クラシック・チューブ・マイクプリアンプと LA-2A スタイル・コンプレッサーをひとつのユニットに統合

LA-610 MkII は、Coldplay、The Beach Boys、Van Halen らのアルバムで聴くことのできるオールチューブのビンテージ・マイクプリアンプと、真の Teletronix T4 オプト・コンプレッション回路を一体化したチャンネルストリップです。

ウォームなプリアンプのトーンとスムーズでナチュラルなコンプレッションが得られるこのクラシック・チャンネルストリップは、トゥルー・コンプレッサーバイパス、大きなメーター、高出力、オートスイッチング・パワーサプライ等、今日のユーザーに必要とされる機能を備えています。

主な特長

  • Bill Putnam が設計した伝説の "610モジュラーコンソール" に基づくオールチューブプリアンプを通してのレコーディング
  • Teletronix LA-2A のT4オプトコンプレッションチューブ回路
  • さらなる音作りのための ハイ/ロー シェルビングチューブEQ
  • 熟練した技術者による米国内ハンドメイド

伝説の610プリアンプ

LA-610 MkII は、60年代に Bill Putnam によってデザインされた、伝説の610コンソールモジュールに基づいています。

その音楽なキャラクターとあたたかさは高く評価され、Frank Sinatra から Coldplay、Van Halen から "Pet Sounds" に至るまで、多様なアーティストたちによる数々の名盤が610プリアンプを通してレコーディングされました。

LA-610 MkII が、オリジナルコンソール同様のシルキーなビンテージのあたたかみをソースに与えてくれることでしょう。

豊かなトーンのチューブコンプレッション

LA-610 Mk II のT4チューブコンプレッサーは、光学式コンプレッションの頂点である Teletronix LA-2A 同様の、とてつもなくウォームなリミッティングを提供します。

Teletronix LA-2A の心臓部は、"T4セル"とも呼ばれる電気光学式検出器で、そのフォトレジスターは、ボーカル、ベース、アコースティックギター等を最大限に活かすためのトラッキングには欠かせない、シグネイチャーとも言うべきあのあたたかさを生み出す重要な回路コンポーネントとなります。

LA-610 Mk II を使えば、音が悪くなるということはまずありえません。

主な仕様

  • マイク、ライン、 Hi-Z 入力、ライン出力
  • デュアルインピーダンス・マイク、 Hi-Z 入力 (マイク: 2K、500Ω、Hi-Z:2.2M、47KΩ)
  • 5 ポジションステップ・プリアンプ入力ゲイン、 連続可変プリアンプ出力コントロール
  • -15dB パッドスイッチ (15dB パッド/オフ)
  • 位相反転 (0/180º)
  • 48 v ファンタム電源スイッチ(+48v/オフ)
  • +/- 9 dB ステップ式ハイシェルビングフィルター (4.5、7、10 kHz)
  • +/- 9 dB ステップ式ハイシェルビングフィルター (70、100、200 Hz)
  • T4 オプティカル・コンプレッション(連続可変ピークリダクション、メイクアップ・ゲイン)
  • コンプレッサー/リミッター/バイパスのダイナミックなオペレーション(3:1 / ∞: 1)
  • メーター・ソース・セレクタースイッチ(プリアンプ/ゲインリダクション/コンプレッサー)
  • フロントパネル電源スイッチ(オン/オフ)
  • Altran 及びCinemag 特製トランス

MkII の改良点

  • コンプレッサー回路のトゥルーバイパス
  • メーターの大型化とLEDライトによる視認性の向上
  • 出力レベルの増加
  • オートスイッチング・パワーサプライの採用
  • シェルビングEQの安定性向上
  • ゲイン値の整合性向上
  • 長寿のLEDジュエルライトの採用
ページトップへ