IK Multimedia : SampleTank 3 のループ・インストゥルメントとGlobal Playモード

FAQ, 2016-10-14

該当製品

SampleTank 3のループ・インストゥルメントとGlobal Playモードについてご紹介しましょう。


ループ・インストゥルメントで、特定のMIDIノートNo.に割り当てられたオーディオ・ループを、Global Playモードで、自動的に再生をスタートさせるには:

  1. PATERNタブをクリックして、PATERN表示時に、ループ/インストゥルメントがロードされたパートの右側の下向きの三角をクリックし、ループのリストを表示させます。
  2. ループ名の左側に表示されているPLAYアイコン(右向きの三角)をクリックします。

上記の図の例では、LOOP 1(MIDIノート B0)とSYNTH 1(MIDIノート Bb1)がGlobal Playモードで、自動敵に再生がスタートします。

  • 再生中は、オーディオ・ループ名の右側にLOOPアイコン(回転する矢印)が表示されます。
  • また同じパートにロードされているMIDIパターンとも同期して再生されます。

この設定を保存するには、Multiセットアップとして保存します。

Multiセットアップの保存方法について詳しくは、下記のFacebookノートもご覧ください。

SampleTank 3のLiveモード

http://on.fb.me/1K9qHIC

SampleTank 3をプラグインとして使用している場合

DAWのプラグインとして動作している時、オーディオ・ループやMIDIパターン、Global Playは、下記のような動作となります。

  • ホストDAWが、ストップ・コマンドを送信すると、Global Playもストップします。
  • ホストDAWの停止中にGlobal Playモードが再生中の場合、ホストDAWがスタートすると、Global Playの再生位置はリセットされます。
  • ホストDAWとGlobal Playモードの両方が停止中、個々のMIDIパターンやオーディオ・ループが再生されている場合、ホストDAWがスタートすると、再生がストップします。

オーディオ・ループ/MIDIパターンの同期

  • ループ・カテゴリーのインストゥルメントは、例えば「Dubstep 1 140 bpm」といったように、その名称にテンポ表記(bpm)が含まれます。このテンポ表記は、オリジナルのテンポを表しています。
  • ループ・インストゥルメントがロードされると、SYNCボタンがMACROパネルに表示されます。
  • このSYNCボタンをクリックしてオンにすると、グローバル・テンポ(時計のアイコンの右側)に従って、ループが再生されます。グローバル・テンポを変更すると、オーディオ・ループも同期してテンポが変わります。
  • DAWでプラグインとして動作している場合、通常ホストDAWのテンポに同期して再生されます。

SampleTank 3製品ページ

http://hookup.co.jp/products/ikmultimedia/sampletank3/index.html

IK Multimedia サポートお問い合わせ窓口

https://www.ikmultimedia.com/contact-support/


ページトップへ