IK Multimedia : SampleTank 3 のエフェクト:(5)フィルター系エフェクトおよびその他のエフェクト

FAQ, 2016-10-13

該当製品


SampleTank 3は、AmpliTubeシリーズT-RackSシリーズ譲りの55種類のエフェクトを装備しています。SampleTankのパート・チャンネルやエフェクト・リターンにインサートしてお使いいただけます。このFacebookノートでは、SampleTank 3に装備されているフィルター系エフェクト、およびその他のLo-Fi系エフェクトをご紹介しましょう。多くはSmpleTank 2.xから継承されたものです。

AutoPan

音像がステレオで周期的に左右に揺れる効果を作り出すエフェトです。

Piano Lid

このエフェクトは、アコースティック・ピアノの上蓋を閉じた効果を作り出すエフェクトです。周波数特性のカーブに従って、音量が抑えられ、暗い響きのサウンドになります。

LFO Filter

このエフェクトでは、カットオフ周波数ポイントが、LFOにより周期的に変化します。LFOは、ソング/プロジェクトのBPMに同期させることができます。

Env Filter

このエフェクトでは、カットオフ周波数ポイントを、入力されるオーディオ信号の音量変化のエンベロープにより、コントロールできます。

Lo-Fi

このエフェクトは、オリジナルのサウンドの音質を劣化させ、いわゆる「Lo-Fi(Lo-Fidelity;低忠実度)」サウンドを作りだします。SampleTank 3では、このエフェクトは主に、スピーカー・キャビネットのシミュレートしたエフェクトと併せてお使いいただくために装備されています。

Multi Filter

このエフェクトでは、ローパス(LPF)、バンドパス(BPF)、ハイパス(HPF)、ノッチ(Notch)の計4種類のフィルターが装備され、それぞれの出力を独立したレベル(Gain)で同時に出力することができるエフェクトです。

Phonograph

このエフェクトは、古いアナログのレコード・プレイヤーで再生した時のようなスクラッチ・ノイズを加えるエフェクトです。


Slicer

このエフェクトは、オーディオ信号を細かくスライスすることで、リズミックなグルーブ感を作り出すエフェクトです。

Stereo Imager


このエフェクトでは、0%(モノ)から、100%(ステレオ)そして200%(より広いステレオ音像)まで、ステレオ音像を調節することができます。このエフェクトでは、位相に対して処理を行います。そのため、100%以上の値に設定すると、モノラルの定位がずれます。ミックスにあわせて注意してご使用ください。

Wah

このエフェクトは、1960年代から70年代にかけて広く使用されていた古典的なギター用ワウ・ペダルをモデリングしたエフェクトです。 備 考

  • エフェクトの中には、CPUにかける負荷が大きいものもあります。SampleTank 3スタンドアロン画面下部のCPUモニターや、お使いのDAWのCPUモニターなどを活用し、CPUロードによるノイズなどを防いでください。
  • 記載の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。アンプ、エフェクト等のモデル名は、IK Multimediaが参照した機種を示す目的で記載され、機能再現の保証および各社との提携を示すものではありません。




IK Multimedia サポートお問い合わせ窓口
https://www.ikmultimedia.com/contact-support/


ページトップへ