

Windowsをお使いの場合、2つのドロップ・ダウン・メニューが表示されます。左側のメニューからは、ASIOまたはDirectXを選択します。右側からは各オーディオ・インターフェイスのドライバを選択します。DirectXよりもASIOドライバの方がレイテンシー(発音の遅れ)に優れており、ASIOドライバのご使用をお勧めいたします。

Macの場合:

SampleTank 3は、AppleのCore Audioに対応しております。Core Audioに対応したオーディオ・インターフェイスであれば、SampleTank 3でお使いいただけます。ドロップ

OUTPUT

お使いのオーディオ・インターフェイスが、複数の出力ポートを装備している場合、どのポートからSampleTank 3のサウンドを出力させるか設定します。

以下のSAMPLE RATEとAUDIO BUFFER SIZEの設定は、お使いのオーディオ・インターフェイスに依存します。

SAMPLE RATE

SampleTank 3のオーディオ処理のサンプリング・レートを設定します。スタンドアロンの場合、高い値に設定すると、それだけ良いサウンドのクォリティが得られますが、それだけCPUに対する負荷も高くなります。

AUDIO BFFER SIZE

SampleTank 3のオーディオ処理に要するバッファーのサイズを設定します。大きな値に設定すると、SampleTank 3のMIDIイベントに対する反応が遅くなります。小さな値に設定すると、反応が速くなりますが、それだけCPUに対する負荷も高くなり、デジタル・ノイズが生じることがあります。ノイズが生じない程度まで大きな値に設定してください。

また、バッファー・サイズは「64」以下の値には設定しないようにしてください。特にWindowsの場合、SampleTank 3が起動しなくなる場合もあります。

MIDI SETTINGS

MIDI IN

お使いのコンピュータに接続されているMIDIインターフェイス、または仮想のMIDIポートなど、SampleTank 3をコントロールするためのMIDIポートを選択してください。ANYに設定すると、すべてのMIDIソースからMIDIイベントを受信します。

=====

REMOTEタブ

このタブでは、SampleTank 3をMIDIコントロールするためのMIDIコントロール・チェンジNo.を設定します。このタブはプラグインとしてお使いの場合は表示されません。


GLOBAL PLAY REMOTE

SampleTank 3のGlobal Playモードのスタート/ストップをコントロールするためのMIDIコントロール・チェンジNo.を設定します。コントロール・チェンジの値が0以外の時、Global Playモードがスタートします。コントロール・チェンジの値が0の時、Global Playモードがストップします。

BROWSE LIST

SampleTank 3のMULTI、INSTRUMENT、PATTERN、LIVEのリストをブラウズするためのMIDIコントロール・チェンジNo.を設定します。

SCROLL LIST

リストをスクロールするためのMIDIコントロール・チェンジNo.を設定します。コントロール・チェンジの値が大きくなればなるほど下方向にスクロールし、値が小さくなればなるほど上方向にスクロールします。

OPEN FOLDER / LOAD SELECTED ITEM

選択したフォルダの内容を表示させたり、選択したインストゥルメントやMIDIパターンをロードするためのMIDIコントロール・チェンジNo.を設定します。コントロール・チェンジの値は、0以外の値であれば構いません。コントロール・チェンジの値が0の場合は反応しません。

SELECT PART / PAD

SampleTank 3の16のパートまたはパッドをMIDIリモートで選択するための設定をします。

ENABLE DISABLE

MIDIコントロール・チェンジでパート/パッドを選択する機能をオン/オフするためのMIDIコントロール・チェンジNo.を設定します。コントロール・チェンジの値が0の時、下記のパート/パッドの選択機能はオフになります。値が0以外の時、選択機能がオンになり、PART / PAD NAVIGATIONで設定されたMIDIコントロール・チェンジNo.で、パート/パッドを選択を選択できるようになります。

PART / PAD NAVIGATION

16のパートまたはパッドを選択するためのMIDIコントロール・チェンジNo.を設定します。コントロール・チェンジの値、0から15が、パート1から16に相当します。

IK Multimedia サポートお問い合わせ窓口

https://www.ikmultimedia.com/contact-support/




ページトップへ