IK Multimedia : AmpliTube 4 の8トラック・レコーダー / DAW機能

FAQ, 2016-10-13

該当製品

AmpliTube 4スタンドアロン・アプリケーションは、8トラック・レコーダー / DAW機能を備えています。各トラックにはAmpliTube 4のエフェクト / アンプ・チェインを使用することができます。このFacebookノートでは、この8トラック・レコーダー / DAW機能の概要をご紹介しましょう。

備考:AmpliTube 4をご購入いただいていない状態で、AmpliTube Custom Shopバージョン4.xをインストールされると、2トラックのレコーダー機能がお使いただけます。 DAWの表示 AmpliTube 4画面左上でRECORDERが選択されている状態で、画面の左下のDAWアイコンをクリックしてください。DAW画面に切り替わります。 トラックのコントロール

  • トラックを選択すると、そのトラックに対応したチャンネル・ストリップがAmpiTube 4画面左側に表示されます。チャンネル・ストリップ上部に選択されているトラックNo.が表示されます。


  • チャンネル・ストリップには、3バンドのEQと、パン、ボリュームのコントロールを備えています。
  • またボリューム・コントロールの下のラベルをクリックすると入力ソースを切り替えることができます。クリックする度に、INPUT 1、INPUT 2、STEREOの順に切り替わります。


  • FXボタンをクリックすると、AmpliTube 4のエフェクト / アンプ・チェインをオン / オフできます。
  • Rボタンをクリックすると、そのトラックが録音待機状態になります。レコーディングをせずにギター / ベースの演奏を行う場合も、選択されているトラックのRボタンを必ずオンにしてください
  • Mボタンをクリックすると、そのトラックをミュートできます。レコーディングをせずにギター / ベースの演奏を行う場合は、選択されているトラックのMボタンを必ずオフにしてください
  • Sボタンをクリックすると、そのトラックをソロ状態にできます。レコーディングをせずにギター / ベースの演奏を行う場合は、選択されている以外のトラックのSボタンを必ずオフにしてください


トランスポート・コントロール

  • REC:ストップ状態でRECボタンクリックすると、プレイヘッドの位置からレコーディングがスタートします。プレイバック中にこのボタンをクリックすると、レコーディング状態になります。レコーディング中にこのボタンをクリックすると、レコーディング状態から抜け、プレイバック状態になります。
  • PLAY:停止状態でこのボタンをクリックすると、再生が開始されます。再生中にこのボタンをクリックすると、再生が停止します。
  • BACKWARDS:このボタンをクリックすると、プレイヘッドが先頭に戻ります。
  • LOOP ON/OFF:ループのオン / オフを切り替えます。
  • METRONOME ON/OFF:メトロノームのオン / オフを切り替えます。
  • BPM:メトロノームのテンポを設定します。数値をクリックすると、タイプ入力できます。
  • PITCH:プロジェクト全体のプレイバック・ピッチを半音単位でトランスポーズできます。

  例:+1=半音上;+2=全音上;+4=3度上;+5=4度上;+7=5度上;

    +12=1オクターブ上

  • PLAYBACK SPEED:プロジェクト全体のプレイバック・スピード(テンポ)を半分(1/2x)から2倍(2x)の範囲で設定できます。
  • MASTER:プロジェクト全体のボリュームを設定します。

パンチ・イン / アウト

画面上部のルーラー・エリアでダブルクリックし、ドラッグするとパンチ・イン / アウトのイン・ポイントとアウト・ポイントを設定できます。パンチ・イン / アウトの範囲は赤く表示されます。


ループ

画面上部のルーラー・エリアでクリックし、ドラッグするとループのスタート・ポイントとエンド・ポイントを設定できます。ループの範囲は緑で表示されます。


オーディオ・クリップのフェード・イン / アウト

オーディオ・クリップをクリックすると、クリップの上部端の左右に三角が表示されます。この三角をドラッグすると、オーディオ・クリップのフェード・イン / アウトを設定できます。


オーディオ・クリップの長さの設定



  • Split:プレイヘッドを任意の位置に移動させ、コンテクスト・メニューからSpliteを選択してください。プレイヘッドの位置でオーディオ・クリップが分割されます。



ページトップへ