概要

Blofeld Keyboard は2007年の Waldorf 復活第一弾製品として登場した Blofeld Desktop に高品質な49鍵のキーボードとPCM音源が追加実装されたモデルです。

定評あるあたたかみに富んだアナログモデリングサウンドとお家芸とも言えるウェーブテーブル音源に加え、PCM波形としてピアノやオルガン、パッド、ノイズなどバラエティーに富んだサウンドをスタンバイ。PCMデータは内部の60MBフラッシュメモリーに格納されており、メモリー内へはユーザーのオーディオファイル(WAV)をロードさせることも可能です。

美しく、コンパクトでありつつも操作性は損なわれることなく、整然と並んだマトリックス状のコントロールパネルによって各パラメーターには簡単にアクセスできます。

搭載されたセミウェイテッド49鍵キーボードは、イタリアの有名メーカーのものを採用。PCMサウンドと相まって、鍵盤楽器としての完成度を高めています。

主な仕様

  • 堅牢でコンパクトなメタル製筐体
  • 高品位49鍵セミウェイテッドキーボード(ベロシティー/アフタータッチ対応)
  • ピッチベンドホイール
  • モジュレーションホイール
  • オクターブアップ/ダウンボタン
  • 自由にプログラムできるボタン
  • 7つのステンレス製エンコーダー
  • 128 x 64ピクセルのホワイトバックLCD
  • 1,000以上のサウンド搭載
  • 最大25ボイス
  • 16マルチティンバー
  • 1ボイスあたり3オシレーター
  • オシレーター同士のFM
  • PCM音源(60MBサンプルメモリー、データのロード可)
  • Qオシレーターモデル搭載
  • すべてのMicrowave II/XT/XTkウェーブテーブル搭載
  • バーチャルアナログモデル搭載
  • 1ボイスあたり2つの独立したマルチモードフィルター
  • 1ボイスあたり2つのドライブステージ
  • 1ボイスあたり3つのLFO
  • 1ボイスあたり4つのエンベロープ
  • 1サウンドあたり最大16ステップのプログラマブルアルペジオパターン
  • 1パートあたり1つのエフェクト(別途全体にかかるエフェクト設定可能)
  • ステレオアウト
  • ヘッドフォンアウト(インピーダンス32Ωのヘッドフォンを推奨)
  • MIDIイン/アウト
  • USB端子=MIDIイン/アウトに相当(標準ドライバーで動作、Windows XP以降/Mac OSX 10.3以降を推奨)
  • サスティンペダル端子
  • AC電源
  • 外形寸法:763 (w) x 282 (d) x 105 (h) mm(突起物含む)
  • 重量:8 kg

付属の Waldorf Edition LE はサポート対象外となります。

仕様は予告なく変更となる場合があります。

SPECTRE (Sample Program Extended Content Transmitting Remote Editor)

SPECTRE スクリーンショット

無償提供される専用アプリケーション "SPECTRE" を使用し、約60MBの領域内でユーザーがサンプリングしたオーディオファイル(WAV)のインポートが可能です。
※SPECTREではオーディオ波形自体のエディット/サンプリングは行えません。

SPECTRE はこちらより無償ダウンロードが可能です (英文サイトとなります) 

SPECTRE 日本語マニュアル

サウンド

ムービー

ページトップへ