システム必要条件

UAD-2 Live Rack Software Version 9.4.2

  • 使用可能な Thunderbolt 3 ポートを備える Apple Mac コンピューター
  • macOS 10.13.3 High Sierra
  • Thunderbolt 3 ケーブル
  • 2本のシンプレックスMADIオプティカルSCケーブル、もしくは1本のデュプレックスMADIオプティカルSCケーブル
  • MADIオプティカルSC信号のソースとリターン (例:デジタルミキシングコンソール)
  • インターネット接続環境 (ソフトウェアの入手、製品登録と追加プラグイン購入のため)
  • 6GB以上の空きストレージ
  • Quad Core i7 以上のプロセッサーを推奨
  • 8GB以上のRAMを推奨

ご注意ください

  • ケーブルやアダプターは別売です。
  • 本製品の 1394b ポートはお使い頂けません。
  • Apple MacBook には USB-C ポートが備わっていますが、Thunderbolt 3 をサポートしていないために本製品とはお使い頂けません。
  • 本製品は Thunderbolt 1 もしくは 2 対応の Mac でもお使い頂けます。
    (動作検証済みの Apple Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2 アダプターと Thunderbolt 2 ケーブルが別途必要)
  • 複数の UAD-2 Live Rack ユニットを組み合わせる場合、デュプレックス(ペア)MADIケーブルはお使いになれません。
  • 本製品と接続するコンピューターは必ずAC電源によって動作している必要があります。Apple MacBook Pro / MacBook Air といったポータブルシステムを使用する場合、最適な結果を得るために付属の電源アダプターを必ずお使いください。また本製品をバッテリー駆動させることはサポートされていません。
  • UAD-2 Live Rack は他の全てのUADデバイス(UAD-2 DSPアクセラレーター、Apollo、Arrow)で使用される "UADソフトウェア" と互換性はありません。従って、UADソフトウェアと Live Rack ソフトウェアを同じコンピューターに同時にインストールすることはできません。詳細はこちらをご覧下さい。

主な特長

  • リアルタイム UAD QUAD コアプロセッシングとUADプラグインによるライブミキシング用16チャンネルMADIエフェクトプロセッサー
  • Antares Auto-Tune Realtime によるリアルタイムピッチ補正をはじめ、定評あるUADパワードプラグインを活用したライブサウンドミックスを実現
  • Antares Auto-Tune Realtime、Teletronix LA-2A、1176 コンプレッサー、Pultec EQ 等を含む、UADプラグインスイートが標準で付属
  • ユーザーのUAアカウントでライセンスされたUADプラグインを使用可能*
  • 最大4台の UAD-2 Live Rack ユニットを組み合わせ、最大64チャンネルのオプティカルMADI信号を処理**
  • ショーに関する全設定を簡単に呼び出せるスナップショットファイルを保存
  • MIDIまたは Soundcraft Vi のCUE機能を介したスナップショットの読み込み
  • スナップショットCUEコントロールのためイーサネット経由で Soundcraft Vi コンソールと接続
    (動作検証済みの Belkin USB-C to Gigabit Ethernet アダプターと Cat 5 Ethernet ケーブルが別途必要)
  • Mac との Thunderbolt 3 接続(UADプラグインのコントロールのため)

*いくつかのUADプラグインは本製品に対応していません。詳細はサポートページをご覧下さい。
**サンプルレート 44.1/48kHz 時に最大4台まで、88.2/96kHz 時に最大2台までの UAD-2 Live Rack ユニットの組み合わせが可能です。

仕様は予告なく変更となる場合があります。

ページトップへ