概要

Waldorf Blofeld には世界中のシンセサイザーファン達が愛して止まない銘機群、Pulse、Q、Q+、Micro Q、Microwave、Microwave II/XT そしてあの The Wave といった各モデルを継承したサウンドが詰め込まれています。

ファットでリッチなアナログモデリングサウンドだけでなく、ウェーブテーブルシンセエンジンも搭載。Blofeld のサウンドを耳にすれば、エッジの効いた、あるいは美しいクリスタルのような響きに、 きっとPPGの系譜を感じ取ることができるでしょう。

気品すら感じられるシンプルでスマートなデザインでありながらも操作性が損なわれることはありません - 視認性の高い大きなホワイトバックLCDで、サウンドは詳細にエディットすることが可能です。また、マトリックス状に整然と並んだコントロールパネルによって、各パラメーターへ容易にアクセスすることができます。

主な仕様

  • 堅牢なメタル製筐体
  • 7つのステンレス製エンコーダー
  • 128 x 64ピクセルのホワイトバックLCD
  • 1000以上のサウンド搭載
  • 最大25ボイス
  • 16マルチティンバー
  • 1ボイスあたり3オシレーター
  • オシレーター同士のFM
  • すべてのQオシレーターモデル搭載
  • すべてのMicrowave II/XT/XTkウェーブテーブル搭載
  • バーチャルアナログモデル搭載
  • 1ボイスあたり2つの独立したマルチモードフィルター
  • 1ボイスあたり2つのドライブステージ
  • 1ボイスあたり3つのLFO
  • 1ボイスあたり4つのエンベロープ
  • 1サウンドあたり最大16ステップのプログラマブルアルペジオパターン
  • 1パートあたり1つのエフェクト(別途全体にかかるエフェクト設定可能)
  • ステレオアウト
  • ヘッドフォンアウト(インピーダンス32Ωのヘッドフォンを推奨)
  • MIDIイン
  • USB端子=MIDIイン/アウト
  • 専用ACアダプター付属

付属の Waldorf Edition LE はサポート対象外となります。

仕様は予告なく変更となる場合があります。

音色アップグレードキット 【Blofeld Sample Option Upgrade】

パッケージ表
パッケージ裏

Blofeld Desktop に Blofeld Keyboard 同様のPCM音源機能を追加する、別売のアップグレードキットです。オシレーターの種類(Shape)が追加され、ピアノやオルガンなどのPCM波形を使用できるようになります。さらに、無償提供される専用アプリケーション "SPECTRE" を使用し、約60MBの領域内でユーザーがサンプリングしたオーディオファイル(WAV)のインポートも可能となります。
※SPECTREではオーディオ波形自体のエディットやサンプリングは行えません。

ソフトウェア的にアップグレードするもので、ユーザー様ご自身で作業を行えます。本体のアップグレードはMIDI(SysEx)データの送信で行なわれるため、単体シーケンサーでも可能で必ずしもコンピューターを必要としませんが、オーソライズのためのインターネット接続環境は必要となります。

SPECTRE はこちらより無償ダウンロードが可能です (英語サイトとなります)

SPECTRE 日本語マニュアル

サウンド

ページトップへ