IK Multimedia : iRig Pads で SampleTank 3 をコントロールする

FAQ, 2016-10-14

該当製品

SampleTank 3 for Mac/PCのバージョン3.3で、iRig PADSとの連携機能が強化されていますSampleTank 3のスタンドアロン・アプリケーション使用時に、iRig Padsで、SampleTank 3のさまざまな機能をコントロールすることができます。

SampleTank 3とiRig Padsを連携させるには

SampleTank 3のSettingsダイアログ>AUDIO / MIDIタブ>MIDI SETTINGS>MIDI INに、iRig PADSが設定されている状態で、SampleTank 3の画面最下部右に表示されているPADボタンをクリックしてください。iRig Pads本体のパッドすべてが赤く点灯し、その後消灯します。

SampleTank 3とiRig Padsの連携

SampleTank 3がPADモードに設定されている場合、iRig Padsのパッドのマッピングは、SampleTank 3のPADモードで設定、表示されているパッドのマッピングに常に従います。

SampleTank 3のPADモードがオフの場合、iRig Padsのマッピングは、選択されているパートにロードされている、インストゥルメントのカテゴリーによって変わります。選択されているパートにロードされているインストゥルメントが:

ドラムキット・インストゥルメントの場合

iRig PadsのマッピングはGeneral MIDIドラム・マッピングになります。(iRIg Padsのファクトリー・セッティングのSCENE #1に相当)

PAD1=B0、PAD2=C1、PAD3=D1、PAD4=E1、PAD5=C#1、PAD6=D#1、PAD7=F#1、PAD8=G#1、PAD9=D2、PAD10=A1、PAD11=F1、PAD12=A#1、PAD13=D#2、PAD14=F2、PAD15=C#2、PAD16=E2

マルチサンプル・インストゥルメントの場合

iRig Padsのマッピングはクロマティック(半音階)・マッピングになります。

PAD1=C3〜PAD16=D#4

ループ・インストゥルメントの場合

iRig Padsのマッピングはクロマティック(半音階)・マッピングになります。(iRIg Padsのファクトリー・セッティングのSCENE #2に相当)

PAD1=C1〜PAD16=D#2

SampleTank 3のボタンやコントロールと、iRig Padsのコントロールやパッドは常に連携しています。

例えば、SampleTank 3側でパッドやキーボードをクリックすると、iRig Padsの相当するパッドが点滅します。逆にiRIg Pads側でパッドを押すと、SampleTank 3側で相当するパッドやキーボードが点滅します。

また、iRig Pads側のコントロールで、SampleTank 3のリモート・コントロールを行うことができます。

SCENEボタンで、SampleTank 3のブラウザのINSTRUMENTタブPATTERNタブで切り替えることができます。

FIX VELボタンがオンの場合(点灯している場合)、MIDIノート・イベントのベロシティ値は、常に100となります。

ボタン1で、iRig PadsのDATAエンコーダーの機能を切り替えることができます。

  • ボタン1がオフの場合(消灯している場合)、DATAエンコーダーで、SampleTank 3のブラウザをナビゲートできます。DATAエンコーダーを回すと、SampleTank 3のブラウザーがスクロールします。DATAエンコーダーを押すと、サブフォルダの中身の表示/非表示を切り替えたり、選択されたインストゥルメントやパターンをロードすることができます。
  • ボタン1がオンの場合(点灯している場合)、DATAエンコーダーで、SampleTank 3のパート1〜16を選択することができます。

ボタン2では、SampleTank 3のGLOBAL PLAYモードのプレイ/ストップをコントロールできます。

SLIDERでは、SampleTank 3のモジュレーション・ホイールをコントロールできます。

エディット・モード

iRig PadsのSCENEボタンとFIX VELボタンを同時に押して、エディット・モードに入ることができます。

エディット・モードでは、iRig PadsでSampleTank 3を演奏する音域をトランスポーズ(移高)することができます。iRig Pads側で、PAD11を押すたびに、音域がオクターブ下がります。PAD12を押すたび、音域がオクターブ上がります。

例えば、マルチサンプル・インストゥルメントをコントロールしている場合、音域がC3〜D#4の場合、iRig Pads側のPAD 11とPAD 12はグリーンで点灯します。C3の音域より低い場合、PAD11はオレンジ、PAD12はグリーンで点灯します。C3の音域よりも高い場合、PAD11はグリーン、PAD12はオレンジで点灯します。

General MIDIドラム・マッピングの場合は、PAD11とPAD12はエディット効果を持ちません。ドラムキット・インストゥルメントをコントロールしている場合、PAD9を押すとiRIg PadsはGeneral MIDIドラム・マッピングに切り替わり、PAD13を押すと、クロマティック・マッピングに切り替わります。

SampleTank 3がPADモードで、かつiRig Padsがエディット・モードの場合、iRig Pads側のPAD11PAD12で、SampleTank 3側で選択されているパッドのMIDIノート・ナンバーを変更できます。iRig Pads側でPAD11を押すたびに、設定値が半音単位で下方向に下がります。iRig Pads側でPAD12を押すたびに、設定値が半音単位で上方向に上がります。

SampleTank 3がPADモードで、かつiRig Padsがエディット・モードの場合DATAエンコーダーにより選択されたパートのボリュームをコントロールすることができます。

また、iRig PadsのPAD1〜PAD8を押しながらDATAエンコーダーを動かすと、SampleTank 3のMacro 1〜8をコントロールできます。

関連リンク


ページトップへ