概要

Pulse 2 は、90年代のエレクトロニックミュージックを席巻した"比類なき"プログラマブルアナログモノシンセサイザーであった初代 Pulse、および Pulse+ の正統なる後継者です。

3つのアナログオシレーターとVCFが生み出す完璧なハーモニーは初代 Pulse から引き継がれたものですが、Pulse 2 のフィーチャーはそれだけには留まらず、フィルター・セクションへ新たにハイパスとバンドパス・モードを追加し、さらには Rocket でも好評の最大8ボイスのコードを鳴らせる"Paraphonic"モードや、アナログフィルターFM、2つのオーバードライブ回路、リングモジュレーションまでをも実装しました。

コネクティビティも充実。MIDI、USB端子はもちろん、外部アナログ信号入力 (モノ)、CV OUT (V/octave, Hz/V 両対応) 、GATE OUT (V-Trigger, S-Trigger 両対応) 等を備え、他の様々なシンセサイザーとも柔軟に接続が可能です。これにより、例えば Pulse 2 をコンバーターとして使用し、その強力なアルペジエイターで外部シンセにトリガーをかける、といった演奏も楽しめます。

Pulse 2 は Blofeld 同様に頑丈な金属製のデスクトップケースに収められており、大型LCDディスプレイと8基のノブで整然と並ぶパラメーターマトリクスやマスターボリュームに直感的にアクセスし、明快にエディットを行うことが可能です。

主な仕様

  • 3 アナログオシレーター + 1 ノイズジェネレイター
  • PWM
  • ハードシンク
  • オシレーター3からのフィルターFM
  • オシレーター3からのリングモジュレーション
  • XOR オシレーターモード
  • 8/4 ボイス パラフォニックモード
  • カスケードフィルター
  • 24dB/12db ローパス, 12db ハイパス/バンドパス フィルターモード
  • 強力なアルペジエイター
  • 8スロット モジュレーション マトリクス
  • USB
  • MIDI イン/アウト
  • 外部アナログ信号入力(モノラル)
  • ステレオライン出力
  • ヘッドフォン出力
  • クラシックPulseとの互換
  • 128x64 LCD (バックライト付き)
  • 8基のステンレス製ノブ
  • 500のサウンドプログラム

仕様は予告なく変更となる場合があります。

サウンド

ムービー

ページトップへ