IK Multimedia : SampleTank 3 の3つのタイプのインストゥルメント

FAQ, 2016-10-14

該当製品

SampleTank 3のインストゥルメントには3つのタイプがあります。1つは、通常のシングル・レイヤー・インストゥルメント、もう2つ目は、マルチ-アーティキュレーション・インストゥルメント、そして3つ目はループ・インストゥルメントです。


=====

マルチ-アーティキュレーション・インストゥルメント

マルチ-アーティキュレーション・インストゥルメントは、それぞれ奏法やアーティキュレーションの異なるサウンドをレイヤーした(重ねた)インストゥルメントです。SampleTank 3のPlay画面>INSTRUMENTタブのリスト表示で、その名称の後に、「KS」、「VS」、「MW」などのアイコンが表示されています。MIDIノートNo.(KS)、ベロシティ(VS)、モジュレーション・ホイール(MW)などでレイヤーを切り替えて、表現豊かな演奏をすることができます。


キー・スイッチ(KS)マルチ-アーティキュレーション・インストゥルメントは、特定のMIDIノートNo.によりアーティキュレーションを切り替えることができます。SampleTank 3画面最下部の鍵盤表示部分では、現在有効になっているレイヤーに相当するMIDIノートNo.が鍵盤上赤く表示されています。その他のレイヤーに相当するMIDIノートNo.のキーは灰色で表示されます。

このSampleTank 3画面最下部の鍵盤表示部分で、赤または灰色の鍵盤をクリックすると、KEY SWITCHES画面が表示されます。このKEY SWITCHES画面では、各MIDIノートNo.に割り当てられているレイヤーの説明が表示されています。下記の画像の例では、ヴィオラのデターシェ奏法のレイヤーが選択されています。


=====

ループ・インストゥルメント

ループ・インストゥルメントは、MIDIノートNo.にオーディオ・ループが割り当てられたインストゥルメントです。ループ・インストゥルメントをロードすると、その名称の右側にループ・アイコン(回転する矢印のアイコン)が表示されています。


ループ・インストゥルメントには、2種類あります。1つは、ドラム/パーカッションのグルーブ・インストゥルメント、もう1つはグルーブ・コンストラクション・キット・インストゥルメントです。

グルーブ・インストゥルメントは、各MIDIノートNo.に小節単位のグルーブが割り当てられています。コンストラクション・キット・インストゥルメントは、各MIDIノートNo.にグルーヴをスライスしたサンプルや、ワンショットのサンプルがが割り当てられています。

PATERNタブをクリックして、MIDIパターンをリスト表示させてみましょう。ループ・インストゥルメントがロードされているパートに、そのループ・インストゥルメントに関連付けられてロードされたMIDIパターンが表示されます。下向きの三角のアイコンをクリックすると、そのパートにロードされているMIDIパターンのリストが表示されます。

リストの左側のプレイ・アイコン(右向きの三角のアイコン)をクリックして、Global Playモードで再生するMIDIパターンを設定します。画面右側のループ・アイコンが現在再生中のMIDIパターンを表しています。



SampleTank 3画面最下部の鍵盤表示部分では、再生中のMIDIパターンに相当するMIDIノートNo.の鍵盤が赤く、再生中ではないMIDIパターンに相当するMIDIノートNo.の鍵盤は灰色で表示されています。Global Playモードに設定されているけれども、再生されていないMIDIパターンは、薄い赤で表示されています。

Global Playモードは、画面最下部、一番左のプレイ・ボタンをクリックして、MIDIパターンやオーディオ・ループの再生のスタート/ストップを行います。


SampleTank 3製品ページ

http://hookup.co.jp/products/ikmultimedia/sampletank3/index.html

IK Multimedia サポートお問い合わせ窓口

https://www.ikmultimedia.com/contact-support/



ページトップへ