IK Multimedia : SampleTank 3 のPADSインターフェイス

FAQ, 2016-10-14

該当製品

SampleTank 3は、バージョン3.3以降、グルーブ制作に便利なPADモードが追加されています。このFacebookノートでは、その概要をご紹介しましょう。

SampleTank 3画面左上のPADボタンをクリックすると、SampleTank 3のPLAY画面はPADモードに切り替わります。

PADモードには、縦4 × 横4、計16個のパッドを装備した、一般的なパッド型MIDIコントローラーから受信したMIDIノート・イベントを、仲介、変換する機能があります。

例えば、IKのiRig Padsのシーン#1で、iRig Padsから送信されるMIDIノート・イベントは次の通りです。

Pad13: D#2 Pad14: F2 Pad15: C#2 Pad16: E2

Pad09: D2 Pad10: A1 Pad11: F1 Pad12: A#1

Pad05: C#1 Pad06: D#1 Pad07: F#1 Pad08: G#1

Pad01: B0 Pad02: C1 Pad03: D1 Pad04: E1

初期状態では、パッド1は、パート1に、パッド2はパート2にといった具合に、パッドとパートが連動しています。後から設定を編集することが可能です。

パッドの選択

パッドをクリックすると、そのパッドが選択されます。パッドに割り当てられたサウンドを鳴らさずに選択するには、パッドの左上角のパートNo.をクリックするか、左下角のそのパッドに割り当てられているMIDIノートNo.をクリックしてください。


選択されたパッドは、灰色の表示に変わります。左側にはパッドのパラメータが表示されます。

パッドのパラメータ

PART ... 1〜16のパートを設定します。

CH ... パートのMIDIチャンネルを設定します。

NOTE ... パッドに割り当てるMIDIノートNo.を設定します

INSTRUMENT ... パートにロードされているインストゥルメントが表示されます。パッドが選択されている時に画面左側のインストゥルメント・ブラウザから別のインストゥルメントをロードして置き換えることもできます。

PATTERN / LOOP ... パートにロードされているMIDIパターンまたはるオーディオ・ループが表示されます。クリックするとメニューが表示され、パッドで演奏するMIDIパターン/オーディオ・ループを選択したり、パッド(パート)から削除することができます。

以下の2つのパラメータは、MIDIパターンがロードされている場合のみ有効です。オーディオ・ループが設定されている場合は、設定できません。

KEY ... MIDIパターンのトランスポーズを半音単位で設定します。表示はNOTEの設定値とリンクします。

QUANTIZE ... MIDIパターンのクォンタイズを設定します。

VolumePanMUTESOLOは、パッドに設定されているパートのボリューム、パン、ミュート、ソロを設定します。通常のPLAY画面やMIX画面の、Volume、Pan、MUTE、SOLOの設定に相当します。

LAUNCH ... LAUNCHパラメータは、MIDIパターン/オーディオ・ループの再生をスタートさせるタイミングを設定します。

  • Off ... MIDIノート・イベントを受信するとすぐに再生を指定します。
  • BarHalf BarBeat ... Bar(小節)、Half Bar(1/2小節)、Beat(拍)のタイミングで、MIDIパターン/オーディオ・ループの再生にクォンタイズがかかります。

MODE ... MODEパラメータでは、パッドの動作を設定します。

  • Hold ... パッド(もしくは設定されているMIDIノートNo.)を押している間だけMIDIパターン/オーディオ・ループが再生されます。
  • Latch ... パッドを叩くたびに、MIDIパターン/オーディオ・ループの再生のスタート/ストップが切り替わります。
  • One Shot ... MIDIパターン/オーディオ・ループは1度だけ再生されます。


IK Multimedia サポートお問い合わせ窓口

https://www.ikmultimedia.com/contact-support/




ページトップへ