Nektar Technology Impact LX88+ : PreSonus Studio One のコントロールに関するトラブルシューティング

FAQ, 2018-04-04

該当製品

重要: Studio Oneをインストールした後に、Impact 用の Studio One インテグレーションファイルをインストールしてください。

Studio One をインストールする前に誤ってインテグレーションファイルインストーラを実行した場合、Studio One は Impact シリーズのキーボードを認識しません。その場合は、最新の Studio One サポートインストーラをもう一度実行してください。最新のインストーラへのリンクは次のとおりです:

Studio One アプリケーションのインストールに関するサポートが必要な場合、以下をご覧ください。

インストール 

1. Impact を接続して電源を入れた状態で、Impact を登録した後、NEKTAR 社ウェブサイトの"My Downloads"セクションからダウンロードした Impact サポートファイルを実行します  。

2. Studio One を起動します。

3.Studio One メニューから、オプションタブ(画像1 OSX&4 Windows)から環境設定&外部機器を選択します。

<MAC>

<WIN>


4. External Devicesウィンドウにすでに2台の Impact LX デバイスが表示されている場合は、準備ができている可能性があります。手順8に進みます。

5. 1つしか表示されていない場合は、[Add ..]ボタンを押して手動で追加する必要があります。

6. Nektarフォルダから欠落している Impact LX __ Control / Impact LX __ Keyboard を選択し、OKをクリックします。

<MAC>


<WIN>



7.「Receive From」および「Send To」ポートが次のように設定されていることを確認します。

OS X のセットアップ

インパクトLX__キーボード

受信元= IMPACT LX__ポート1 /送信先= IMPACT__ポート1

インパクトLX__コントロール

受信側= IMPACT LX __ポート2 /送信先=未接続

Windowsセットアップ

インパクトLX__キーボード

受信側= IMPACT LX __  /  送信先= IMPACT LX__

インパクトLX__コントロール

受信元= MIDIIN2(IMPACTLX__)  /送信先=未接続

8. [OK]をクリックして[設定]ウィンドウを閉じます。

9.  新しいプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトを開きます。

10.インパクトキーボードの再生ボタンを押します。インパクトがStudio One 3と通信していることを確認します。

プラグインマッピング:

Studio One をインストールした後、そのスタジオワンのプラグインがインパクトのインストゥルメントモードにマッピングされていない場合は、 ' Impact LX + Control.surfacedata 'ファイルを移動する必要があります。ファイルは次の場所にあります:

Windows: C:\Users\<your user name>\AppData\Roaming\PreSonus\Studio One 3\Surface Data

OSX: ~/Library/Application Support/PreSonus Software/Studio One 3/Surface Data

通常、これは隠しディレクトリです。Windowsでは、このページの指示に従います:隠しファイルを表示する。

OSXでは、Finderウィンドウを開き、画面上部の「Go」メニューを開き、「Go to folder ...」を選択します。上記のファイルパスを入力し、「Go」をクリックします。

「Impact LX + Control.surfacedata」ファイルをコピーしたら、次のディレクトリに貼り付ける必要があります。

Windows: C:\Users\<your user name>\AppData\Roaming\PreSonus\Studio One 3\Surface Data[1]

OSX: ~/Library/Application Support/PreSonus Software/Studio One 3/Surface Data[1]

ページトップへ