想像を超える、マイクロフォン・モデリング・システム

Townsend Labs Sphere L22™ は、人気のラージダイアフラムコンデンサーマイクの特性を驚異の精度でモデリングしたマイクロフォンシステムです。録音後であってもマイクの種類や指向性の変更、その他様々な調整が行えるという魅力も備えています。

Sphere™ システムは、高精度のデュアルチャンネルマイクロフォンと Sphere DSPプラグイン (UAD、VST、AU、AAX Native 対応) との組み合わせによって、トランジェント・レスポンス、倍音、近接効果、そして3次元の指向特性といった幅広いマイクの反応を精確に描き出します。

Sphere L22™ があれば実現します:

・夢のマイクコレクションでレコーディング。
・マイクの種類や指向性、その他マイクの特性を収録後でも変更可能!
・ボーカリストを疲れさせることなく、様々なマイクのオーディションが可能。
・Off-Axis Correction™ による吹かれや望ましくない部屋鳴り等による着色、その他一般的な問題の軽減。
・1本のマイクでステレオレコーディング。

発明とも呼べるモデリング技術

Sphere の3次元アプローチは、これまでいかなる製品であっても不可能であった様々なマイクロフォンの空間的なニュアンス、近接効果、オフアクシスの周波数特性などを見事に捉えます。

夢のコレクション

47(VF14チューブを装備)、67、M49、C12 を含む、まさに「オールタイムベスト」なマイクロフォンがいつでも扱えます。



Sphere L22 マイクロフォン

Sphere システムの核となるのは、3次元のサウンドフィールドを細部に至るまで精密にキャプチャーできるようカスタム設計された高解像度のデュアルチャンネル "L22" ラージダイアフラムコンデンサーマイクです。極めて精巧に製造される L22 によって、モデリングのレベルは一貫して精確です。

リアルタイム UAD プロセッシング

Universal Audio Apollo と併用した場合、極めて低いレイテンシー (96kHzラウンドトリップで約1.6ms) でのリアルタイムパフォーマンスを実現します。もちろん、AAX Native、VST、AU プラグイン形式もサポートしています。

指向特性の再現

Sphere は対象となるマイクの3次元特性を捉え、ヴィンテージマイクロフォン固有の魅力とそのサウンドに欠かせない指向性やその他オフアクシスでの特性等を精確に再現します。
LD-67 モデルを例に、オムニ、カーディオイド、フィギュア8パターンを聴いてみましょう:





次に、L22 マイクのフロント面をギターキャビに背を向けた状態でセットし、指向性をオムニからフィギュア8へと変化させたクリップです:

Sphere で収録したトラックでリマイク

トラッキングの前もしくは後に関わらず、マイクの種類、指向性、およびその他の設定をいつでもお好みに合わせ変更することができます。

近接効果の調整

近接効果によって低域が強調され過ぎている、あるいは物足りないと感じた場合であっても、マイク本体を動かす必要はありません。テイクごとにマイクからの距離が変化しがちなボーカルのパンチングの際に効果的です。

デュアルマイクモデル

Sphere プラグインのデュアルモードでは、トラッキングの前もしくは後に関わらず、1本の L22 マイクから2本の仮想マイクモデルを位相の問題なくミキシングすることができます。また、"ALIGN" コントロールにより、2本のマイクの相対的な位相を調整することもできます。

マイク1本でステレオ録音

Sphere L22 マイクロフォンは、ステレオ録音にも対応します。
Sphere 180 プラグインを使用することで、左右のチャンネルで同じ、もしくは異なるマイクモデルでのステレオ録音を行うことが可能です。
Sphere マイクロフォン1本と Sphere 180 プラグインを用いて収録したアコースティックギタートラックです。最初のトラックはマイクモデルに LD-47、次のトラックは LD-12 で処理しています。



アクシスシフト

マイク軸を仮想的に回転させ、トラッキングの前または後に、オフアクシスのサウンドを付加することができます。

Off-Axis Correction™ (オフアクシス補正)

トラッキング前後における吹かれ、望ましくない被り、不快な部屋鳴り等による着色、フィードバックの影響を軽減し、より正しい指向特性を得るための機能です。

メーター

Sphere プラグインには、視認性抜群の (そして最高にクールな) メーターが用意されており、マイクで捉えたサウンドの方向とレベル、そして選択されている指向性をダイナミックに表示します。

低ノイズ設計

もちろん、正確なモデリングの実現のためには、マイク自体が高性能でなければなりません。セルフノイズレベル : 7dB-A SPL は、ほとんどのヴィンテージマイクよりもはるかに優れ、多くの高性能な最新マイクロフォンに匹敵するものです。

高いSPLへの対応

L22 は、クリッピングするまでに140dB以上のSPLをハンドリング可能です。いくつかのヴィンテージマイクのように高いSPLやエアーブラストによって致命的なダメージを受けることはないでしょう。

*モデリングされたすべての製品の名称はそれぞれの所有者の商標であり、Townsend Labs Inc. とは関連性がありません。これらの製品名および記述は、Sphere のサウンドモデル開発中に研究された特定の製品を示す目的としてのみ提供されています。

価格

Sphere L22

実勢価格 157,000円(税別)
JANコード : 4530027780006
発売日 : 2017年8月予定
以下の販売店ページからご購入いただけます
ページトップへ